f8f8259a.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は開店後すぐに、ひふみ先生とまさみ先生がお越し下さいました。

今回の「小さな巨匠が描く…、火の国染め展」で原画のご指導に当たられた、大城由紀子先生のご同僚のお二人です。
ひふみ先生とまさみ先生(お写真右側)は、原画の表現力に感動され、さらに、絵を帯に描き起こされた方の存在にも、思いを馳せていらっしゃいます。。

そして、奥さんが締めている帯をご覧になると、
「こんな風に、実際に帯を締めた姿を見せて頂くと、とてもイメージが湧いてきますね」と…。
ディスプレイされた帯の、前に来る部分をご覧になり、「前の柄は、また、お太鼓の柄とはまた変えてあるんですねー」と、帯の絵柄としての表現も、お楽しみ頂けたようです。

「火の国染め展」は、明日20日まで開催しています。
あなた様にも、どうぞ、実際にご覧いただければ幸いでございます。
今日も、ありがとうございます。