b363faa3.jpgみなさまこんにちは♪
火曜日担当の野田和子です。


8月もいよいよ明日まで、日中の残暑はまだ厳しいですが、朝夕は涼しくなり秋の気配をすぐそこに感じられるようになりました。


早速私事ですが、
先日のお茶のお稽古でのことです。

午前中のお稽古場のお床には、いつものように季節柄のお花がその日は三種入れてありました。
目の覚めるようなハッキリした紫紺の大輪のノボタン、ミズヒキ、そして赤味がかったオレンジ色の“ユウスゲ”との紹介がありました。

そこで、先生はじめお稽古のメンバーで「ユウスゲが朝から咲いているのか?」との論議になり、では“キスゲ?”はたまた“カンゾウ?”と次々に名前は出てくるもののその生体に関しては誰も正確に断言出来ず・・・

家に帰ってネットで検索してみましたところ、

・ キスゲ → 北海道から九州に分布し、主に夕方から咲き始める夜咲性、花色は        レモンイエローで芳香がある。
・ヒメカンゾウ→小輪で花色は赤みがかったオレンジ色。
・ヤブカンゾウ→花はオレンジ色で八重咲き。
・ヘメロカリス→日本や中国産のユウスゲやカンゾウ類がヨーロッパなどで品種改良        された園芸品種で色はさまざま。

など色々とあり、結局、園芸&植物学に素人の私には判断が付きかねました。
どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら是非ご伝授お願い致しますm(__)m


さて、
暦の上では9月12日が中秋の名月ですが、本当の十五夜は13日になるそうです。
その日の夜、空に雲がかからないことを願うばかりです。

本日もおつき合いありがとうございました。