みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子 です (*^_^*)

 例年に増して激しく長かった熊本の梅雨も、ようやく明けてくれました。
 これから夏本番、厳しい暑さの毎日かと案じられますが、私は8月生まれのせいか、湿度飽和状態とも思える梅雨の時期より、ジリジリ暑い夏の方が過ごし易く感じております(まだこの歳では・・・でしょうか)。

ブログ

 さて、先日、NHKの番組を見ておりましたら、“ハーブ酵母を使ったパン”というのが紹介されていました。
ご覧になった方もおいでかと思いますが、庭のハーブから酵母を育て、それで小麦粉を発酵させて焼くパンでした。
 その料理研究家の方が小さい頃、料理の先生だったおばあちゃんがされていた方法だとのことでしたので、“祖母から教わった梅干し”を毎年漬けている私も、これは・・・!!!と思い、早速試してみました。

 適当な量の強力粉を適当な量の天然酵母水で溶いて、捏ねて、発酵させて、焼く、といういたってシンプルな作業です。天然酵母は市販されているイーストに比べて、発酵する力が弱いらしく、1次発酵に一晩かかりましたが、少し酸味のある、噛み応えしっかりの素朴なパンが出来上がりました。

 分量や時間を計ることなく、適当でいいので、今の季節ですと思いついたらすぐに出来ます。
(酵母液さえあれば、夜に小麦粉を捏ねておいて、翌朝焼きたてが食べられます。)

 1回目の酵母作りは、毎朝食べているりんごの皮と芯で作ってみて、2回目は桃の皮と芯を使ってみましたら、桃の方はりんごに比べて発酵(ぷつぷつの泡)がかなり活発で、焼き上がったパンは酸味が少ない気がしました。

 昔の人たちの“食”は、納豆でも何でも自然にある物から、全て手作りでなされていて、それを日々の生活の中で代々受け継がれていたということに、あらためて感動しました。

 “衣(着物)”もそうであって欲しい!と切望して止みません。


創業祭

  さあ、和の國では明日からいよいよ
    
    “創業100周年記念 大感謝祭”   を開催いたします。

  掘り出し物をいっぱい!!!ご用意して皆さまのおいでをお待ち申し上げております。

 今週の天気予報では晴れた日が続くと聞きました。
 暑さに負けず、、、負けそうな時は風鈴の音色と美味しいお菓子・お茶で涼みに、お立ち寄り下さいませ。


 本日もご覧頂き、ありがとうございました。