5d5118e2.jpgみなさまこんばんは、スタッフの鋤先美紀子です。

外出先から戻った代表が、素敵なお客様(寛子さま(仮名))とご一緒なのですが、初めてお目にかかるお方です。
お話をうかがうと、先日お出かけのシークレットコンサートに、代表も来ていたそうで、「ご主人は今日もお着物を着ていらしたので、すぐにわかりました」と。

寛子さまは、バイオリンの教師をなさっているそうです。
お嬢様のお名前は「愛音(あいね)さま」とおっしゃり、お母様譲りの上品さと優雅さを表すごとく、とても美しいお名前です。

「僕は昨日初音を聴くことができ、今日は愛音さんにお会いすることができたので、また会える「かもね」」と、満面の笑顔の代表。

そのユーモア(?)に、お二人もさらに表情を柔らかくされ、和やかな雰囲気です。
くにさん改め「和風亭エバンジェリスト」の小話も、そのうちお披露目されるのでは?と思っております。

今日も、おつきあい頂き、ありがとうございます。