DSC_0317

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
一昨日の夜は、昭和30年代に建てられた「銀座湯」でリラックスしたのでエネルギー満タン。
昨日は雨模様だったのですが、お陰さまで染織家の加藤富喜さん、帯どめの本を出版なさっている神田千鶴子さんなどにお越し頂きました。
そして夜は、東北支援を込めて京橋にある福島の「喜多方ラーメン」で最後の晩さん会。東京の最後の夜を過ごしました。



今朝は、夜明け前からゴソゴソと・・・。
かみさんをゆりお越し、九段下の靖国神社の境内で行われている「骨董市」に出掛けてきました。
目の前は、日本武道館。キリンよりも大きな鳥居をくぐり、右手に骨董店が立ち並ぶ中、靖国神社にもパンパンとお参り。蕾膨らむ桜の老木の向こうには能舞台。
まだ、準備中で来客も、ちらほらの中、戦利品は2銘柄3品。陶器のお湯のみと塗のハマグリの菓子器です。!(^^)!
気分良く、そこから東京国税局・気象庁を横目に、中央通りに出て日本橋三越、日本橋高島屋そして、京橋の明治屋を目印に、無事ホテルまで帰ってきました。

約50分の散策。こんなこといったら田舎者と分かりますが、日本橋と銀座の距離感を体得することが出来ました。以外に近かったし、日本橋の建物(石の彫刻)もカッコ良かったです。
日本橋と銀座という隣町にそれぞれ大きなデパートがあるなんて、流石東京です。
熊本でいえば、鶴屋デパートが水前寺公園近くにもう一店舗あるような感じです。
キョロキョロしながら、それはそれは朝の楽しい時間が過ぎてゆきました。!(^^)!



さあ今から、荷物をまとめ、一週間お世話になったホテルをチェックアウトし、表参道駅で降りて南青山の会場へと向かいます。
今日も一日といっても夕刻の16時30分まで、それから超特急で撤収し熊本行き最終便ANA19時10分発に乗り込みます。
東京で最後の一日、素敵な出会いがまっていますように・・・。
そしてまた熊本のお客様、お茶会が会ってたりしたのに着付けのお手伝いも出来ず失礼いたしました。
かみさんとミッキーさんと元気に帰ってきますので、又どうぞよろしくお願いいたします。

いつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
             きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495