blog


みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 本日は、大変蒸し暑い一日となりました。
台風15号は北へ去ってくれましたが、なんと!!14号が南西方向からUターンして来ているみたいで、今夜からも天気予報チェックには気が抜けません。


 さて、本日のお写真は和の國お店の裏の事務所に掛けてありますカレンダーを写してみました。
色んなタイプが市販されておりますので、結構どなたのお宅にも掛けてあるかと思いますが、こちらは日めくりタイプになっているもので、私は毎週火曜日朝にお店に入り、身支度を整えて、神棚とご先祖様に手を合わせた後にめくって文言を読むようにしています。
 書かれている言葉は何気なく当たり前のことばかりなのですが、その“当たり前”を普段なかなか意識せずに過ごしてしまいがちな私ですので、せめてその日だけはいつも念頭に置いて過ごすように心がけております。 

 
 ちょうど本日は、この“ありがとう”の言葉にピッタリなエピソードがございまいた。
と申しますのは、日頃和の國で小物類などをご購入頂いた際にお持ち帰り頂いております、紙製の手提げ袋が大小2タイプありますが、本日の私の仕事(作業)の一つとして、女将さんから大きいタイプの袋の紐(持ち手)をカットするように仰せつかりました。
つまり、袋屋さんに注文して納品されて来たままですと、紐が少し長く、背丈の低い方が持たれた場合地面を引きずってしまう恐れがある訳です。そこでほんの少し(腕を通すゆとりは残して5僂曚鼻縫ットするだけで、何の違和感もなく、普通に持つ事が出来て、実は元々のに比べて持ち易くなるのです。

 和の國とのお付き合い(?)は開店前からで、結構長い私ですので今まで何枚も貰って帰っていたはずなのですが、その小さな気遣いがあったことを今日初めて知りました。
ほんの些細なことかもしれませんが、『ありがとうございます!』と心から思った次第でございました。


余談ですが、
実はお店の裏にはこのタイプのカレンダーが年を変えて3っつ掛っておりますので、結構楽しめ(?)ております。

本日もご覧いただきましてありがとうございました。