我らが「金峰山」から望む…有明海です。

携帯で撮りました。。。

日がおちる前の、ワンショットです。





「秋は夕暮れ」と言いますが、

本当の夕暮れの美しさは、日が沈んでから・・・。






お昼は「太陽」、夜は「月」・・・。

主役が入れ替わり、今宵も楽しみがいっぱいです。

十三夜に心寄せながら・・・。
                    茨木國夫 拝




CA3H0233

コメント一覧

    • 3. クニオ
    • 2010年09月24日 23:22
    • 昴さん、ミモザさん、コメントありがとうございます。
      やはり、自然の美しさって良いですよね〜。
      身も心も癒されます。

      日本人の美意識、バンザイです。!(^^)!
    • 2. ミモザ
    • 2010年09月22日 23:54
    • 國さん。ツルベ落としの季節になりました。素晴らしい夕日をありがとう。早速待ち受けにしました。私も色々学ぶ事ありますが「火の国火の山 立ちながむれば我故郷は花の如し」全くその通りで京都や大阪の祭りは知ってるのに生まれ故郷の祭りの意味すら知りませんでした。大反省。教え学びを何時もm(__)m
    • 1. 昴
    • 2010年09月21日 16:06
    • 太陽が海に近づき、その日最後の輝きを放って、静かに暮れていく。。安らぎに満ちた美しい写真ですね。。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。