みなさまこんにちは♪
火曜日担当野田和子です。

一昨日の晴天とうって代わり、昨日のどしゃ降り雨は凄く、今日もしっかり降ってくれてました。

本日より和の國では創業100周年記念展示会・part3 を開催いたしております。
雨で足元のお悪い中、沢山のお客様においでいただきました。本当にありがとうございます。


さて、昨日はどしゃ降り雨の中、私は朝から茶道の研究会に参加しました。
茶道の先生方からはお叱りを受けそうなお話しですが、実は私、芝崎重一さんの木綿の着物を着て参加しました。
理由は濡れても洗えば済む♪という単純な気持ちからでしたが、実際着てみて別の事に気が付きました。
研究会会場は大きなお寺の御堂内で、ストーブを何台も焚いてありますが、とにかく寒いのです。ところが、以前もお伝えしましたように首周りと袖口以外、着物は本当に暖かいのです。そして、もっと凄いことに芝崎さんの木綿は単衣ですが、前日に着ていた正絹の袷と変わらず暖かいものでした。

さぁ、みなさま、寒い日にこそご安心されて着物を着ましょう(^-^)/

《本日の女将さんのコーディネート》
 [お着物]
  紬糸入り市松織り色無地(本日の女将さんのお着物ははじめオレンジ系の色で染
  めていたものを濃紫に染め直しされたものです)
   
 [帯]
  柚木沙弥郎さんの型絵染で紙布の生地です。 

 986a139e.jpg