5c36060a.jpg美味しそうだと思いませんか?
國さん手作り遅めの夕ご飯です。!(^^)!
で、本当に美味しかったです。

まず、器は「小代焼」の大きめのどんぶり茶碗です。
味付けは、いりことカツオだしにお醤油をおとしていますので、上品なお蕎麦のお出汁みたいな感じで、水はもちろん「阿蘇伏流水」です。
具材は、細めんのうどんに見立てた「大豆もやし」に「えのき」「人参」、中に「生キャベツ」を入れて、冬野菜の甘み成分を最大限に引き出しています。!(^^)!

まずそれを食べながら、「梅干し」に「玄米ご飯」を頂きました。
母の血を引いているのか、残り物を利用しつつ、味見をしないで美味しいというのが、私の料理のウリです。
「ぜひ、一度ご賞味ください。」ってほんと思います。
一緒に何でもやれば、楽しいですよねっ。
食べるのも大好きですが、意外や誰もいない時は、朝からでもよくお味噌汁などつくるのですよぉ〜。


昔は、「美味しいもの」「食べたいもの」というくくりで食事を選んでいたのですが、なぜか「仕事をするためのエネルギーとなるもの」などと、食べ物に対しての価値観も少しずつ変化が訪れてきているような…そんな気がします。
48年生きて来て、自分でも、そんなこと思ったことがなかったので、思考の化学変化に少々戸惑っています。

しかしながら、やっと「仕事の報酬は仕事である」という格言の入口に立ったような…そんな気さえしています。
志高く、よりよい仕事をやる意識があると、価値観はもとより日々の食事にまで影響を及ぼしてくるのですね。
ほんと、禅問答みたいですが、我ながら勉強になります。


仕事と言えば、ハイ!
日常では500人に一人も着物を着ていない世の中になってしまいましたが、だからこそ、「きものの普及活動」には、やりがいがあります。
100人に一人がきものを着るようになると、熊本がいや日本が変わってきます。
「きもの文化」を残すため、本気で「NPO法人」を立ち上げ、「きものの普及活動」に全力で臨みます。

それこそ、NPO設立総会の日程=[5月23日(日曜日)]も今日決定しました。
後は、それに向かって走るだけです。
そちらは、また「運営理事」など大募集していますので、追ってこのブログでご案内させて頂きます。
楽しいですよ〜。一緒に創っていきませんか。


さあ、いや・・・、
「腹が減っては戦が出来ず」ですが、なんと満腹になって眠たくなりました!(^^)!
うっ。。。
いつもお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
寝ます。お休みなさい。 
                          眠た〜〜い〜い國さんでした。