和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
いつもブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

過日、「織の三人衆」のお一人、孤高の染織家・芝崎重一氏(群馬県在住)より、お手紙を頂戴いたしました。
その中には、「江戸時代の復元品・現在の太物(コート)などなど展示します。近況報告まで」と書かれていました。
日時は下記の通りです。

伊勢崎の太織━━━━江戸の特産品
平成23年10月15日(土)〜11月27日(日)
田榊氏染織植物園・染色工芸館



そこで注目なのが、「秋の企画展関連イベント」ということで、芝崎重一氏による特別講演会が開かれるということです。
その講演では、『太織とはどのような織物か、また太織に使われた「熨斗糸」「拝み糸」「伸び糸」「羽玉(はだま)糸」などと呼ばれる糸の作り方やその特徴についてのお話し』が聴けるそうです。

・テーマ:「上州の太織(ふとおり)ー糸の話」
・開催日:10月30日(日)
・時 間:13.00〜15.00

・会 場:染色工芸館一階 実習室
・定 員:60名
・費 用:無料、但し入館料が必要。 027-328-6808
9/24より電話受付開始。


僕も話を聞きたいのですが、翌日より京都出張を入れ、チケットの手配もしていましたので、都合がつきません。うっ、残念。
和の國ブログをご覧の全国のきものファンの皆さま〜〜〜、ご都合がつきますなら、ぜひぜひお出かけ下さい。
織の基本は一にも二にも、糸です。
日本全国の染織家の中で、日本で一番上質な糸にこだわっているのは、芝崎重一氏と言っても過言ではありません。
着物ファンなら、よだれがじわ〜と出るようなお話になることでしょう。そういったお話しが聴けるのは、超ラッキーで、有り難いことです。ホントですよ〜。

この講座お聞きになったら、一般の呉服の小売店より詳しくなること、間違いありません。
そしてそして、僕にこっそり講座の内容教えてくださ〜い。!(^^)! ナンチャッテ。


・・・ということで、今日は「愛の告知タイム」でした。
いつもありがとうございます。
         きものサロン和の國 茨木國夫拝

IMG




追伸:
第2回染織工芸作家探訪の旅は、
「孤高の染織家〜芝崎重一氏を訪ねて」
平成24年4月14日(土)〜15日(日)を予定しています。
お申し込み・お問合せは、和の國まで。 電話096-359-0805

二伸:
明日26日(月)は、和の國は定休日でございます。
ご迷惑おかけ致しますが、よろしくお願いいたします。


今日もポポンとお願い致します。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン