IMG_3761 - コピー

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今朝出勤しますと、店舗前にポインセチアが飾られていました。
和の國が入っているグランガーデン熊本ビルでは、毎年各店舗で飾っているのですが、今年はその様子がリビング熊本さんでも紹介されるようです。

さて今日の画像は、私の大好きなみさやま紬(長野県、横山俊一郎さん作)です。
過日(10/15ブログ)で書いていました、八掛のお直しが出来上がりました(大分前にできていたのですが)。
お直しに出す前は、本当に摺れまくりでしたが、ご覧のように新品の八掛のように、綺麗に仕上げて頂きました。

全体を布地から取り換えなくても、八掛の縫いしろ部分を解いてずらしてもらえる、と女将さんに聞いたおかげです。

お値段を聞いて(税込11,000円でした)、始めはそれなりにお代がかかるのだ、と思いました。
しかし女将さんから、その工程がとても手間のかかることだとうかがい、逆に、解いて縫い直して頂いたことが有り難く、また、同じ八掛が生かされたことも嬉しくなり、より愛おしくなってきました。。

NPO会員の方々がおっしゃっていたのですが、日本で着物が日常着だった頃は、普段着の表地が傷んでくると、解いて場所を変えて縫い直し(タイヤローテンションのように?)、いよいよ着物としてはお別れ、となると、座布団カバー等として利用されたそうですね。
私もお着物だけでなく、日頃から物を大切にしなければ、と思います。。

みさやま紬は東京展示会でも着用し、その良さをお一人でも多くの方にお伝えできれば、と思っております。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記のボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン