皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。今朝(3・16)も午前中は、会場の一角が着付け教室となっています。
今日は貴子さまが着付けを実践されています。お忙しい最中に火曜日・初日にもお出かけ頂き、「着付けのレッスン、来たいんですけど、期間中に来れるかしら?」と仰っていたのですが、本日少しだけお時間が取れたそうで、ご予約を頂きました。

「人に着せて頂くより、お着物も帯もすごく楽ですね。いつもはきつく締められるので、逆にこんなに楽ですと大丈夫なの?と思いましたが・・この位で十分なんですね! 今日は色無地にしましたが、久しぶりにお着物を着ると、お草履から何から色々なことが気になってきますね」と貴子さま。初めての着付けで色々なことを発見されています。

201203161507000

今日は着付けレッスンの途中から、ずーっとお客様が続いています。
「いつもブログを拝見しています」と、千葉からお越しのめぐみ様。「熊本のお店には行けませんが、東京なら・・と、思い切って来ました。一度見せて頂きたい、とずっと思っていたんです」と嬉しいご来場です。

また、熊本でご縁を頂いたすずえ様もお見えに。「菊池洋守さんの訪問着、昨年のクリスマスパーティで着たんですよ」と、素敵な着姿のお写真を見せて頂きました。
そして今日は、芝崎重一さん色無地を別注ということで、お色選びをなさっています。
(お写真左の上品な奥さまです)

また今日は母の知人が来て下さり、「見るのは好きなんだけれど、着るとなると、着付けを全部自分で・・というのは自信がないし、着た後の始末を考えるとおっくうになるの。」と。
そういえば同年代の方々が何人か、お着物離れの理由として同じようなことを口にされています。

そんなお話をうかがい、和の國が近くにあれば、着付けのお手伝いやショートレッスン、お手入れのお預りもできるのに・・と思えてきました。。。
不便を感じていらっしゃる方々に、今後和の國ができることをご提案して行ければ、と存じます。


夕方には、代表のFB(facebook)お友達の良江さま、都さまもお出かけに。「うわー國さん、いつもの写真通りの笑顔ですね」と、楽しい会話の始まりです。。
続いてお着物が大好き、と仰るあきこ様がいらして下さいました。初日一番にお見えの洋子様のお嬢様です。
お一人お一人の作品を、ゆっくり丁寧にご覧頂いています。

私は午後6時で早帰りさせて頂きました。
いつもありがとうございます。