写真

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
野山も薄化粧を始める中、角川学芸出版の打ち合わせを兼ねて、2泊3日東京に行ってきました。
東京ではまた、たくさんの学びがありました。
東北の美しい女性の生き方に、感動しました。
「お気を付けて」のことばが、こんなにも暖かく琴線にふれるものだと教えてくれました。


昨日は、夕刻より福岡に出かける予定をしていたので、東京発10時30分のANAで帰りました。
割と飛行機を利用するのですが、始めてボーイング787にご縁がありました。

子どもが始めて飛行機に乗って、キョロキョロしている感じだったのでしょう。
丁度、お近くのキャビンアテンダントさんも親切丁寧に教えてもらいました。
窓もタッチパネル、携帯の充電もできます。テーブルを下ろさずにコップを置け、雑誌置きも下の方に設置なので、狭く感じません。ビデオも見たり、タッチパネルで遊べます。
背もたれの枕も首を固定できるように動かせますので、横に倒れるように眠ることもありません。

狭い空間の中で、最高の空の旅を演出してくれています。
そんな中、「トイレはどうだろう?」と行ってみたくなりました。
後方右に座っていたので、立ち上がろうとしていたら、さっとゆうこさん(仮名)が近寄ってくるやいなや、「おトイレでしょう。中央左手(ABC側)は、中に窓が付いていますので、丁度ご案内しようと思っていました。」とのことです。

先導してもらいました。
今まで飛行機のトイレといえば、狭いのが当たり前でしたが、倍の広さがあります。そして、光が注がれています。
なんど、トイレに窓がついていて、そこから外の景色、トイレから日本の風景を眺めることができるのです。
おかげ様で、今までしたオシッコの中で、「気持ちいいオシッコベスト3」に入りました。!(^^)!

5〜6年はなるでしょうか、京都の美山荘を彷彿させるような演出に目を細めました。
日本人ならではの繊細な美意識が、トイレにまで窓をつけてくれたのでしょう。
そんなこんなで、今日のお写真は、トイレの中からパチリです。!(^^)!



いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
今日は4週目の月曜日なので、きものサロン和の國は久々定休日です。
ご迷惑をおかけしますが、またあす以降、笑顔でお待ちしております。


和の國 茨木國夫
090-3600-9495