みなさま こんにちは ♪ 
木曜日担当 野田和子です (*^_^*)


早速ですが、タンスの奥に長らく眠ってしまっているお着物はございませんか?

仕立てて一度は着てはみたけど、何となくしっくり来なくて・・・以来、仕舞いっぱなし。
頂いた着物があるけど、寸法が合わなかったり少し地味だったりで・・・

など、理由は様々でしょうが、何とか着てあげられないものかと気にはなるけど着る機会がなくて、とお思いのかたは沢山おいでではないでしょうか。

そこで、一つオススメがございます。

いろんなリメイクアイディアが浮かんできますが、その中でもこの寒いシーズンならではのモノ、着物を着た時に一番上に羽織る上っ張りや袖無しなどにお仕立て直しはいかがでしょう。

と申しますのも、最近の私の和の國での業務は、専ら大好きな“繕い物”や“お直しもの”を仰せつかっておりまして、例えば

,桓分用にお仕立てになっていた大島の袷羽織りを、お袖を外して袖無しに変身。

¬斂覆励海涼碓當甲紊鯆困れた方は、裄(袖の長さ)も丈も短いため、袖を外して底を大きく作り直して袖口にはゴムを入れ、丈も少し短くして、普段に気軽に羽織れる上っ張りに改造。

C棒物の夏の着物を頂かれた方のお直しは、元々縫ってある糸が時代を経て劣化していたので、解いて洗い張りの後、防水ガード加工をして新たに暑い時期に上から羽織る“塵よけ”に生まれ変わる。

 などがございます。

 これらは、女将さんがお客様からのご相談を受けて、実際そのお着物を見ながらご本人様とご相談して決まったものです。

 他にも、「雨コートを持っているけど、椅子に腰掛けたりした時に裾が開いてしまって着にくくて・・・」とお持ちになったお客様には、ホックの数を下まで増やしたり位置をずらして付け直すご提案や、男性物の羽織のち(紐を付ける部分)の位置をその方の体型にあった位置に少しずらす、などほんのちいさな工夫でお客様が着やすく感じていただけるご提案をさせていただいております。
 
 どんなに些細な事でも、不都合があれば袖を通す気が薄らぐものです。
和の國にいらして、お気軽にご相談(雑談)くださればきっと解決の糸口が見つかること請け合いです。
眠っている着物も日の目を見られて喜ぶ事でしょう。

 本日もご覧頂きましてありがとうございました。