a765b7be.jpgみなさまこんにちは。今日は気持ちのよいお天気ですね。
店舗前のブランターもそよぎながら、生き生きと陽を浴びています。

今日は由美さまが、所属される日本女性の会熊本県支部で開催なさる講演会のご案内にいらっしゃいました(下記)。お土産にいただいた水菓子を食べていますと、夏のお着物の着合わせについてご相談が…。
来たる8月21日(土)(14〜16時。パレア(鶴屋東館10Fホール)にて。1000円))
の「市田ひろみ先生講演会」では、何を着ていこうかしら?と思案中だったそうです。

ご参考になれば、と代表が見立てたお着物と染め帯に、「ご主人がお勧めされるものですから。安心できます。それにしても帯との相性もバッチリですね。これもご縁ですねー」と、その場でお決めいただきました。
涼しげな地風に、ほんわかとしたやさしさも広がるお着物に、帯は濃色で、柄がとっても優美です。由美さまの雰囲気に寄り添うような、女性の優しさに満ちたコーディネートですね。

「NPO法人きもの普及協会」の正会員でもいらっしゃる由美さま。
周りの方々もお着物に関心を持ちつつ、最初の1歩を踏み出すきっかけが無い、とおっしゃるそうで、「こういう着物や帯もあるんですよ、と、私が着た姿を見ていただこうと思っています」と、由美さまから積極的なお言葉を頂戴しました。本当に嬉しいお言葉です。

もうすぐ6月ですね。だんだんと暑くなってきますが、私もそろそろ浴衣を出して、お着物風に着ようかな?と、楽しみにしています。
今日もおつきあいいただき、ありがとうございます。
和の國 鋤先美紀子