和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
6月28日も大雅なく過ぎてゆこうとしています。
お変わりございませんでしょうか・・・?
おかげ様で、僕自身は、過日きもの生活20年目に突入し、日々変らぬきもの生活を続けています。


一昨日は、熊本ハンガリー友好協会の総会及び親睦会が、「KKRホテル熊本」で開かれました。
事務局をお預かりしているので、受付など雑務をさせていただきました。
普段の仕事と違う事なので、神経も2倍以上使いますが、ご参加者の笑顔が一番の励みとなりました。そしてその支払いや、本業の仕入先さんなどの支払いなどもなんとか済ませ、正直ホッとしています。

そんな中、今夜は、「ひなみ大学」に行って先ほど帰ってきました。(珈琲片手にPCに向かっています)
今月までというか、今日の講義まで「西洋哲学」です。今日は、「フーコー」に光を当てての講義でしたが、僕も少しプレゼンをさせていただきました。

「初めてのフーコー」を2度ほど読んだのですが、実は哲学書を読んだのも生まれて初めてです。フーコーと聞いた時、僕は「風光明媚」や「風光」などが頭をよぎっていましたが、次第に哲学が面白くなってきました。
まったく西洋哲学を知らないで生きて行くのと、少しでも耳にしたのでは気持ち的にも違います。
今は、「フーん、コーなるか!」って感じです。(笑)

丁度、学びの仲間と「ビトゲンシュタインの言語が、、、」などと言っていたら、講師のオヤビンが、「くにさんの口からその言葉がスラリと出るなんて!!」と言われましたが、数か月まででは考えられないことです。
ハイデガーなどという名前は、カクテルのイメージさえありました。(汗)

イチローの背番号51歳を迎えた中に、言語などの大切さを垣間見ただけでも本当に有難いし、いい学びといい刺激になっています。
この年になって初めて、「学ぶことが楽しいこと」という図式が出来上がりつつあります。



今日の画像は、和の國の前の鮨屋のおにーちゃん(鮨・きた川)です。
じゅんさいが、おっと前菜が出てきたら店の味とまず対峙するわけですが、お寿司もさることながら、小鉢もとっても美味でした。
会話を楽しみながらのカウンター席がオススメです。

さて明日は雨ざんざん降りでなければ、コミニティボードに「NPO法人きもの普及協会」のポスターを貼りに朝4時から出かけ、ついでにポスティングも頑張りまーす。
どうか、明日も素敵な一日でありますように・・・。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

お時間作って、和の國にもお出掛けくださいませ。
心よりお待ち申し上げます。
きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495

NCM_0405