季節を感じよう

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

春の訪れまで

IMG_6176

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

大寒を過ぎ、熊本では大分寒さも和らいでいくかと思うと、嬉しい思いです。

さて今週の和の國には、ところどころに 日向みずきの枝が活けてあります。。
芽がたくさんついていまして、ほんのり赤く色付いたものや黄緑色の芽・・・と、色も変化しながら、これからだんだんとふくらみ、花が開いてくれる日が、今から待ち遠しいです。

自然界の植物は、こうして季節ごとに地上で芽吹き、一年後の同じ時期に又巡り合える、という、正しい営みをしていて、改めて敬意の念が湧いています。

春の訪れまで、あと少しですね・・・。


本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

語らず美しい・・・。


写真 (72)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
土曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか・・・?



花は、どんなに寒くても、一言も語らず・・・強く美しく生きています。!(^^)!

「沖縄の酒器」に「胡蝶侘助」(こちょうわびすけ)を活けてみました。

この酒器というか、花入れは、抱瓶(だちびん)と呼ばれる携帯用の酒器です。腰にあてがって携帯し、飲みたいときに取り出して飲んだそうです。



いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。

さて今から僕も、お腹温めまーーす。!(^^)!
茨木國夫拝

念頭にあたり・・・。

写真 (67)

和の國ファミリーのみなさま、明けましておめでとうございます。
旧年中は、何かとお世話になり誠に有難うございました。
拙者のつたないブログにもお付き合いくださり、本当にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

和の國では、今日3日が仕事始め。「熊本ゆかりの染織作家展」で幕を開けました。
おかげ様で先客万来。11時の開店からお客様続きで、有り難いご縁が広がっています。
ほんの少し風邪気味でしたが、それも吹っ飛ぶほと初日からお客様続きで、今やっと一段落です。ほっ。。。




さて本年は、「本音」がキーワード。
僕は、「着物が普及しない本当のワケ・・・3つの悪徳業界」という内容をお伝えしたかったけど、お話するのが怖かったです。昨年、本著「「和で幸福になる三十三箇条」を書かせていただいたことで、恐怖感より、本音を語って着物を普及していくことがより大事だと思えるようになりました。
また「和」という観点から、「日本人としてどうあるべきか」・「日本人としてどう生きていくべきか」など、僕が着物を20年着続けて育んだ価値観などもお伝え出来ればと考えています。

僕は、自己中心・我欲人生でした。まだまだ、いい加減で中途半端人間に変わりはありませんが、少しでも言っていることとやっていることの違いがなくなるよう、また、着物を通して社会貢献ができるよう、全身全霊をもって歩んでゆきます。
どうか、今年もよろしくお願いいたします。



きものサロン和の國 茨木國夫拝
090-3600-9495

12/29は、無事の会

写真 (65)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
今年もあと3日、如何お過ごしでしょうか・・・。
今日が御用納めの方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・。


さて、僕の好きな禅語に、「無事之貴人(ぶじこれきにん)」があります。
当たり前に過ごしている中、「無事」であることがいかに尊いことであるか、この師走のこの時期になると、いつもこの言葉を思い出します。

本著、着物生活二十年の國さんが伝授する 「和」で幸福になる三十三箇条 (角川フォレスタ)
「和で幸福になる三十三箇条」の第4章、「身体と心が豊かになる―和の習慣」の中に、「美しい日本のことばは、幸福切符」のところでも、下記のように書かせて頂きました。



「無事」―シンプルなことばですが、掛け軸には「無事之貴人」と書かれることもあります。12月の暮れ、お客さまのお宅にお伺いしたときのことです。玄関の奥に「無事」という掛け軸が掛かっていました。「いいお軸ですね、心洗われます。今年1年本当にありがとうございました」と、深々と頭を下げ車に乗り込みました。バックをしていたら、すぐ角の電柱に新車がぶつかってゴーン。僕は「ガーン」。なんでここに柱が。こ、これが「無事??」。掛け軸のご利益か、新車がへこんでも、僕は「無事」でした。


そんなこんなで、無事ということば自体が大好きになり、一年の締めくくりとして「無事であることを祝う会」≒「無事の会」を、和の國の千秋楽の明日29日にやりたいなーーと思い立ちました。
恒例の、一品持ち寄り、会費1000円。
時間午後7時〜ですが、それだけではなんか物足りなく、「僕が『なんちゃって落語』を一席もうけさせていただこう!」と、右脳がおしゃべりしました。

しかし、自業自得とでもいうのでしょうか。「僕に迫ってくるプレッシャーゆえ、ほとんど告知しませんでしたが、明日に迫りつつ、バンジージャンプをする気持ちで、今投稿しています。
「なんちゃって落語」は、僕の大好きな「芝浜」です。
ひっそりと、午後6時から和の國で行いますよっ。!(^^)!



もしも時間が取れたり、チョッと冷やかしでも。。。
とお考えの方は、友達を誘わないで遊びに来てくださいねっ。
今回は少人数の会となりそうなので、また違った楽しみがあるかもしれません。
何かございましたらお気軽に、ご一報くださーーい。

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
茨木國夫 090-3600-9495

展示会が始まりました。

写真 (57)

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
本日より、「和で幸福になる三十三箇条」 出版記念展が始まりました。
出版記念展ということで、早速本を読んで頂いた方々にもお出かけ頂いています。

代表に、大学での講義についてお話をして下さる先生、また、代表と同じ思いで「熊本を文化の街に」と(ピアノコンサート等の)活動をなさってる益代さま、そして、今日も追加で本を2冊お求め頂いた昭子さま。
昭子さまは先日の「和の会」や、9日の落語会にもご参加をいただき、和の國に集う人々が毎回多岐に渡る分野の方々ということに、改めて魅力を感じていただけたそうです。。。

また先ほどより、「初めてなのですが・・」と美樹さまがいらして下さいました。始めは「上田和裁さんに紹介して頂いたのですが、お店に入るのをちょっとためらっていました」とお話しされていたのですが、代表がにっこりと、「ようこそ」と声をかけますと、すぐにリラックスして頂けたようです。

美樹さまのご質問のひとつひとつに、代表と女将さんが丁寧にわかりやすく説明をしつつ、最初に取り入れやすい木綿のお着物から、上質な織りのお着物、そして極上の結城紬まで、お話は尽きません。。
そしてお帰りの際には、この本を、と1冊お買い求め頂きました。
また次回お越しいただける日を想像しますと、嬉しくなって参ります。。。


さて今日のお写真は、お客様にお出ししている和菓子などです。
おなます、お漬物、小豆・・と、実は全てが代表の手作りで、私も先ほど頂戴しました。。。
おなますはお酢が優しく、ほんのりと甘く、お漬物はパンチがあり、小豆は少し固め(代表 談)・・と、3種類の素材も味わいも、とても豊かで、気持ちが温かくなりました。
皆さまにも、是非味わっていただきたいです。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

ポインセチアの彩り

写真 (45)

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
しっとりとした朝、湿気を含んだ朝って、心が満たされていくような感じになります。
お変わりございませんでしょうか・・・?


今、和の國の前の空間には、ポインセチアが設置され、彩を増します。
9年前、このビルが出来た時に、ビルのテナントさんたちの会が発足し、僕は副会長を仰せつかっていました。
その時に、提案させていただいたのが、このポインセチア設置です。
今は、ほかの人が運営なさっていますが、続いているビルの行事なので、こっそり嬉しいものです。!(^^)!


もうしばらくしたら、他のテナントさんも店が開くので、彩り豊かになります。
今日は、「着付け教室」の日で、今日はよりレッスンの予約が入っているみたいです。
僕は、熊本ゆかりの染織作家展の案内状作ったり、銀行さん用に僕がもっとも苦手とする数字(資金計画表)を作ることが、最優先の仕事です。




最近思うこと。。。。

嫌なことから、逃げないこと。後回しにしないこと。。
正面突破、一点突破!!
そのイヤなこと、目を背けたいその奥の蓋を自分であけたときにこそ、喜びや感動が待っているような、そんな気がしまーーす。

今日も、笑顔で楽しく…美しい一日を!
胸を張って、ぴしっと行きましょうねっ。!(^^)!

きものサロン和の國
茨木國夫拝
096-359-0805



追記:
そうそう、昨日お越しいただいた千栄子さまご一行は、僕が25年ほど前、ずっと飛び込みの振袖新規獲得営業をやっていてご縁を頂いたお客様です。
ほんとうに、ひさーーーーーーーーーーしぶりに、お出かけ頂きました。
「きものとなったら、絶対いばらき(和の國)さんですよ。」

最高の褒め言葉を胸に刻み、世のため、人のためとなるように笑顔で頑張りまーす。!(^^)!

オリジナルカレンダー

IMG_5970

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

ただ今の時間(11月25日(日)13:30〜)、熊本市 上通りの本屋さん:「まるぶん」さんにて、『「和」で幸福になる三十三箇条』のサイン会が行われています。

先ほど直さまがお店にいらっしゃり、「13:30〜ですよね。今からサインもらいに行ってきますね!」と、足早にお出かけ下さいました。
直さま、ありがとうございます。


さて今日は、和の國オリジナルのカレンダーを写しております。
先日届いたばかりでして、毎年この時期になりますと、近くにお住まいの方々からも、「カレンダー、できましたか?」と、楽しみにして頂いています。

二か月で一枚となっているのですが、私の友人は、「この色遣いや和のモチーフが凄く味わい深くて、最初すぐには気付かなかったけれど、月日が経つうちに、どんどん愛着が湧いてきたの」と、ファンになってくれました。

店頭でもお渡しをさせて頂いています。
どうぞ、お出かけ下さいませ。。。



いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

小さな紅葉

IMG_5753

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

皆さまもご存知のように、和の國が入っているビルは、1F店舗部分の前がオープンスペースになっています。
お店の前(お店に向かって、右側です)には、開店時にミニテーブルや座布団を出して、通りの方々にもちょっと休憩して頂けるようなコーナーを作っています。

そしていくつかの植物が、大きな植木鉢に植わっているのですが、先日からもみじの葉が色付き始めました♪
10月末から急に気温が低くなりましたが、そのお陰で、山間部では今月中旬か下旬頃には美しい紅葉が広がる景色を望めそうですね。

熊本市中心部にある和の國の前でも、この紅葉が、行く人々の目に留まっているようです。
季節季節で彩りが加わったり、色みが変化して行く様を目られることは、ちょっとした発見で、心に潤いがもたらされます。
四季の変化のある日本は、一年の景観が充実していて、そこに暮らしている私達は幸せですよね。。。


本日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

かわいい! りりしい! 七五三


IMG_5762_3

みなさまこんにちは、スタッフの大久保睦美です。

本日は小西テツ子さまご一家がご来店され、私もお孫さまの七五三のお着付けのお手伝いをさせて頂きました。

れいなちゃん、あいき君、ゆうた君は元気いっぱいで、すぐに店内が和気あいあいとなりました。

お着付けが進む中、和やかな談笑やおじいさまの写真撮影、ご家族みなさまの楽しさや温かさが店内いっぱいに広がりました

立冬も近づき寒い毎日ですが、私もパワーを頂きました!
これからも、寒さに負けず頑張って参ります。

本日もご覧頂き、誠にありがとうございました


美味しい栗ごはん

IMG_5755

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。

今日は開店と同時に和代さまがお越し下さり、作りたての栗ごはんを頂戴しました♪
「今日はお2人だけ、というのをブログで見まして、差し入れを持って来ました」と。
何と有り難いことなのでしょう・・・。スタッフの私達2人のために・・・。

頂いた栗ごはんは、栗自体がとっても甘く、何種類もの穀類が入っています。
ごはんにも甘味がありまして、つるつると喉越しが良く、二人で大変美味しく頂きました。
「生栗を数週間、冷蔵庫で冷やすと甘くなると聞いて、しばらく(何日間か)冷やしておいたんです。それで今朝炊いてみたら、本当に甘かったので」と和代さま。


温かく幸せな気持ちで、お昼にしっかりと、心も充電させて頂きました。。。
お手間のかかる手作りの栗ごはんを、本当にありがとうございます。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

冬支度

biog


みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

昨夜の小嵐(?)のお陰で、今日はしっとりとした秋の空気となり、晩秋の味わいも深くなってまいりました。

 早速和の國では、一足早く冬支度が一つ整いました。
日頃ご来店のお客様に、お抹茶やコーヒーなどのお飲み物をお出ししておりますテーブルの鉄瓶が掛けてある風炉が、夏仕様のすっきり爽やかな“染付”から冬仕様の温かみのある“備前”の焼き物に替わりました。

 茶道では、11月になりますと炉開きをして、今年5月に採れた新茶を茶壷に入れて半年間寝かせておいて、熟成した今の頃に石臼で抹茶に挽いて、自然の恵みに感謝しながらお祝いをして頂きます。

 和の國では、季節感たっぷりで楽しく麗しく着て頂けるお着物や帯のほか、少しずつ色付いてきた紅葉なども店内のあちらこちらでみなさまのご来店をお待ちいたしております。
 袷のお着物を着るのに、ちょうど良い季候となりました。着物を着たいけど行くあてがない、とお思いの方は是非お着物姿で和の國にお越しください。お洋服の方ももちろん!“お茶を飲みに”どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

 本日もご覧頂きましてありがとうございました。

月を愛でながら

IMG_5592_1

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
昨日まで実家の用事等でお休みを頂き、熊本に戻ってまいりました。
朝晩は、もうずいぶんと涼しくなっていたのですね。。。


さて今日はお久しぶりに、直美さまがお越し下さいました。
うさぎをモチーフにした絞りの帯を、芝崎重一さんの無地調子のお着物に合わせられて・・・。
お月見の頃より、あとしばらくの間は、この帯でお出かけなさるそうです。
とっても素敵でしたので、お写真を撮らせていただきました。


直美さま、本当にありがとうございます。
その時期その時期に現れる花鳥風月を、文様や素材感で楽しむことができ、見ている人の気持ちまで豊かにさせてくれる・・・。
お着物とは、本当に奥の深い、優美な衣服ですね。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

くにモン、徒然日記

NCM_0546

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
ご無沙汰致しております。
お変わりございませんでしょうか・・・?

でも変わりましたね、雲の形が。
一昨日でしょうか、うろこ雲が広がっていました。
風もまた、秋風になってきたような気がします。

そして今日は二十四節気の一つ、「白露」です。
過日、「処暑」だったのに、季節はどんどん進んでいきます。
かみさんの実家のワイナリー:菊鹿ワイン・セレクション小伏野が、今年もまた夜中収穫のナイトハーベストに選ばれていたので、月曜日から火曜日にかけての真夜中12時からブドウの収穫にいってきました。

3日月曜日は朝4時に起きて11月出版の原稿作成、朝一の飛行機で京都に飛び、最終で帰ってきました。
乗り物の中では、ずっと原稿修正をしていました。
そして、夜の10時半から、菊鹿の目的地に向かいブドウの収穫。僕の担当は、みなさんが積んでこられたブドウを計量し、車に積む作業です。

約一時間、一時過ぎには収穫を終え、最後の片付けまでして2時過ぎには終わりました。
指で数えてみたら、22時間頑張ってました。!(^^)!
今年は、特にいいブドウがとれましたので、またまた一年後が楽しみです。




それが月曜日。火曜日も水曜日も木曜日も、原稿を書く作業を中心に、そして日常業務も楽しくこなしてきました。
マンションに、ヘッドマッサージのチラシが入っていました。
気分転換に行ってきました。

とっても気持ちよかったです。
しかし、終わってから「肩こっていますね、目も疲れていますね。定期的に・・・」と言われ続けたので、閉口してしまいました。
差し引き、うーーん。
でも、やっぱり+です。

秋からまた忙しくなるので、スタッフも募集するようにしました。
それが、下記の写真です。今日の「求人案内」に載る予定で、また楽しくなりそうです。



今日は11月18日(日)のパーティの件で発起人の方にご挨拶に出かけたり、銀行さんにお顔出したりして店に入ります。
そうそう、パーティも下記のように2会場でさせていただくことになりましたので、また100倍頑張らなければなりません。


きもの屋いばらき〜和の國100周年&
「幸福になる和の習慣」出版記念パーティ

日時:平成24年11月17日(日)午後6時始〜
場所:菊池観光ホテル2F
会費:¥7.000-

日時:平成24年11月18日(日)午後6時半始〜
場所:熊本ホテルキャッスル2F
会費:¥7.000-


最初の予定では、和の國のお隣のキャッスルさんでさせていただく予定にしていましたが、菊池で散歩中、「あ〜、地元でやんないとダメだな。地元のおかげだよな〜」と思いました。
そこで、色々と考えた結果、2つの会場でさせていただくことになりました。
どうか皆様のご協力・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。





それから今頑張っている出版ですが、タイトルは100%決まっていません。
その決定権は、出版社にあるからです。
でも僕の中では、「幸福になる和の習慣」になってほしいと願っています。

本当に、いい本になりそうです。
くすっと笑いながらも、なるほどね〜と思ったり、心がほっこりするような本です。
また本のことについては、9月15日過ぎると、初稿完了になりますので、またお話させてください。
そして、和の國ブログをご覧の皆さまで応援していただけると有難いです。



着物のことなら、和の國へ。
昨日も、洗い張りなどたくさん注文うけました。
大切な着物は、和の國へ。
私たちにお任せください。





それから、今自分自身の肩書きを考えています。
どれがいいでしょう。。。ホラですが。。。!(^^)!

・きもの文化伝承家
・和服マイスター
・和の達人
・和の夢先案内人
・着物ブームの火付け人
・和のカリスマ


また何でも教えてください。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。

皆さまにとっても、素敵な一日になりますように・・・。
きものサロン和の國 茨木國夫拝
090-3600-9495

NCM_0547


秋が来ました ♪

blog


みなさまこんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 早いもので今年も9月に入りまして、朝夕はとても涼しく、日中の日射しは強いものの、木陰を渡る風に秋を感じられるようになりました。
 先日は豊野の物産館から梨、柿、栗、もちとうもろこしが届き(家人購入)ましたので、早速“栗おこわ”を焚いて秋の山土産(やまづと)に感謝しながら、秋の到来を喜びました。
 栗は結構甘く、とてもほくほくしており、夏の暑さを乗り切ることが出来た事へのご褒美と思っていただきました。
 また、もちとうもろこし(ご存知でしょうか)は昔ながらの味なので、スイートコーンに比べるとさほど甘味はありませんが、もちもちぷちぷちとした食感を楽しみました。

 これからまだまだ自然界の恵みが沢山出回る事でしょう。
期を逃さず、旬をたっぷり味わって、冬籠りの支度をしたいと思っております。


 本日もご覧頂きましてありがとうございました。

残暑

120802_104357


みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子です (*^_^*)

 早いもので8月も後半となりました。
日中は相変わらず残暑厳しい日々が続いておりますが、このところ毎日の夕立と日の出・日の入りの時間が変わった分早朝と夕方には幾分涼しく、過ごしやすくなってまいりました。
それから、夜には虫の声も聞かれるようになりました。

 さて、今年の我が家のグリーンカーテンは“へちま”にしておりまして、初夏から毎日欠かさず綺麗な黄色い花を沢山咲かせてくれました。もちろん実も立派に育ってくれております。
 沖縄では“ナーベラー”とか呼ばれて、若い実を和え物や炒め物にしたりして食されていると聞きますが、我が家では今年までは食卓に上ることはありませんでした。
 その代わりに、庭先ですくすく育っているゴーヤとシシトウは毎日収穫されて来ますので、この夏、口にしない日はないくらい美味しくいただきました。

 ゴーヤと言えば、先日ご近所の方から“サラダゴーヤ”なるものをいただきまして、初めて目にしたのですが、グリーンの色が少し白く、イボイボが丸くて滑らかな感じで、全体的には短くて丸っこい形でした。
持ってきてくださった方の「薄く切ってドレッシングを掛けて食べなっせ!」とのお教え通りに生で食べましたところ、風味や食感(今まで生で食べたことはありませんが、包丁の感じから)は従来のものとほとんど変わらず、苦みと香りがとても少ない感じのものでした。(が、2度目に食卓に上る事は・・・)

 観賞用のお花やグリーンに限らず、野菜も日々進化しているのですねぇ、、、


本日もご覧いただきましてありがとうございました。

仙台に思いを馳せながら

NCM_0497

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
昨日の雷雨凄かったですね。
雲の動きを眺めていたら、バチッと光ったと思ったら、雷さんがドドドドドーーン!
飛び上がる程でした。!(^^)!

今日は、24節季の一つ、「立秋」です。
今日からは、季節のご挨拶も、「残暑見舞い」。
後で「元気國さんメール」を送らせていただく予定ですが、季節は秋に向けてスタートを切ったようですね。
でも、まだまだ暑さ厳しき折です。どうか、ご自愛くださいませ。


さて、仙台の七夕祭りは昨日より始まりました。(ラジオで言っていました)
過日訪れた時に、仙台駅ではこのように大きな七夕さんが飾られていました。
今まで、仙台と言えば、森の都、七夕、伊達正宗、仙台育英、鈴枝さんの転勤先、西村呉服店というイメージがありましたが、ぐっと近くなりました。
しっかり仕事がんばって、東北を旅する形で復興を応援したいと思っています。

和の國は、今日よりまた一週間が始まります。
8/13.14.15とお盆休みを頂きますので、今週が前半戦終了って感じです。
お着物をお預けになってらっしゃる方は、暑いさなかですが、お越しいただくと有難いです。

どうか今週も、よろしくお願いいたします。
着物のことで、お尋ねになりたいことなどございましたら、ご遠慮なく仰ってください。
電話でお尋ねも、OKです。!(^^)!
いつもありがとうございます。
   きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805

夏の香り

IMG_5349

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は7月最後の日曜日・・・、外気もだんだんと高まっています。
ですが和の國店内は、適度な涼しさで、今日もお客様にゆっくりとお過ごし頂いています。

昨日より一泊で熊本へお越しのあけみさまも、展示会の週末を連日お出かけ下さり、今日は小物をお選びいただきました。
あけみさまは宮崎県にお住まいなのですが、「最近頻繁に和の國さんに来ている気がします。 少しずつですが、いいもの、そして気に入ったものを揃えていきたいですね」と。。。

続いて、お久しぶりにお出かけ頂きましたみつよ様(仮名)には、濃いグレー地で縞立ての夏のお着物をご覧頂いています。
季節の文様があしらわれた、涼やかさが広がる素敵なお着物です。
そうしてまた、エレガントな帯も合わせていらっしゃいます。。。



さて今日はお店に出勤しますと、ほのかに甘い香りが漂ってきました。
・・・それは、今年も正男おじさま(代表のおじさまです)にお送り頂きました、桃の香りです。
正男おじさま、毎夏に本当にありがとうございます。
今年も、私達スタッフにも分けて頂いています。

ああー、今年もこの時期にみずみずしい桃を味わえるのだ・・と考えているだけで、口の中で果汁が広がるようです。
暑い時期だからこそ、季節の自然の恵みとして、余計に有り難い味わいでございます。。。


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

夏柑糖を食べに来てください



やっと待ち望んだ九州北部の「梅雨明け」が発表され4日目。
いかがお過ごしでしょうか・・・。
朝から響き渡るセミしぐれが、盛夏をより一層演出してくれます。

そしてまた、昨日は、熊本県の代表校も決まりましたね。
僕が受験をしようとしても、受けさせてくれなかった「済々黌」が、19年ぶりの甲子園だそうですね。
おめでとうございます。
僕も白球を追っかけていた頃を懐かしく思い出しました。
ゆうこさん、良かったですね~。!(^^)!


それから、過日熊日夕刊に掲載して頂いたおかげで、ご新規の方のご来店やご縁を頂いたり、高校時代の怖かった体育の先生より数十年ぶりにお電話頂いたりと様々な反響があっています。
本当に有難いです。

昨日より、大感謝祭が始まりました。
京都・老松の和菓子、「夏柑糖(なつかんとう)」
夏ミカンの皮をそのまま器に使用したゼリー状で、ふるるんとした舌触りが夏みかんの爽やかさを醸し出し、ほんのチョッと苦みが涼やかさを演出してくれます。

ぜひ、食べにきてください。
そして、お買い物もいっぱいして、冷や汗が出るぐらい涼しくなってください。
いつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。

昨晩は、夜八時半位までのご来店、
そして、朝一は京都の女性が、お見えになりました。
今日も素敵な一日になりそうです。!(^^)!
きものサロン和の國 茨木國夫拝


梅雨の中休み

みなさま こんにちは ♪
火曜日担当 野田和子 です (*^_^*)

大雨続きの先週とは打って変わって、久々に晴天の日が続いております。
雨天は、地球上の自然にとって、私たち人間にとっても欠かせないものですが、太陽光も同じように大切なことをこの3日間で実感しております。

“待ってました!!! 晴れの日”
とばかり、家中の窓を開け放って換気をしたり、久々にお布団を干したり、大物の洗濯をしたり・・・と、家の中の空気も、私の気分もスッキリしました。

もう一つ、お天気の日を待ちに待っていたのが、梅干しです。
5月に塩漬けにした青梅を、晴天の日に2〜3日間天日干しにして、再び紫蘇に漬け込むのですが、今年は紫蘇が繁る時期が雨天続きで、晴れてもやっと1日だったため、ようやく今になって干す事が出来ました。
ここで、「紫蘇は・・・?」とお思いのことでしょう。
実は、今年初めて挑戦したことですが、6月の紫蘇の最盛時期、それも前日にしっかりと晴れた(光合成をした)翌日に、母が作っている畑に行き、葉っぱだけを摘んで、塩揉み&梅酢揉みをして青梅の上に仮置きしておいたのでした。

今日、ほんのりピンクに染まって干し上がった梅を、また紫蘇と今度は“段々重ね”に本漬けして、ひと安心というところです。
あとは綺麗な紫色に染まるのをじっくり待つのみ。
楽しみです♪

本日もご覧頂きまして、ありがとうございました。


blog




浜土産(はまつど)さん

NCM_0428

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは&おはようございます。
やっと梅雨らしいジメジメ感が漂っています。
こうこないと、あのモクモクとした入道雲には出会えませんよねっ。
・・・といいつつも梅雨も終盤、大雨などが心配ですが、やはり、いろんな情報にうおさおせずに、毎日自分にできる小さなことをコツコツが一番ですよね。 ハイ



さてさて、過日京都にって、ちご餅と浜土産(はまつど)を買って来たのですが、ちご餅はご来店のお客様におあげしているうちに完売。
そして、浜土産も残り数個となりましたぁ~。
密封された貝の間を貝の要の方から開けると、キラキラと琥珀色のお肌が見えます。可愛らしいえくぼは、大徳寺納豆より一回り小さめの浜納豆だそうです。

甘さ加減も絶妙で、チョッともっちり感もあり、浜納豆の塩けが見事です。
花の都・京都はご存知のように海には恵まれていません。
だからこそ、海への憧れもあり、浜ぐりの貝殻を見事に利用した逸品が生まれたのでしょう。
味もさることながら、「浜土産(はまつど)」というネーミングもオシャレですよね。!(^^)!

そうそう、京都・亀屋則克さんの場所ですが、かの足袋のキング・分胴屋さんの3軒となりです。間口は、ほんと畳1畳分ぐらいしかありません。
車で通ったら、見過ごす程の場所です。
でもその中で、茶道のお師匠さんをも魅了する夏限定の銘菓が生まれているのですよねっ。

日本人の持つ美意識・美学って、ホント素敵だと思います。
美しいもの、美味しいものが大好きな和の國へ、ぜひぜひお出掛けくださいませ。
まだまだ間に合いまーーす。
京都の浜ちゃんも待ってますよぉ~~。!(^^)!
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



追伸:
昨日(7/5付)の熊日夕刊ご覧になりましたでしょうか・・・。
また、こちらも追ってアップさせていただきます。

音遊び?

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は代表が毎月作成している「和の國便り」(七月サロンのご案内)の発送準備を、お客様の合間に進めております。

今回のおハガキは、かもめーるを使用していまして、真っ赤なスイカが大きく印刷されています。
表面が華やいで可愛い!と、目で楽しんでおりましたら、代表が「このはがきは甘いと?苦いと?」・・続けて、「酸(す)いか♪」と・・・。
代表のいつもの音遊び(?)に、今日も吹き出しています。


さて先ほどから、宮崎より明美さまがいらしていまして、夏物やお草履をご覧頂いています。

外を見ますと雨もすっかり上がり、明るい日射しがさし込んできました。
辺りを一回りしますと、ちょっと汗ばむくらいです。。。


このスイカを見ながら、ひと足お先に涼を頂いています。。。

IMG_5255


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。

ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。



にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

紫陽花

599507_286649351434168_951470176_n


みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日は朝一番に、京都の上坂元七商店様がいらっしゃり、開口一番に「熊本の雨は、何とも男らしい降り方やね」と。。
確かにこちらの雨は、降る時は威勢がいいといいますか、大地をジャンプして、また空に戻っていきそうです。

そして、奥のスペース上段に置かれた「だるま」を見上げていらっしゃいます。そのだるまは、代表が「一生きものしか着ない」と宣言をした年に、お客様や問屋さん、ご友人や親族の所を廻り、一言メッセージを寄せて頂いたものなのです。。。

「代表は、きもの生活20年になるんやね。。10周年のパーティが、ついこの間のように感じますわ・・・」と、上坂様はだるまに書かれたメッセージを、一心に読んで行かれました。。。



・・・さて、今日の画像は、代表が用意しているお菓子の画像です。

根来(ねごろ)塗の菓子器に紫陽花の葉を敷いています。
葉の上の金平糖が紫陽花のようで、午後からいらしたお客様も、「うゎあ〜素敵ねえ〜」と高い声でお喜びいただけました。。。
(金平糖は京都「緑寿庵清水」のものだそうです。)


この強い雨の中にも、和の國までお運びいただけることが、本当に有り難いことでございます。。

そして本日も和の國ブログにおつきあい頂き、真にありがとうございます。。。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

夏座敷へ

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
しっとりとした雨の一日となりました。
店の前のシマネトリコやケヤキ、それに鉢植えにしているモミジなどが、頭らからシャワーを浴び、嬉しそうにリズミカルに風と戯れています。
その風景をみているだけでも、ぽよよーーーんとしてきます。!(^^)!



さて、今朝は和の國のメインテーブルの鉄瓶の風炉を土味のする冬用から、白磁の染付の夏用に変えました。
それに合わせて、敷板も黒塗りから、竹製(巻きずしを握る鬼すだれ)へと変えました。
竹製の敷き物は見立てですが、一気に初夏らしくなり、吹く風も爽やかな感じがしてきましたよぉ~。

店では、お香も焚いていて、今月より練り香より、白檀などの香木へと変えていたのですが、やっと夏座敷。お出迎えの準備が出来上がりって感じです。
そこで早速、お香を焚いたのですが、爽やかな香りが店全体に漂ってきました。香りの文化もまた凄いものがありますよね。
余談ですが、その下には、芝崎重一氏作の麻のクロスをテーブル全体に横一文字で引いています。



そして、店を開ける前に、歯医者さんへ行ってきました。
はあっ???
三か月に一度のメルセデスベンツです。
おっと、歯のメンテナンスです。
何となく似ていませんか・・・。!(^^)! !(^^)!


店もピカピカ、歯もピカピカ、「晴耕雨読」という四字熟語がありますが、「晴耕雨服」というのは、いかがでしょう・・・。
雨の日には、心落ち着け和服を思い出す日・・・。
それが、「晴耕雨福」になったりして・・・。 !(^^)!
和服のメンテナンスも、創業100年の和の國にお任せください。


いつもお付き合いくださり、誠ありがとうございます。
ぜひ、楽しさいっぱいの和の國へお出掛けくださいねっ。
きものサロン和の國 茨木國夫拝
     096-359-0805


今日の画像は、アフター&ビフォーです。!(^^)!
NCM_0342


NCM_0339





ご覧頂いた皆さま~、雨音に乗せて下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


「菖蒲の頃」の思い出

NCM_0297

今日は、24節季の一つ「立夏」です。
お変わりございませんでしょうか・・・?
「五月晴れとは、まさにこの事なり」って感じです。

店で仕事していますが、部屋の中に居るのがもったいないぐらい良いお天気ですよね。
お店もゆっくりとしているし、どっかお出かけしたーーーい。!(^^)!
・・・て感じです。


さて今日は「くにモンの日」。ではなくて、「子どもの日」です。
大事なご節句の一つで、男児の成長を祝う日でもあります。
僕にとっては大事な記念日でもあります。
と申しますのも、僕の天寿全う日が、92歳の5月5日なのです。(勝手にそう思っています)
92歳は、くにおの9と2、そして5月5日で臨終の予定なのは、齢を重ねても、いつまでも子どものような純な気持ちでいつづけたいからです。


チョッと横道にそれましたが、僕は、熊本県文化懇話会に所属させていただいていまして、原稿依頼がやってきました。
テーマは、「菖蒲について」ということでしたので、
少し背伸びをしつつ、能のカキツバタのことでも書こうかと思いましたが、見たり聞いたりした話よりも自分の体験から出た言葉が良いと思い、下記のような400字以内のショートエッセイを書かせていただきました。
稚拙な文ですが、どうかお付き合いくださいませ。







~「菖蒲の頃の思い出」~


「菖蒲」と言えば、端午の節句を思い出す。

僕はふと「柱の傷はおとどしの、五月五日のせいくらべ」を口ずさんでいた。

ご存知、童謡「せいくらべ」の一節だ。

小学校の頃、一つ上の姉と三つ下の弟と背比べをやった。

父が柱に線を引いてくれたが、少しでも身長を高くしようと少し背伸びしていた。

ゆえに、いつも僕だけ父からドンと押さえつけられた。

「頭を押さえ過ぎ」と言ったが聞き入れてくれない。

身長が少しでも高くなること、そして姉を追い越すことが願いだった。




母は、「ちまき」を作ってくれた。

何の変哲もない素朴な味だ。

グルグルと巻いてあるササを外し、竹の香りのする団子を、

砂糖と醤油につけて食べるその瞬間は格別だ。

そして姉よりも弟よりも、誰よりも早く食べてしまうのが自慢だった。

しかし、ちまきがノドにひっかかり、母に背中をドンドンドンと叩いてもらった。

皆、大笑いした。
                
                         茨木國夫 拝  090-3600-9495
      

グリーンオアシス

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
5月に入り、通りの木々も一段と枝葉を伸ばし、緑のシャワーを浴びせてくれています。。

少し雨が降っていても、気持ちのいい日だなあ。。と思いながら店に入りますと、奥の手桶に沢山のグリーンが入っています。
うわぁー、ここにも新緑が〜♪ と心弾み、思わず写真を撮ってみました。
スプリンクラーで水を浴びた芝生のように、生き生きとしています。

二人静や夏ろうばい、楓・・と、5種類くらいの草花です。
代表と女将さんが、GW中もお客様の目休めに・・と、自宅で育てたものや、山野で採ってきてくれたものです。

自然の緑は、本当に清々しくて、見ていていやされますね。。


GWの中日・・、和の國へ新緑を愛でに・・・
是非、お出かけ下さいませ。。。


IMG_5069


いつも、おつきあい頂きありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

山のお花。

IMG_5052

みなさまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日も和の國には、「お着物が好き」「着物っていいですね」とおっしゃる方々がお越し下さっています。

お子さまが幼稚園の年長さんに上がったばかり・・という里美さま(仮名)は、「まだ子供がすぐに帰ってくるので、しばらく着物を着る余裕もなかったんです。でも、ママ友とも、月に一度位は着て出掛けたいよねー、と話しているんです。
着物友達がいると、お互い誘いあって、何か着物を着るきっかけができますよね」と。

今月ご親族の結婚式があり、黒留袖で臨まれるそうです。
当日着用される白い長襦袢と、新しくお誂え頂いた附下げ用お襦袢の寸法のこと等も、女将さんに相談されています。

また、男性の幸一様は、以前和の國で浴衣を作られ、夏の納涼パーティ等でも積極的に浴衣をお召し頂いていたのですが、今回、木綿のお着物に羽織、下駄もお選び頂きました。
「熊本では、冬も木綿で大丈夫そうな日が多いので、これで、ワイン会や色んなパーティに、年間通して和服で行けますよ」と。。。


さて今日もお店の前で「つつじ祭り」が開催され、風船売りの出店やカフェテーブルが、お花で飾られています。

和の國の外看板では、綺麗な紫色のあざみがお出迎えを。そして店内奥のスペースには、生き生きとした「ガマズミ」が飾られています。
昨日の朝、女将さんの実家に行かれ、筍掘りの傍ら、ももちゃん(犬)と散歩に行かれたそうです。
山に自生するガマズミは、こんなにも可愛らしく、花びらも前に向かって開くのですね・・・。

いつも、おつきあい頂きありがとうございます。


追伸です。。。
女将さんのお母様も、近頃はI padでブログをご覧になられている、とお聞きしました。
今日も、康子様にもご覧いただければ嬉しいです。。。

ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

二度目の大学生

NCM_0220

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
「百花繚乱」という言葉がありますが、ほんと今の季節にぴったりで、満を持していろんな花が咲き誇ってきました。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか・・・。
爽やかな朝、一日が始まりましたねっ。

今、菊池の自宅のPCから書き込んでいますが、NHKラジオの音に加え、台所からトントントンと包丁で朝食の具材を切る音が聞こえてきています。
さて、四月新年度ということで、新たな気持ちでお仕事など頑張ってらっしゃる方や、環境が変わった方などもいらっしゃることでしょう。
そんな中、僕は、4月より「ひなみ大学」に通い始めました。
毎週木曜日・午後7時半始〜で、この三ヶ月は、「哲学」なるものがテーマです。

僕は、この言葉を聴いたとき、京都の「哲学の道」が浮かんできました。
しかし、ソクラテス・アリストテレスなどの聖人が出てきます。
僕の頭は、元来横文字・カタカナが頭に入らない構造になっていますが、ここは何でもチャレンジ。
二度目の大学生です。!(^^)!
一生学び続けて、仕事に人生に彩を加えて行きたいと思っています。


今日は、着付け教室はお休みでございます。
この間を利用して、かみさんと士乎路(しおじ)紬の研修に出かけてきます。
場所は石川県なので、福岡空港から小松空港にビユーンとひとっ飛びです。
明日・明後日とスタッフにお願いしていますので、お店は通常通り営業させていただきます。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

いつも和の國ブログをご覧くださり誠にありがとうございます。
きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495



追記:
画像のお花は、万作。花器は、砧型の高麗青磁です。

ご依頼の柄。

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日はさえこさま(仮名)が、薄紅の地色にオフホワイトと水色の草花文が優しく広がるお着物で、お出かけ下さいました。

オフの週末には、ブリティッシュスタイルの乗馬をなさっていて、毎年12月に懇親パーティが開かれるそうです。
以前より「お馬さんをモチーフにした帯があれば、締めて行きたいの」とおっしゃっていたさえこさま。。
今日はその帯が入荷しまして、さっそくお出かけ頂いたのです。

2頭の馬が気持ち良さそうに草原を走っているような、伸びやかな図柄で、ビビッドな色使いの名古屋帯(洛風林製)でございます。。。

一目でお気に召していただき、本当に良かったです。。。


さえこさまは、ゴールデンウイークに東京に滞在される、とのこと。
お友達と、楽しい予定を立てていらっしゃるご様子で、代表が同時期に開催中の国展のこともお伝えしますと、そちらもさっそく予定にプラスされるそうです。

柔らかくお美しい笑顔のまま、次のご予定へとお出かけに。。。
その素敵な笑顔が、今も店内に残っています。。。


IMG_4720


今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

甘い香り

IMG_4725

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日出勤しますと、新しく入荷した木綿のお着物や、洛風林さんの名古屋帯や袋帯が沢山ディスプレイされています。

有職文様、幾何学文の大胆な色使いのものや、お花をモチーフに、抑えたゴールドブラウンやシルバーをあしらったもの・・等、目移りしながら店内を進みますと、ふぅ〜っといい香りが漂ってきます。

お店の奥に活けられた、白いガマズミの、甘い香りです(写真のお花です)。
その優しい匂いの中で、ディスプレイされた一つ一つの帯が華やぎに満ち、花々がアレンジされているような雰囲気です。

色とりどりのディスプレイの中から、お好みの一点を見つけて頂ければ幸いでございます。
街中でのご用事の前後に、是非和の國にもお立ち寄り下さいませ。

いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。


ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

桜に心寄せて

NCM_0193

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
今日もとびっきりの爽快。昨日同様、良いお天気に恵まれました。
そんな昨今ですが、一昨日は24節季の一つ「清明」でした。
よって、僕は下記のようなメールを、ご縁を頂いている皆さまにお送りさせて頂きました。


☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆
今日(4/4)は、24節季の一つ「清明(せいめい)」でございます。
読んで字の如く…清らかで明るく、自然界全てのモノがイキイキしてくる季節となりました。
本当に「清明」らしい一日となりそうですが、お変わりございませんでしょうか・・・?

私事ですが今朝は4時半に起き、熊本・阿蘇でモーニングセミナーを受けてきました。
朝日が外輪山に差込み、山もキラキラと輝いてきました。
大津町・本田技研の近くの桜のトンネルを通り、自宅に帰りました。
そしてもうちょっとしたら、隣県の福岡に向かいます。

ご存知のように良寛さんは、
散る桜  残る桜も  散る桜」と言っています。

そしてまた親鸞聖人は、
明日ありと 思う心の 徒桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは」と言っています。
先人の教えを胸に、「今日も笑顔で、目の前の事に全力で取り組もう!」と心に誓った次第でした。
今日もあなた様にとって素敵な一日、そして僕自身にとっても素敵な一日となりますように・・・。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。






そうしたら、いろんな方からお返事を頂きました。!(^^)!
その中で、それぞれに下記のような句も添えてありました。


あれを見よ 深山の桜  咲きにけり  真心尽くせ  人知らずとも
松原泰道老師(臨済宗の僧)


願わくば、桜の下に春死なむ、如月の望月の頃
西行法師


敷島の 大和心を人問はば 朝日に匂ふ 山桜花
本居宣長



熊本城の桜が、春風と戯れていました。
桜の下では、偉そうなおっちゃんが、新入社員に訓話を述べていました。
地面には、ひらひらと舞い降りた花びらが、重なってゆきました。
地面にもまた、美しい景色が生まれていました。


松尾芭蕉は、
さまざま こと思い出す 桜かな」と詠んでいます。

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
          きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

NCM_0192





追伸:
今夜は、満月ですね。
スポットライトを浴びた熊本城を横目に、今から中央郵便局までひとっつ走り、出かけてきまーーーす。

僕も一句・・・。
日本の 心を映す 花衣     
百花繚乱のこの季節・・・、美と健康を兼ね備えた和服姿で、きものサロン和の國にお出かけくださいませ。
心より、お待ち申し上げます。



記事検索