IMG_4327


和の國ふぇミリ―の皆さま、おはようございます。
日曜日の朝、いかがお過ごしでしょうか・・・。
僕は、台所にたって、大根やニンジンに加え、お昼頂くお味噌汁(じゃが・ネギ・シイタケ・汁は大根絞り汁)の準備など、楽しい時間を過ごしました。!(^^)!


さて、昨日もいろんなお客様にお出掛けいただいたのですが、夕刻、りつこ様ご夫妻がお着物姿でいらっしゃいました。
「ゆりさんの着付けDVDを見ながら、久しぶりに自分で着付けをしてきました。主人の方が早く着付けが終わったので、ちょっとあせりましたけど。DVDを一時停止してもらったり、フォローしてもらいました・・」と、りつこ様。
お着物と帯の色合わせも、とても可愛らしいです。。

またご主人さまは、かまぼこみたいな着こなし。しっかりと板についてらっしゃいます。!(^^)!
息子さん(こう君)もご一緒に、これから松葉(料亭)で4組のお仲間とお食事だそうです。(お写真中央のお三方です)
いつも頑張っているからこそ、OFFは着物で非日常を味わえるってホント素敵だし、日本人としての最高の過ごし方だと思います。


時を同じくして、今日は京都から、室町の加納・加納荘五郎社長もお着物姿でお見えでした(一番右の方です)。
「美しいキモノ・冬」のP.274~277「西陣・室町の旦那衆・装いスナップ」の中で、「ひときわ光を放っていたお着物姿を所望したい。」とのお声に答えて頂き、大島の着物に結城紬の羽織という、いでたちでお出かけになりました。
きゃしゃなのに、大島・結城紬という両横綱をさりげなく着こなされて、ダンディですよね。
僕は、羽織を薄色という着こなしは苦手なので、余計にカッコよく思え、また僕も「少しスマートになったら挑戦してみよう!」と思った次第でした。

それから、美しいキモノのp35「東北の皆さまから寄せられ、たきものとのエピソード」(巻頭尾)ご覧いただきましたでしょうか・・・。
そこに寄せられたエッセイを読ませて頂き、着物はただ単に着るもの・ファッション・オシャレなどをはるかに超えた、日本人の魂の拠り所でもあるし、心の支えとなっているし、親子や家族を結ぶ絆になっているのだな~と深く感じました。

僕は、仕事上、着物を着ることによって着物が好きになり、その着物に宿る精神性少し感じているのですが、着物って日本人にとって必要不可欠なものですよね。
そのことを分かる人を一人でも増やしていくのが、僕の仕事・天命でもあります。

今日も、千客万来でありますように・・・。
笑顔で楽しく美しく…共に頑張りましょう!(^^)!   
        きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495




今日もおつきあい頂き、誠にありがとうございます。
ご覧頂いた皆さまーーー、「読んだよ~」という感じで下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。!(^^)!
(押して頂くだけで、人畜無害ですよぉ~。ホントで〜す。)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン