CA3H0710和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
ゴールデンウィークにどーんと突入。
いかがお過ごしでしょうか…。

僕は、元気に仕事仕事です。(^o^)/
今日は開店ほどなくして、さおりさまにお出かけ頂きました。

お着物は、長野県在住の横山俊一郎さん作の「みさやま紬」です。
染料は、上溝桜に栗で染めてあります。
帯は、「洛風林」の名古屋帯、帯〆は「ゆるぎ」、帯揚げは、和の國オリジナルです。

当和の國は、お客様にお召しいただく時に二つのテーマがあります。
一つは、「品良く美しく」と、もう一つは、「品良く楽しく」です。
まさに、和の國のテーマでもある、「品良く美しく」お召し頂いています。

そして、浴衣をご覧になりながら、「次の一枚は?」とのことだったので、
「木綿」をオススメさせていただきました。

・半襟をつけるか、つけないか?
・名古屋帯を締めるか、半幅帯をしめるか?

これだけで、木綿の楽しみも変わってきます。
丁度、木綿については、「男の着物日記」に書かせて頂きましたので、ポチリとクリックして、ご覧頂ければ有り難いです。

とにかく、きものの事なら、何でもご相談ください。
今なら、相談料も無料です。
090-36009495 茨木國夫携帯まで、お待ちしています。

いつもありがとうございます。
                   きものサロン 和の國  代表 茨木國夫拝