みなさまこんにちは♪
火曜日担当野田和子です(^-^)

2月も下旬となりましたが、今年はまだまだ寒さが続いております。

そんな中、昨年9月の出場受付から話題騒然となりました、政令指定都市移行記念の熊本城市民マラソン大会も19日についに終わってしまいました。

大会当日は雪が舞い散る大変厳しい寒さの中、ランナーの皆さんはそれぞれにご自分のお持ちの力を精一杯出しきられたことでしょう。

 4船魁璽洪修傾みにトライするも、受付開始早々に締め切られて出走することが出来なかった私は、AKJ(熟千)の“着物で応援”企画に参加して、フルマラソンコースゴール前、最後の難関である古京町の登り坂(細川刑部邸前あたり)で応援してまいりました。
午前9時に通町をスタートしたランナーは遥か遠い旧飽田町まで走って行かれ、11時半過ぎからそれぞれのタイムで熊本城二の丸に帰って来られました。
苦しそうな表情や意識朦朧の表情の方があれば、笑顔で沿道の私達に手を振ったり『(応援)ありがとうございます』と言われる方と様々いらっしゃいましたか、私からしますと、一様に40舛鯀り抜かれた方の精神力・体力の強さに感動を覚えるばかりでした。

こちらこそ『感動をありがとうございました』m(__)m です。

 一言申し添えておきますと、極寒の中での2時間半、長着の上に道中着で袖口だけの防寒で過ごしました。
体幹部はさほど寒さは感じませんでしたが、つま先が痛いほど冷たくなっただけで、首元は全く平気でした。

 また、“AKJ”応援の後、和の國にお立ち寄り頂きました3名さま、お寒い中本当にありがとうございました。

《本日のお写真》

 一昨年から和の國でご紹介いたしております、京都・藤井絞りさんの“雪花絞り”です。
昨年までは、木綿麻の生地(主に浴衣)のみでしたが、技術の進歩で今年から正絹の作品も登場しました。
お写真は薄い生地で、春〜秋にかけてのコートなどにお勧めです。
どうぞお店にお立ち寄り頂きまして、現物をご覧頂き、お色味や風合いっをお楽しみくださいませ。

120221_154019