写真 (24)

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
昨日は、午前中から、熊本県商工会女性部の催し「和塾イベント」に参加させていただきました。
本来なら、かみさんが参加だけど、丁度本の出版と重なったので僕が、熊本市内の中心街にあるイベント広場「美プレス広場」に立てせてもらいました。

小雨模様でしたが、お天気も今後を占うように回復してきました。
チョッと手が、かじかんだりしましたが楽しく過ごしていました。
そんな中、可愛らしい高校生との出会いがありました。
お写真左が、真琳(まりん)さん、右が玲奈(れな)さんです。

何故かダイエットの話から始まり、僕は「食べないこと。」を言いました。
仲良くなってきたので、「髪染め必要なし。磨くのは笑顔!目(アイカラー)も、いらん。」
「変なおにーちゃんにナンパされたかったら別だけどね・・・。」
などと、持ち前の持論をお話させていただきました。

次第に、???からキラキラ瞳になってきてきます。
おかげで2ショット。
まだ、読んでないのに、「これ、おかーさんにプレゼントしようかな?」などと、嬉しいことも言ってくれました。
僕は最後に、「悩んだらこの本読んで。そして、書いてあることの意味が分からなかったら、尋ねに来てね。」

・・・と言いました。
本がご縁で、様々な出会いがあります。



写真 (26)

また、同じ場所で、一鴻の博子ママにお会いしました。
踊りのお師匠さんでもありながら、箸の文化を継承しょうとなさっていることを知りました。
とっても、嬉しかったです。
すごいな〜、と思いました。

自ら削り、そして漆を塗る。 
それを地元の小学生などに出向かれ、「マイ箸」の体験学習講師。
箸を日本人らしく使うことはもちろん、一つのものを大切に使うことの大事さが分かってくれる子どもさんが、たくさん増えてくることでしょう。!(^^)!

箸の持ち方、箸を口に持って生き方など、僕なりの持論があります。
皆んなで「和文化の継承」ができることが、とーーーっても嬉しいです。
やっぱり「和のチカラ」は、偉大です。無限です。




写真 (23)

それから、KAB朝日放送の門垣逸夫会長を過日訪ねました。
久しぶりにお会い出来ましたが、そのユニークさと懐の広さをまたまた感じさせていただきました。
なんか、味のある男、甘い男っていいな〜と思いました。



そして昨晩は、記念祝賀会を地元・菊池で開催させていただきました。
そちらの模様は、たぶん、ミーッキーさんがアップしてくれることでしょう。

いつも和の國ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
茨木國夫拝
090-3600-9495