IMG_4130 - コピー

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
戸外では吐く息も白くなるほどの気温ですが、店内はお客様や作家の方々がいらっしゃるおかげで、活気に満ち、気温も上昇し続けています。

さて本日は、作家のお二人がお揃いの時に撮影させてもらいました。
お写真 一番右側が岡村美和さん、右からお二人目が宮直美さんです。
お二人とも「写真は苦手で・・」とすごく照れていらっしゃったのですが、お話しの合間に撮らせて頂きました。

早いもので、熊本ゆかりの染織作家展も、最終日を迎えています。毎日、染織作家の方々の作品をご覧に、色々な方が足を運んで下さっています。
新聞記事、そして和の國ブログ(安達絵里子さん&代表による、染織作家6名の紹介記事)を読んで下さり、「地元にこんな素晴らしい染織作家がいらっしゃるのですね」と、皆さま本当に感激され、この展示会をきっかけに、「遠ざかっていた「着物文化」にもう一度触れてみたい…」とおっしゃる方もお見えです。

こういったお客様のお声や、染織作家の方からのお話、絵里子さんと代表夫妻のお着物談義を耳にする度に、私も「ある想い」がどんどん膨らんで参ります。。
今私は縁あって熊本で暮らしていて、勤務先では「きもの普及」を様々な角度から発信しており、この「熊本にゆかりのある染織作家展」を経験することができました。

地元ご出身の方々が、こんなにも地道に技術・感性を磨いていらっしゃるのですから、私も「作品を身にまとって、皆さまに見て頂くことで、「熊本の作家による和服」の普及をしたい」と思った次第です。

そして、私も帯を一点求めて、次回の熊ゆ展で(か、それ以前に)宣伝したい、ということに落ち着きました。
昨日は代表からも「こういう技術の、材質は・・」と、様々なアドバイスが・・・。
想いが芽生え、皆さまとお話しするうちに、こうして気持ちは益々盛り上がっていきます。
・・またこのブログでも、続きを報告させて頂きたいです。。

今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記のボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン