1

みなさま、こんにちは。再び、スタッフの鋤先美紀子です。
13日(日)は、NPO法人きもの普及協会のイベント、「大人の新年会」が、熊本市内の料亭「松葉」で開催され、昨日(1/14)の毎日新聞にも記事が掲載されました。

今年も会員の方に加えて熊本白謡会のメンバー、またそれぞれのご友人・ご家族も一緒に、30代〜80代の方々にご参加をいただきました。

11時開会からの1時間は、熊本白謡会による、お仕舞いとお能の発表会です。熊本白謡会のメンバーは年々お稽古に力が入り、今年は月に一回お稽古を、と意欲的。。。
今回はお能のイロハ解説があり、また、高砂の千秋楽のひとくさりを皆で何度も歌ったそうです。
写真 (2)

静かなる凛とした動きと、会場に響き渡る力強い声が、皆さまをその独特な世界へと引き込んで行くようで、頂いたアンケートにも、感動しました。。。というお声が上がっています。(下記にアンケートの内容を添付しています。) 

発表会終了後は、新年会です。
写真 (1)

「昭和初期に建築された建物・お庭なども見事で、それにも増して、料理もとっても美味しかった。さすが松葉さん。和服と和食で、たくさんの「和」が生まれました。 」(代表 談)


ご参加者の中には、「NPO法人オーケストラ創造」代表の坂本一生様もいらっしゃり、2月コンサートのご案内をされますと、すぐに多くの方が「参加します」と・・・。

お着物を着る機会、ということだけでなく、違う分野の方々同士の交流も生まれ、嬉しく存じます。

今年も、雅やかでにぎやかで、和気あいあいの新年会です。。。


----ご参加者のお声----

●日本の文化に接する機会がとてもありがたかった。 松葉さんは料理もおいしくて、よかった。 日本文化と着物は比例するので、このNPO活動で、日本の伝統文化に接する機会をつくってほしい。
                                        (匿名希望)

●お仕舞とお謡いは、みなさん真剣な感じで非常に良かった。 食事も、いい料理でした。
                                        (一生様)

●今迄経験したことがない機会に恵まれた。 國さん夫婦とその仲間も素敵。 このNPOの活動を、今のままつき進んで下さい。
                                        (顯先生)

●着物を着ることは出来ませんでしたが、楽しい会に参加させて頂き、感謝でございました。 会場の松葉さんも、とても素晴らしい“おもてなし”で、満足いたしました。 健康でまた参加出来ることを願っています。ありがとうございました。 和の國のご夫婦の、楽しい自由なお心に感動しています。これからも、いのちのある限り参加させて頂きます。
                                        (寿幸様・照枝さま)

●お仕舞とお謡いは、身近に拝見できて、楽しいひと時でした。体験教室も、おもしろいかもしれません。 松葉さんは、お料理・雰囲気共に素敵でした。 NPOの今後の活動として、男性や子供達の着物を着る会等、色々企画して下さい。
                                        (素美さま)

●お仕舞とお謡いは、(する側で)緊張しました。 松葉さんは、お舞台がやりやすかったです。 これからも、機会が合えば参加させて下さい。
                                        (さおりさま)

●お仕舞とお謡いは、(する側として)来年はもっともっと練習して、成長したいです。 松葉さんは、食事がテーブルで良かったです。来年もぜひ来たいです。
                                        (智美さま)

●お仕舞とお謡いの、腹の底からの発声に感動。「安定感」の再認識。 (会費の割に)松葉さんは料理がよく研究されている。美味。 今後も万事よろしく。
                                        (孝一様)

●お仕舞とお謡いは非常に良かった。 会場は、お能の舞台と新年会の場所が違っている方が良いです。
                                        (晃輔様)

●本物の文化にふれて、心が豊かに成った気分で、とても貴重な時間で、とても感謝致します。 今後共時間の都合が合えば、出来るだけ参加したいと思います。
                                        (あや子さま)