06260012.jpgみなさまこんにちは♪
野田和子です

7月22〜24日の3日間、我が家に韓国から二人のお嬢さん方が泊まりに来ました。
熊本学園大の交換留学生のホームステイです。
仲介役されているボランティア団体のメンバーがほとんど家庭のベテラン主婦とあって、一食でもホストファミリーの負担を軽く・・・とのお心遣いで、受入れ時間を夕方にして夕ご飯を兼ねたパーティーを開いて下さいました。

 ホームステイされる学生さんたちは中国・韓国・ベトナムからの11人ほどで、受け入れるホストファミリーが6家族だったでしょうか、お互い少し馴染んできた頃学生さん達に「今回何か体験したいことは?」と尋ねましたが『ホストに気の毒』との遠慮があるのでしょう「ん〜〜・・・」と言うばかりで誰からも明確な答えはもらえません。
 
  そこで私は、翌日に長年お世話になっている茶道の先生にお願いして、お稽古日に一緒に行って体験してもらうことにし、せっかくなのでお嬢さん方には私の浴衣を着てもらいました。
 二人とも初めて着るとのことで、最初は大変喜んでいましたが、着てしばらくしてみると帯の感じが「コルセットを付けているみたい」という感想でした。
お稽古場でも畳の上での正座が辛かった様子で、とうとう後で椅子を出してもらっていました。

ですが、8月6日までには自分の浴衣を買って火の国まつり総踊りに参加すると張り切っていました。
日本にいる間だけでも日本文化の象徴である着物に直に触れてもらいたいものだと願います。

本日もお付き合いありがとうございます。

いつものワンクリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン