和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
昨日は、夕刻麻美様(仮名)がお立ち寄りになりました。
麻美様は数ヶ月前ご主人様が他界され、私も葬儀に参列させて頂いたのですが、なかなかこちらから連絡もしづらく、気になりながらも今にいたっていました。

その後ご主人様の事業を続けるかどうするかと悩まれたそうですが、「やぱり頑張ってみよう」ということで、いろんな面でふんぎりもつかれたらしく、「和の國さんへのご挨拶がいちばん最後になってしまいましたが、これで・・・。」
・・・との言葉が150日を物語っているような、そんな気がしました。

また、急な他界だったので「麻美様に大して、ご主人様の最後の一言は何でした?」とお尋ねしたら、
「じゃあねっ。」
・・・だったそうです。
あまりにも普段の生活の中で繰り広げられる、予想だにしない出来事・・・。

目の前にある出来事に、真摯に向き合い、そしてまた新たなる夢・希望を見つけその中で、美しくいきてらっしゃる麻美様最大限の拍手を送りたいと思います。
みんなみんな、いろんな事を乗り越え乗り越え頑張っているのですよね。

麻美様にまた多くの幸が訪れますように・・・。

  天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝とならん




それから本日は11月30日「いいミラーの日」、つまり「鏡の日」だそうです。
みがかずば 玉も鏡も何かせむ 学びの道もかくこそありけれ
昭憲皇太后(明治天皇の皇后)

なんと美しい句なんでしょう。。。
にっこり鏡に微笑みかければ、必ず鏡もにっこり微笑んでくれますよね。
まさに「鏡の法則」でしょうが、人生も日々の行いかくありたいものですねっ。

11月最終日・・・、笑顔で共に感謝の一日にしたいものです。
いつもお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
      染織工芸サロン 和の國     代表 茨木國夫


追伸:
最近ニュースで「ドバイショック」が言われており、ご心配のお電話など頂戴しておりますが、まったく大丈夫です。
気にかけて頂き、本当にありがとうございます。
より一層世界情勢を踏まえ、足元を見つめしっかり頑張ってまいります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。