NCM_0444

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は21日(日)に開催します、文化講演会(NPO法人きもの普及協会 主催)のご案内でございます。

今年はプロのお着物ライター:安達絵里子さんをお招きしていまして、講演の概要が届きましたので、さっそくご紹介させて頂きます。
(お写真は、今年8月に撮影させて頂いたものです)


----------------------【講演概要】-----------------------------------------------------------------------

「 きものは語る 〜 なぜきものには四季の花が咲いているのか? 」

 梅、桜、藤、橘、菊、紅葉、水仙……友禅染のきものや帯は、よく四季折々の花模様で彩られています。でも、梅は春に先駆けて咲き、紅葉は秋に赤く色づくので、このような景色は現実として実在しないものです。「一枚のきものの中にどうして四季が混在しているんだろう?」そう思われたことはありませんか?
 
 そんな疑問を感じて、日本のきものの歴史を振り返りつつ、どうしてそのような模様が成立したか考えてみると、日本の素晴らしい美意識や知恵が浮きあがって見えてきます。

 このたび、講演という名の恐れ多いお役目をいただきましたが、これまで20余年のきものライター経験と、一きもの愛好家としてきものに対する敬意と憧れの気持ちを総動員させて、お話しさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

                                           安達絵里子
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


★★★ 文化講演会 ★★★
  「 きものが語る 〜 なぜきものには四季の花が咲いているのか? 」

・日時:10月21日(日) 午前10:00〜12:00
・会場:くまもと県民交流館パレア 9階 会議室2(TEL:096-355-4300)
・参加費:1000円
・お申込先:NPO法人きもの普及協会 (TEL:096-359-0805)



安達絵里子様は、関東ご出身でありながら、熊本にゆかりのある染織工芸作家による作品展等の企画も打ち出され、地元 熊本の染織工芸品をこよなく愛するお方です。
また日頃より、ご自宅はもちろん、外出時もお着物で通され、お着物に大変精通していらっしゃいます。

この貴重な機会に、みなさま是非お誘い合わせの上、ご参加下さいませ。。。
なお、講演会の後は、街中でランチも予定しております。



今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン