3ff91f45.jpg昨日は、NPO法人きもの普及協会の月一度の活動日でございました。
午前中は「着付け&帯結びレッスン」、正午からは「日本料理のいただき方を学びながらの食事会」といった流れとなりました。

いずれか一方または両方に、また着物でも洋装でも、参加方法はさまざま。
着付けの経験も方法もいろいろ。
ただ共通するのは、「きものが好き」「きものを着ることを楽しみ、またその良さ楽しさを多くの方に伝えたい」との思い。そんなおおらかで、かつ力強い集いに、励まされる思いでございました。

普段「着る物」ではなくなった「きもの」ですが、生まれ育った風土の中で、母や祖母世代、それ以前のさまざまな方々が着続けて来られた着物には、伝えきれないひとりひとりの楽しさがあっただろうことに思いを馳せた一日でした。

今後もみなさまのお力を借りながら、テーマ、内容ともにバラエティーに富んだ楽しい企画を考えてゆきたいと思います。どうぞ気軽にお出かけくださいませ。
                     和の國スタッフ 橋本佳奈