2010072718290000


おはようございます。和の國の船津丸陽子です。
昨日は、和の國での勤務、最後の日でした。
短い間でしたが、たくさんの素敵な出会いに、感謝いたします。

・・・・

私は、全ての出会いは、自分の成長のために存在していると思っています。
和の國との出会い、
代表や奥様との出会いは、
私にとって、とても大きなものでした。
大きな成長を意味する出会いでした。

・・・・

私は、人は、生まれてくる時に、一人一人、神様から渡されたオリジナルの石を持って生まれてくると信じています。

自ら石の存在に気付き、それを輝かせている人もいますが、
私は、折角持たされた石の存在に気がついていませんでした。

それを、和の國で、代表や奥様に、
私も、皆と同じように「石」を持っているということ教えていただきました。
そして、それは、驚くことに、
価値が無く、むしろ、人より劣っていると、自分自身で思い込んでいたものでした。

なので、「それがあなたの石ですよ」と教えていただいたときは、
本当に本当に嬉しかったです。


「私の石は何だろう」


私は、31年間、それを探し続けていたような気がします。

これからは、長い間、ほったらかしにしていた「石」を、
光り輝かせるために、しっかりと磨いていきたいと思います。


全ての出会いに感謝いたします。
神様がプレゼントしてくださった出会いに感謝いたします。

ありがとうございました。