和の國ファミリーのみなさま、こんばんはorおはようございます。
今日はとっても嬉しい事がありました。
それも、二つ。!(^^)!
一つは、くにモンがいい感じになってきたことです。
クリックして見てください。

くにモンのイラスト



CA3H0958
それと、もう一つは、芝崎重一氏の男物が上がってきたことです。
今日の午前中…、加納荘五郎社長にご持参頂きました。
風呂敷に一つ反物が入っていたので、何かと思いきや、「芝崎重一氏の男物!!」
本当に嬉しくなりました。
糸はもちろん、座ぐり。染料は栗染め。地色は「黒茶」です。

サラサラサラと反物を開いてみたのですが、やはり美しいです。途中チョッと織段がありましたが、これも手仕事のなせる技、「頑張って一反の反物になりました!」と誇らしげに言っているようでした。
全国探しても、なかなか芝崎重一氏の男もの入荷しないですよ〜。
当和の国でも100反近く取り扱ってるのに、男物はまだ3反目です。





さて、ふと思い出したのですが、芝崎重一氏の様々な事を書いた「マメ本」があります。

このマメ本を作成したのが平成14年だから今から約9年前…、チョッと懐かしいです。数日に分けて、マメ本の内容をお伝えさせて頂きますねっ。
良かったらおつき合いください。


CA3H0959その1-----【まえがき】
ほんものを求め続け、2001年・平成13年に芝崎重一さんの座ぐりのきもの(春風のようなきもの)に出会えました。その転機(きもの宣言)がなかったら・・・、100%出会うことがなかった着物です。


出会いっていいですね・・・。
いろんな出会い・ご縁も・・・
最高ですよね・・・。
もちろん、あなた様とのご縁も・・・。
ありがとうございます。

芝崎重一さんのきものに出会い、自らが着用し、お客様のお声等を聞くにつれ、「こんなに素晴らしいものをもっとお伝えしたい。」「本物の良さを、もっともっと多くのきものファンの皆様に解っていただけたら…」という思いが強くなり、マメ本を作ってみました。

でもでもタイトルは、「春風のようなきもの」
なんか胡散臭いですよね・・・。
「ほんとう〜?」「どんなの??」って感じかと思います。
でも、このマメ本は、読めば読むほどに味が出てくることと思います。!(^^)! 
きものが大好きになる一冊かと存じます。

現地で、見学等させていただき、良いきものを作成していただく芝崎重一さん、私共のメインの仕入先であります・・・京都・室町の加納(株)さんなどなど、皆様のお陰でこのようなマメ本ができましたこと、深く感謝申し上げます。
ありがとうございます。
どうかお側において、可愛がってください。

心からの感謝を込めて・・・。
          茨木國夫

≪つづく・・・。≫



追伸:
ブログランキングに参加して、上位入賞目指しています。ぜひ今日も、「ポン」とワンクリックお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン