みなさま こんにちは (*^_^*)
火曜日担当 野田和子です ♪

先週のブログの続きですが、是非ご紹介したい嬉しいことがございました。

と申しますのは、
茶道の同社中のメンバーの中に一番若い、姉妹がおります。
お姉さんの方は今年新卒で就職したて、
妹さんは今年成人式を終えた大学3年生なのです。

その二人が、
「先生の還暦のお祝いだから、着物を着ていきたい!」とお母さんに相談されたそうです。
お母さんも、「そうね、それなら・・・」と、ご自分のタンスの中から、お姉さんには一つ紋入りの色無地、妹さんにはお目出度い柄の青海波をご用意されていました。

お若い二人の「お祝いだから、着物で・・・」という気持ちにはもちろんですが、
それを快諾されて、ご自分の着物をお嬢さんにご用意なさるお母様にも、日本古来から受け継がれてきた、日本人の持つ奥ゆかしさを感じました。

私も微力ではありますが、少しでもこの“奥ゆかしさ”を次世代に引き継ぐことが出来るように、日々努力して行きたいとあらためて思いました。

本日もありがとうございました。

ブロ写真