69259af0.jpg今日は夕方、博子さまがお見えになり、お直しでお預かりしていた道中着を受け取られました。

現在設立の準備をしている「NPOきもの普及協会」のパンフレットをご覧いただくと、「着物の普及・・いいことよねぇ。ちなみに私は、着物に興味のある人には必ず和の國さんを紹介しているの。ここで取り扱っている商品は、他店には置いていないものだから。」

詳しくお話をお聞きすると、「普通のお店に置いてあるのは、例えば小紋にしても、柄がうるさすぎて、帯合わせがしづらいの。でも和の國さんには、小紋や紬、附下げもシンプルなデザインで、色を抑えた物も揃っているので、帯も華やかなものから趣味性の高いものまでバリエーションが広がって、帯で色々と遊ぶこともできるのよね。」とおっしゃっていただきました。

先日も、職場の歓迎会に猫柄の帯を締めて行かれると、会場でとても喜ばれたそうで、「またGWあたりに着物を着ようかな」と、笑顔で次のご予定に向かわれました。

お着物がお好きでよくお召しになる博子さまから、こうしてコーディネートのしやすさについてお話をうかがえ、嬉しい思いと同時に、自分の勉強不足を痛感いたしました。
取り扱い商品について、このような提案や魅力を説明できるのだ、と、お着物通のお客様に教えて頂けて、本当に有難いことでございます。

私もお着物を着る楽しみ、帯合わせの楽しみを、もっと自分の言葉で沢山の方にお伝えしたいです。
今日も、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子