今朝、数日間お店の中でそっと彩りを添えてくれていたお花たちに
お疲れさまと言い、お別れしました。
すると、そのぽっかり空いてしまった空間が、どことなくものさびしくて…

その寂しさを味わうのは、まだ少し早いですね。
すぐそこまで来ている秋まで、その楽しみはとっておきましょう。
ということで、早速生けかえられたお花たち。

その中に紅色のさるすべりがありました。
白いレースを縁取った、女の子のドレス姿のようなお花の向かいには
星のかたちをしたちいさな蕾たちが並んでいます。

お店で見るさるすべりはこんなに愛おしいのに、
自宅のさるすべりと言えば…。


「車の上に散って・・・」と平素より言い続けていた姉が、
ある時、ザンバラ髪どころか、丸刈りのように、
枝ごと切ってしまいまして…

幸いなことに、息も絶え絶えではありますが、
今もまだ、桃色の花を咲かせてくれています。

すぐ下の川の流れに浮かんで、漂うようすは
涼やかで、はかなげで…
わたしの、この季節のささやかな楽しみが
和の國とのご縁で、戻ってまいりました…。

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。
                         橋本佳奈