bf5aef00.jpg和の國ファミリーの皆さま、おはようございます。
昨日はスタッフのミッキーちゃんが「心地良い音」と題し、風鈴の事を書いてくれました。
実は、僕もそのことを書こうと思っていたので、僕の視点から書かせていただきます。こちらもお付き合いくださいねっ。

店の看板の軒下に風鈴を下げたのは、一昨年のことでした。理由は、耳にも涼感を感じて頂きたいからです。
その時は、求めたのか頂いたのか定かではありませんが、チョッと低めの「カラン・カラン」という音がする「江戸風鈴」を下げていました。
僕の中ではその音より、やはり南部鉄の「チーン・チーン」という音が好きです。

実際、自分の部屋の2階の軒下には中学時代から吊り下げていましたが、いつの間にか下げなくなり、長女が小学校高学年の時にどこからか出てきて、短冊に「風さんありがとう」と娘が書いてくれた思い出があり、その短冊も、もちろん風鈴も何処かにいっていました。

そうしたら、過日一階の押し入れを片づけしていた時に、その30年以上愛用している風鈴が出てきました。嬉しかったです。
早速店に持ってきて、文字も表は「涼風(りょうふう)」と書き、裏は「すずかぜ」と書いて、定位置に吊り下げました。
久々作成するので、一回目は短冊も小さく、吊るす紐も短かったので良い風が吹いてもなりません。
再度トライし、紐を長めにして短冊も一回り大きく、そうしたら「オチン、チーン?」と美しい音色を奏でてくれました。

そんなこんなで
思い入れのある風鈴でしたので、ブログに書きたかったのです。
でも嬉しいのが、昨日出社したミッキーちゃんがその音色に気づいてくれたことです。感受性が豊かっていいですよね。

目の前には、いろんなものが映ります。そしてそれはそれは、様々な音が聞こえてきます。
「そこで、どう感じるか?」で人生が楽しく豊かになってきますよね。
そういえば、昨日の西の空もチョッと秋めいた刷毛でなぞったような…感じでしたよね。

暑いさなか…自分なりの「涼一味」を見つけ、感謝を胸に日々笑顔で過ごしたいものですね。
お時間作ってぜひ和の國へもお出掛けくださいませ。
いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
         きものサロン和の國 茨木國夫


下の表示を「ポン」クリックして、応援してくださいねっ。
◆笑顔で楽しく美しく◆
僕もこの言葉を唱えつつ、今日一日…着物de仕事頑張ります。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン