blog


みなさま こんにちは ♪
木曜日担当 野田和子です (*^_^*)

少々遅ればせながら、
明けましておめでとうございます。
本年も引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2013年が明けましてすでに10日を過ごしてしましたが、本日は大変寒い一日となりました。


1月は“行く”、2月は“逃げる”、3月は“去る”・・・という言葉がございますが、どなたが言い出されたのか、良く言い当てたモノだなぁ〜と毎年この時期には決まって感心してしまいます。

 そんな寒い中ではございますが、本日も和の國には沢山のお客様にお立ち寄りいただきました。
お客様の近況を楽しく伺っている中で、お客様のお一人 ともみさま の今年のお正月のご様子を聞いておりましたら、新年のご挨拶に和服で出かけられて、ご主人様のご実家ではお母さまやおばあさまにとても喜んでもらい、着物の話しにしばし花が咲いたとのことでした。

 ただ、お母さまおばあさま共に「『着物は持っていて、着たいけど帯結びが難しくて・・・』と言われるけど、私が結んであげられればいいけどまだ出来ない。」と残念がっていらっしゃいました。

 ともみさまは昨年の秋から、月曜日の着付け教室でとても熱心(意欲満々)にお稽古されていて、12月の目標は「新年の挨拶は自分で着物を着て回る」でした。
みごとに“有言実行”となった訳で、次の目標は「ひとへの着せ付け」とおっしゃっていました。 



 今月の着付け教室は1月21日からとなっております。
私も心新たにまた頑張ろうと思いますので、重ねましてどうぞよろしくお願い申し上げます。



 本日のお写真は苺なのですが、この苺、年末に目にしますとケーキばかりを連想してしましますが、年明けて見てみると不思議なことになんとなく春を感じさせてくれます。まだしばらく厳しい寒さが続きはしますが、お天気の良い日などは日に日に日差しが明るさを増して春の訪れを近くに感じることが出来、気持ちも元気になってきます。

春が待ち遠しい睦月でございます。

(覆っているフィルムにくまモンが苺を掲げている小さいシールが貼ってあるのはご覧いただけますでしょうか。)


本日も最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。