おはようございます。和の國の船津丸陽子です。
今日は、私の31歳の誕生日です。


今朝1番に、父からメールが届きました。


「何をするにも焦らないこと。
 他人の意見を参考にして、最終的には自分を一番大切にするように。
 娘の幸せを願っている。」
というような内容です。


簡素だけど、父の想いの詰まったメールを、何度も何度も読み返しました。


31歳になって思うことは、
「自分を幸せにする案内人は、既に自分の中にいる。」
ということです。
そして、案内人は、頭ではなく、心に住んでいるのではないかと思います。


心が喜ぶこと
心がワクワクすること


案内人に渡された「方位磁石」は、常にそれを指しているのに、
これまで、目の前が険しい道そうだと、ついつい「北」ではなく、「北東」を選んでしまったり、「南」に戻ってしまったりしていたような気がします。


31歳は、方位磁石を信じてみます(^o^)丿


それから、今日は、父と母に
「生んでくれてありがとう」
と伝えてみようと思います。
いつも、代表には、「感謝の気持ちを相手に伝えるように」と言われているので、早速実行です!


今日も、皆さんに良い一日が待っていますように。