みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は自前の士乎路紬の縞模様をアップで撮影してみました。
こちらは縮みのタイプなのですが、アップで見ますと、表面の起伏がかなりはっきりと写し出されます。

IMG_5237


実は初めて袖を通した時に、これまで着ていた袷の紬とは全然違う手触りで、びっくり致しました。
全体を持つと生地はとても軽いのに、ちょっとざっくりとした手触りで、丈夫で、多少ワイルドに扱っても大丈夫、という安心感があるのです。

反物として触れていた時と、実際に着てみたのとでは、感触もずいぶん違うものでした。。
様々な種類のお着物をお持ちの方には、それぞれにとっておきの着心地、というものがおありなのですね。。。


・・そして今日は、素敵なお振袖を見せていただきました・・・。
先ほど秀子さまご夫妻がお越しになり、お嬢様のお振袖に、新しく袋帯をお見立てにいらっしゃったのです。
そのお振袖は、地色がとても鮮やかで深みのある緑色で、色とりどりの宝石が散りばめられたように、沢山の美しい絣模様が織り出されているのです。。。

重厚感のある、何て贅沢な織のお振袖なのだろう・・と、ご夫妻をお見送りしてから作り手のことを尋ねますと、佐々木苑子さん作(人間国宝)のお着物で、数年前にご縁を頂いたそうです。
私は和の國に務め始めて7年目になりますが、本日初めて拝見することができました。

若々しいエネルギーも満ちている、華やかな織り柄で、一目見て、心に深く残る作品です。
実は佐々木苑子さんが人間国宝になられたのは、このお着物が秀子さまとご縁を頂いた後のことだそうです。。。

かねてより、和の國と、それ以前のきもの屋いばらきで取り扱う商品の奥深さには、驚くことが多々ございました。
・・ですが、まだまだこのような素敵なエピソードがあったとは、とても嬉しく、私もこのお店で仕事をさせて頂けることに、改めて感謝の想いが湧き上がります。。




今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。

ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン