昨日、NHKラジオのスイッチを入れた。
流れてきたのは、高校野球の開会式。
我が耳を疑った。

今、この時期に何で天下のNHKが高校野球?????
もっともっと、今放送しなければならないことが、山ほどあるのに。
一昨日は、NHKが童謡唱歌や癒しの曲、勇気と希望が出る曲などをメッセージとともに流していた。
僕はとても嬉しかった。「このような番組が震災に関わらず放送されると…。」僕の思っているイメージがそこにあった。

なのに、、、、
残念。

「春の選抜高校野球」を開催は大賛成。
しかし、なぜ、野球???の全国放送
開会式では、さも感動を与えるようなこといっているけど、
勝負の世界は、勝ちか負けか。
そして、その結果として感動を感じるかだけだ。
感動が先にはぜったいこない。
県を代表して力の限りなら、なぜ他県に野球留学する?

ただ、自分が出たいから。
出場機会がほしいからだけじゃyん。
大人が、高校野球を美化しすぎたらだめ。

ましてやNHKは、その感動なるものを、高校球児にもとめたら絶対だめ。
地に足して感動を!!
頑張っている姿をありのままにつたえるのがNHKの仕事では。
あ〜、NHK残念。無念。
といいつつも、僕はNHK文化センター熊本のの講師を引き受けていた。
首になるかも…。


でも僕は、白球を追い求めた野球少年。
野球は大好きだ。
僕の生き方の根幹をなしてくれている。


僕は、自分の仕事全力で頑張る。
とにかく、地元熊本が元気なこと。
元気波動を、熊本から全国へ。
(ダッシュで本音で書いた…)10分勝負でした。
                      拝 茨木國夫