a5e308f7.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
暖かい朝となりました。
一昨日は、小春日和に誘われるが如く「竜門ダム湖」を一周してきました。
その理由は、明快です。

「人間関係や人生も、名句のような生き方をお手本として、一歩ずつ自分なりのペースで歩んでいきたいものです。
大自然を師と仰ぎ、移りゆく季節を愛ながら、感謝を胸に日々笑顔で過ごしてゆきたいものです…。」
・・・と、11/22の「元気國さんメール」で書いていたからです。

「人間は思ったとおりになる。」とはよく言ったもので、自分自身の中で大自然のシャワーを浴びたくなったのかもしれません。
風の音や小鳥のさえずりを聞きながら、美味しい空気をお腹いっぱい吸いながらの一時間強は、私にとって至福のひとときでしたぁ〜。

やはり、自然に触れるってとっても素敵なことで、癒しにもなるし、最大のエネルギー源は大自然に触れあうことだな〜と痛感しております。
裕一師匠からは、
「当方もまた、大自然を常に心の師と仰いでおり、大自然の中に全ての答えが既に備わっていると信じております。」

・・・とのメールを頂いております。
また康博さんからは、

先日、11月20日(金)の夕方、お店に伺いました。
茨木様とお会いすることは出来ませんでしたが、
素敵なお店の空間、そして渡邊様の親切丁寧な対応、
ますます茨木様とお会いするのが楽しみになりました。
会社勤めをしており、家には3人の子ども(7、5、2歳)がいます。
仕事と子育ての毎日を送っています。
そういうわけで、なかなか自由な時間がないのですが、
また機会を見つけてお邪魔したいと思います。

「元気が出る…國さんメール」、拝読しました。
季節の話、暦の話、そして禅の話、私も興味のあるところです。
(私の部屋には、旧暦のカレンダーをかけています。)
季節を大切にされる茨木様のお心をとても感じます。
せわしない毎日、國さんメールを通じて、
季節を眺めるきっかけを作れればと思います。
是非とも、今後とも「元気が出る…國さんメール」を頂戴したく存じます。
よろしくお願い申し上げます。



ありがとうございます。
私も・・・
自然が、大好き!
日本が、大好き!
着物が、大好き!
頑張る人が、大好きです。

目的や思いは違っても、頑張っていたら、必ずいい事があります。
木も、花が咲かないときは、どんどん地下へ深く深く根を張り続けます。
美しい時は、一年でわずか数日、文句も言わず・・・、無心に・・・です。

生きている以上、いろんなことがあります。
時にはマイナスを生み出すようなことも・・・。
しかし、それはプラスへの第一歩です。
なぜならば、それが自然界の教えだからです。

どんなことも、過ぎてしまえば些細なこと。
和の國ファミリーの皆さまへお伝えしたいことか、自分自身に言い聞かせているのか?
禅問答は続きそうですが、何はともあれ「いつも明るく前向きに!」です。

もしも、あなた様が、悩んだり・・・憂さ晴らししたくなったら、和の國へ!
和の國は、どんなことがあっても、いつも元気印の・・・、熊本から全世界へ着物の和を広げる呉服屋ですよぉ〜。


勇気と元気と夢がいっぱいです。
おっと結城違いですが、(ナイショにしていたつもりですが、)昨日結城紬&ショール2点を日々笑顔で頑張ってらっしゃる方にお求め頂きました。
心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

やはり、消費は美徳です。
テレビや新聞から情報を頂くことも大切ですが、常に自然を仰ぎ、常に良いことを考え脳にワクワク感を与えることは、とても大切なことです。。

いつもいつも、全く悩みなどない顔をして、明るく振舞いましょうねっ。
虫も明るいところにしかやってきません。(笑)
このブログをご覧になった皆さまが、もっともっと自灯明となり一念発起しましょう。
さあ、背筋を伸ばし、気合をいれ「楽しい楽しい! うれしい嬉しい!」を呪文の如く唱えましょう。


そしてそして、きもの文化継承の為、和の國継承の為、そして何よりあなた様が、生きている間により美しく心豊かな人生を送りえる為にも、誰にも遠慮せず、もっときもの買って頂ければこんなに嬉しいことはありません。

なぜならば、過日NHKでもお話させていただいたように、「どんなに今後着物を着る人がいらっしゃっても、創る人(染織家・職人)をしっかりと守っていかなければ、本物のきものは日本から消える」からです。

私は、洋服を全て処分し、この道に命を賭けて頑張っていますが、いかんせん小生の努力では努力不足です。
熊本から全世界へ着物の和を広げるという使命感を持って、日夜努力しているつもりですが、つもり違いで、大きな荒波に飲み込まれそうになるときもあります。 うっ。。。


消費は、美徳です。
消費をすることは、お互いが認め合い喜び合い、感謝しあう素晴らしい好意なのです。
それが・・・。

もしも私が鳩山総理なら、
「皆さま、もっと互いにウィンウイン(勝・勝)の関係を構築する為にも、いろんなものを買いましょう。
日本人に生まれた誇りをもって、もっと消費しましょう。
そして、喜びあいましょう。
将来は、安心です。私が保証します。

お金を貯めて、子供や孫に残すより、今いろんなものを買いましょう!
あなた様のその「消費」という行動が、今の日本経済にとって、もっとも大切なことであると私は断言できます。
なぜならば、一兆5千億の貯蓄残高の一割が消費に廻れば、どれだけの経済効果があることでしょう。
失業者が増え続ける中・・・、今・・・・・・・。」


・・・と声を大にして言うことでしょう。

そういえば、一昨日鳩山総理と話している夢を見ましたよぉ〜。
冗談みたいな本当の話で、「話は良いが、もうチョッとじっとして(威風堂々と)話しなさい。」と言われてしまいました。

私は、呉服店なので、消費していただきたいのは、やっぱり「きもの」です。
しっかり、着物をお求め頂き、あなた様の手で、「日本の象徴であるきもの」を守り育んで下さい。

そしてそして、
一度っきりの人生、一緒に楽しみましょう。
二度とない人生、一緒に楽しんで頂けませんか。
      手∩手     染織工芸サロン 和の國   代表 茨木國夫



追伸:
長々とお付き合い頂き、ありがとうございます。
竜頭蛇尾で、申し訳ございません。(^o^)/

どうか、このブログをご覧の皆さまに、多くの幸せが訪れますように・・・。
しあわせは、やっぱり自分の心が決める!  ハイ

早慶戦は同点でしたが、やっぱり、レッツ・トライです。!(^^)!