和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
木(こ)の芽起こしの雨となりましたね。
娘が明日より弓道の試合で宮崎に行くので、「今日のうちに洗濯して乾かしたい」ということで、日付が変わる前コインランドリーに行ってきたら、風も冷たくまた寒くなっていましたねっ。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕はお変わりありました。
夕食の玄米ご飯、2回おかわりしました。!(^^)!
おかげさまde,いまだに禁酒続いています。
風邪をひいてた時など、「お酒を飲んで身体を温めたら」などと思いつづ飲む理由を探してい自分と、「どうせ飲むなら、健康な身体で飲みたい」気持ちと、「出版を予定している本の執筆が出来てしまってから」などと、様々な気持ちが交錯しながらも、お酒を飲まないリズムに慣れつつあると言い聞かせ、それを楽しむ努力をしています。


さてさて、今日は和の國便り(第126号)を作成したり、久々散髪に行ったり、月末の支払いを済ませたりと日常業務をサクサクとこなしました。
そしてまたいつものように、店でNHKラジオを聴きながら深夜までというリズムが戻りつつあります。!(^^)!
なんか、高校受験前の深夜、起きておくことで勉強をした気分になったような感覚が蘇ってきました。(<おいおいおっさん)

そんな中、今度はかみさんがダウン寸前です。
昨晩、夜の部の着付けが終わったら化粧も落とさずに布団に潜り込んでいました。
今日は、月末なので起きていろんなことやっていたようですが、夜8時過ぎには、、、。
ほんと健康って、とっても大事ですよね。



僕の中で、「健康」に対して一つ大きな過ちがありました。
・・・というのは、健康を過信しすぎて、「自分の身体をいたわってなかったな~」ということです。
毎日元気に働いてくれた自分の身体を酷使するだけで、一日僕と一緒に頑張ってくれた身体に対して感謝が足りませんでした。
お客様には「ありがとうございます。」と言うのに、五体満足で働ける自分の身体に対して「ありがとうございます」が全くなく、自分の意のままになることが当たり前になっていたことが、一番の反省でした。

ふと、そういうことに気づかせてもらうと、最近身体がダル苦しかったのがウソのように軽快になってきました。
スッ、コーーーンと抜けました。
PCに向かっていても、目が疲れたり肩が凝ったりしなくなりました。
倫理の教えなどに、「全ての物に感謝」とありますが、「自分自身の身体に感謝!」が肝心要であると、人生50年を過ぎて気づかせてもらいました。



ハイ、そう言うことで、また初心に帰りきもの道を歩み続けます。
きものって、ただ単に日本の民族衣装というだけでなく、日本人の心がいっぱい詰まっている衣装であるとともに、我が人生のお師さんだとも言えます。!(^^)!

一緒にきもの着て、日本人らしく・・・きもの人生を楽しみましょうねっ。
そして、着物のことなら、和の國にお任せくださいねっ。
いつもありがとうございます。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

NCM_0054