皆さま、こんにちは。
和の國の緒方佐知子です。

今朝の力強い風が、雨雲を吹き飛ばしたようで、お昼間は、お天気もすっかり良くなりましたね。木々や草花も踊っているようです。

先日22日の「NPO法人きもの普及協会」に、つい最近和の國のスタッフになりました私も参加させていただきました。
このような素晴らしい会に、お着物で参加させていただき、本当に有難く嬉しくなりました(*^_^*)
私は、独身の時はしばしばお着物を着ておりましたが、結婚し、子育て真っ最中で、すっかりお着物から遠ざかっていましたので、久し振りに”ご登場”のお着物や帯たちもとても喜んでいるようでした。やっぱり、お着物は着てあげるのが一番ですね!!

私は、着付けもまだまだなので、奥さんにお願いいたしました。
本当に「和の國」の奥さんは、私の憧れの女性なんです(*^_^*)
子育ての先輩でもある奥さんに以前、子育ての極意をお聞きした事があります。
それは・・・「父親をたてる事。子供たちが主人に対する文句を言っても、決して同調せず、父親の事を尊重していたのよ」と言われてました。
家族の「和」が保たれるのは、父親ももちろんですが、母親の役目がとっても大きいと思います。
私も、奥さんを見習って、家庭の「和」を保っていきたいと思います。

「和」っていう言葉は、心地良い とってもいい言葉ですね。
本来の意味は、二つ以上の違ったものが仲良く調和し、程良い状態になることをいいますが、もちろん「日本」を表す言葉でもありますよね。
和(なご)む  和(やわ)らぐ  和(あ)える とも 読みます。
あらためて考えると「和」って奥深い言葉ですね。

そして、、、ここは「の國」です。
日本の伝統であるお着物を着て、和んで、和らいで、幸せになってみませんか?

今日もありがとうございます。
和の國  緒方佐知子