皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
先日の桜の開花宣言からまだ数日ですが、蕾だった部分も次々に開いてきまして、お店のすぐ近くで見られる桜の木も今週末は美しく花を咲かせています。
この季節の訪れをこうして愛でることができ、日本人で良かったなあー、とつくづく思います。

今日はもう一つ、良かった・・と思えたことがありましたので、ブログの話題にさせて頂きます。

和の國ではお客様にお出しするお菓子等に、手作りの物も時々登場します。
菊池の大女将さんを始め、女将さん、代表が小豆や色々なお豆さんを炊いてくれるのです。
また、代表がお漬物やつくだ煮を作る時には、私も何度も分けてもらっています。

代表は「カン」で調味料を選び、食材の取り合わせも自己流だそうですが、色々な組み合わせで、いつもとても美味しいのです。
そして今日の画像は、先日いただいた「のりの佃煮」です!
ご飯にちょっと乗せて食べると、いつもの白米が余計美味しくなります。
ちょっと茹でた野菜に和えると、外で頂くような料理になり、これまた食がどんどん進みます。

201203301125001


この和食の組み合わせに、日本人としてのDNAが騒いだようで、食事の度に身体中を「美味しい喜び」が駆け巡っていました。
和の食事は、シンプルな調理法の物も多いのですが、本当に良い物が沢山ありますね。。。
・・以上、日本人で良かったレポートでございました。

最後までおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン