c3716d22.jpg和の國ファミリーの皆さま、こんばんは。
まだまだ、仕事はたくさんあるけども、今日は「NPO法人きもの普及協会」の方々への発送が終え、精神的にもほっと一段落というところです。

今、新潟のお酒の特別純米「ひやおろし」を舌先でころがしています。
厚い雲…、恥ずかしがり屋のお月さま…。
心で十三夜との対話をしていま〜す。


さて昨日のお昼、KKRホテル熊本の4階の和食処「まつり」にいたら、黒紋付袴姿と色打掛け姿のカップルが熊本城を前に写真撮影。それこそ外で前撮りです。

私たちは中にいたのですが、お向かいのテーブルの方が「今が一番、しあわせだもんな〜。」ほとんどの方は、うなずきタイムです。一瞬の出来事でしたが、空気の色が変わりました。
しかし外にはその声は洩れず・・・。手塩にかけて育てられたご両親も一緒に記念撮影。
また、和やかな雰囲気となりました。

そうしたら、また今度は後方から「今が、一番幸せよね〜」の女性の声…。(たぶん中年女性)
笑うに笑えぬ出来事です。ハイ、精進します。
でも、そのしあわせ感をずっと持ち続けるのも、お互いの思いやり、長年連れ添った相手さまを尊敬する姿ですよね。ハイ





話はかわりますが・・・。

実は、最近「和の國」や「茨木國夫」で検索なさる方が、異常に増えています。
グーグルで検索しても、ひらがなで「わのくに」と書いても、一番には難しい字の「和の國」がなぜか出てきます。ほんと不思議です。
「ブログを書いているからか?」「同業者の観察区域に入っているのか?」「本当にファンがいるのか?」いずれにせよ、この着物業界で気になる存在ということは、間違いないみたいです。


そこで私も、色々と検索してみました。
そして「いばらきくにお」とひらがなで入れてみると、出てきたのは、大阪・茨木市にある…「くにお歯科」でした。!(^^)!

はっ、歯〜??  茨木市で、くにお歯科???
正直目が天になりそうでしたが、一度尋ねて治療を受けてみたくなりました。
「私の歯科医は大阪なのでチョッと遠いけど、日帰り出来るから都合つくから…!」


わ〜お!! !(^^)!
戯言にお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
いや、申し訳ございませんでした。
今を大事に、本業をしっかり、頑張ります!(^^)!

          きものサロン和の國 茨木國夫 拝