6bfaa8d8.jpg皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日お店に入りますと、中央の花入れには小さな秋が演出されていました。

われもこうにおみなえし、すすき…と、深い緋色(赤みの強い焦げ茶)〜鮮やかな黄色〜薄い小麦色へと、色が連なっています。
目から入る季節の訪れに、気持ちも豊かに一日が始まりました。

午後には、先日に続き本日もめぐみさまが、「お茶のお稽古の帰りなんです。」とお立寄り下さいました。
淡いブルー系の小物をお探しで、今日はお取り置きしていた、ちりめんの無地の帯揚をもう一度ご覧に。。

帯揚が決まりますと、木綿のお着物が並ぶディスプレイ棚の方へ動かれます。
「これが木綿の着物なんですね。この前ブログで拝見して・・。こんなに色、柄が揃っているのを、初めて見ました」と。
お洋服を選ぶ感覚で、すぐに、可愛らしさと清楚な雰囲気のある一点に目を留められました。

生成りの地色に、水色の細い縞が入っています(写真がそのお着物です。ちょっと光が強く、わかりづらいかもしれませんが)
鏡の前で当てられると、「思ったより大人っぽい感じも出ますね。これですと、どんな帯でも合わせやすそう・・」と、大変お気に召して頂きました。

シンプルなデザインですと、遠目には無地調子で、着装されるお方の雰囲気に沿って、表情もがらりと変わります。
実際にめぐみさまが試着されますと、とてもエレガントなデザインに見えるのです。。
主役はやはり、着る方なのですね。。


さて和の國では、今月17日〜25日まで、「ほっこり木綿展」が開催されます。
今日は、めぐみさまにひと足早くご覧頂いたご様子を、ブログに書くことができまして、とても嬉しく存じます。

私も一点作って頂いているのですが、又全然違う柄のものも欲しくなってきました。。
木綿のお着物は、そんな楽しみも可能にしてくれそうです。。。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。



お読み頂いた皆さま、下記のボタンをクリックして頂けませんか?
どうぞ、よろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン