みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 台風4号は、熊本県地方は比較的さらりと通過してくれました。
梅雨時の台風は私の記憶の中では珍しく、通常であれば“台風一過”で表現される通過後の本当に気持ちの良いお天気は、今回どうなるのか少し楽しみです。

 さて、この時期の風物の一つに、梅干しの漬け込みがあります。
私も、自宅の庭にある大きな梅の老木に生った梅の実を、現在塩漬け中です。
 昨年は、花の数がめっきり少なくて、なんと4個しか結実せず、そのうちの2個は自然落果したため、たった2個しか収穫できませんでした。
「これは剪定しなければいけない!」と思い、全くの素人ながら自己流で枝を落としましたところ、今年は東向きの枝に沢山の花が咲いてくれまして、5月にはまるまるとした緑色の実が5圓曚票穫できました。
他に、あと2本の小さい梅の木がありましたので、合計6圓寮椎澆魃漬けにしております。
 私は、94歳で亡くなった祖母の教え通りの方法で漬けておりますので、この先、2〜3日晴れの日が続く時に、梅酢から上げて天日干しにしまして、その後に紫蘇を揉んで再び漬け直します。
 
 昨日の事です。
実家の母から、最近の雨天が続く合間を縫って梅をちぎった(熊本弁ですよね?)から、まだ必要なら取りに来るようにと電話がありました。
 見てみてビックリ!!!それはそれは大きな梅がどーんと山になって積んでありました。
一緒に、杏の実も“ちぎって”ありまして、色こそ違え、大きさは両方同じくらいです。
(もし杏の実をご存じなければ、今時スーパーなどの店頭に並んでいるスモモをご想像ください)
 梅干し分はもう十分ありますが、せっかく母が“ちぎって”くれたモノですから、夏バテ防止の為に梅シロップを作ろうと、ありがたくもらう事にして、昨晩早速漬け込みしました。
 杏も、ヨーグルトに掛けたり、お料理に使ったりしようと、土鍋で煮てジャムより少しゆるいソースを作りました。

 収穫の梅雨と母に感謝!感謝!です。

blog


 本日のお写真は、“梅”ならぬ“さくらんぼ”で、綿麻生地に絞りの技法で染めてあります。
肌に張り付かず涼しい生地で、黄色味がかった緑色の地色で、お仕立て上がり¥88000でございます。
和の國では、代表の着物生活20周年記念の展示会がいよいよ明日から開催です。

 品良くオシャレな浴衣地はもちろん、代表くにモンが自信をもって皆さまにオススメする逸品を多数ご用意しております。
 どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。ご来店をお待ち申し上げております。


本日もお付き合いありがとうございました。