涼風が虫の音を誘って、菊池(自宅)のPC部屋に届けてくれています。
お変わりございませんでしょうか・・・?
私は、いつの間にか粗食主義となり、体調が良くなっているせいか、いろんなアイデアが浮かんだり、睡眠時間が少なくても元気に動くことが出来ています。!(^^)!
でも、今、肉まんが入りそうな…大きなあくびが・・・。



さて、昨日「元気國さんメール」に書かせていただいた「好きな言葉」の所に、

〇〇〇、だけど頑張る!
(〇〇〇には、何でも結構です。思いつくままに言葉を当てはめていただけませんか。 例:暑い・眠いetc…)


…と書かせていただきましたが、お茶のお稽古に行き、食事を済ませ、しばし巨大な楠の木を眺めていたら、何故かふとその考えが浮かんできました。
皆さまにとっては当たり前でしょうが、私からしたら、ホント「思いが言葉になった〜! やった〜。バンザイ!(^^)!」って感じです。


例えを挙げて説明すれば、
「暑いけど、頑張る!」と言えば、否定語からプラスの言葉へと気持ちが変わりますよね。

しかし、
「頑張るけど、暑い!」と言えば、頑張っていても、「暑い」が相手に無意識に残ってしまいます。
当たり前のようですが、前者の使い方(否定語からプラスの言葉へ)の方が断然いいですよね。

ずっと、「プラス思考の方が少なくなっている」・「社会人に覇気がない人が多い」・「マスコミに脳を支配されすぎ」…という危惧をもっていたから、突然、神のお告げ?を頂いたのでしょうか・・・。



いずれにしても、何をやるにも・・・、

・「〇〇〇、だけど頑張る!」
・「〇〇〇けど、頑張る!」

・「〇〇〇、だけど大丈夫!」
・「〇〇〇けど、大丈夫!」

・「〇〇〇、だけど楽しい!」
・「〇〇〇けど、楽しい!」

・「〇〇〇、だけど大好き!」
・「〇〇〇けど、大好き!」



とにかく・・・、

これで、行きましょう。 

  

喜びの和・・・、

暮らしの和・・・、

着物の和が・・・、

もっともっと、広がりますように・・・。!(^^)!   手∩手 茨木國夫 拝