40989559.jpgみなさまおはようございます。スタッフの鋤先美紀子です。
南青山の会場にも慣れてきまして、お陰様で、訪れて下さるお客様との会話もとても楽しく、毎日を送っております。
私も同行させていただき、本当に有難いことでございます。

さて昨日は土曜日ということで、ウイークデーに仕事で行き来される方とは変わり、ご友人と近くにショッピング、ランチにいらした方も足を止めて下さいます。

また、ブログをご覧の方々からお電話も入りまして、「今日は菊池洋守先生は何時までいらっしゃるんですか?」等と、一目お会いしたい、というファンの方が大勢いらっしゃるようです。
外国人をお連れして「菊池先生は?」とお越し頂いたのは、奥さま(和子さま)の姪ごさんご夫妻でした。「なかなか拝見できないので、このような会を催して頂き、本当にありがとうございます。」と。
ファンの方にもご親族にとっても、本当に貴重な機会ですよね。

そうして今日は、男性のお客様も次々にお一人で入って来られます。
朝一番よりお着物姿の男性も何人かいらっしゃいます。
一衣舎さんのご紹介で、と、お茶とお能をなさる学校の先生にもお出で頂きました。

午後には代表のファンという方もお見えになりました(お写真ご参照下さいませ。)
自称住職の(本当は違うのですが、着物を着ているとよく言われるので、と)英之様が、「いつもブログを拝見しています。前から一度(代表に)お目にかかりたかったので。作業着から着物に着替えてきました」と、お洒落な装いでお出で頂きました。

18年間日々着物生活をしている代表に、衿の出し方や小物使いなどもお尋ねに。
早速近くの小物屋さんで、代表お勧めの和手拭いを3枚ゲットされたようです。
やはり実際にお召しになる男性にとっては、実用的で具体的なアドバイスも◎だそうです。。。

またお昼からも、この日を待ち望んだお客様が次から次へと…。
ウイークデーとはまた違った雰囲気の展示会場でございました。。
今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。




追記:
泣いても笑っても、「染織家・菊池洋守展」は今日午後5時まで。
ささっと荷造りをして、宅急便に商品をお願いし、羽田発20時05分の最終便で福岡空港に飛び、運転大好きな父に迎えに来てもらい、菊池渓谷の近くの自宅に帰る予定です。
お互い? 悔いの残らぬ一日としたいものです。
どうかどうか、本日最終日もよろしくお願いいたします。
                きものサロン 和の國     代表 茨木國夫