写真 (76)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
何か、第一級の寒波が来ているそうですね。
暖かくしていますかーーーーーーー。


今日は、和の國にとって記念日となりました。
何の記念日かというと、「くにモン羽織」初お披露目記念日でした。
・・・と申しますのも、ずっとずっと、僕のモヤモヤとした価値観がありました。

それは、仕入先さんが、スーツ姿で月に一度、京都からお越しになることです。
別に、現代の世の中、スーツが当たり前ですが、せめて、この「着物」という民族衣装のお仕事させていただくなら、仕事の時ぐらいは、「着物を着て欲しい!」という価値観が僕にあるからです。

一時は、「業者の方のスーツ姿は、和の國環境保護の為お断り!」という紙を貼ろうかさえ考えました。
しかししかし、そのことをこちらから言うより、こちらからお願いするのが筋だと思い、和の國にお越し頂いたら、スーツの上着を脱いでネクタイを外し、くにモン羽織を羽織っていただくよう、準備をしていました。


相目出度く、その第一号が、京都・染の川勝・北川博章さんです。!(^^)!
北川さんは、真面目を集めたような人物で主旨にご賛同いたただき、附下げの別染をする時に、その羽織を羽織っていただきました。

感想をお聞きすると、「そうですねーーーーー。ご主人のおっしゃること、ほんまでっせ」と、ややハニカミながらお答えいただきました。
こうやって、洋服と和服が融合し、きものの和が広がってゆくこと、とっても嬉しくまた有り難く存じます。


いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
茨木國夫拝 090-3600-9495