着物大使923投稿

【重要なお知らせ】  和の國ブログ、こちらへ引っ越ししました。2013年2月以降のブログはこちらをご覧ください ⇒⇒  新・和の國ブログへ

家族だんらん。

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
昨晩、11時頃に休んだら、3時半頃目が覚めました。
「寝ようか、起きようか考え中!」と思いつつ、横になったけど、「起きよう!」と思い、お湯を沸かし珈琲を飲みながら、PCの前に座っています。

ラジオを聞いていると、お盆休みは今週末までの方もいらっしゃるそうですね。
どんなお盆休みを過ごされましたでしょうか・・・。
我が家では、東京に就職している長男が帰省していたので、急きょ、店をスタッフの美紀子さんに任せてだったのですが、来週からモンタナに留学する長女(大学3年)とかみさんと、一昨日、お昼に高森に田楽を食べに行ってきました。

地獄温泉、清風荘の曲水庵で、かも・しかなどの地獄鍋を食べる予定だったのですが、お昼はやってないとのことでした。
そこから約15分、高森まで足を伸ばしたのですが、行った甲斐がありました。
田楽や、地どり、阿蘇牛などを炭火で焼いて食べ、短い家族だんらんの時間でしたが、良い時間でした。

夜は、長男と将棋をしました。
今回、2度負けていたのですが、やっと最後にリベンジが出来ました。!(^^)!
昨晩、長男から「飛行機遅れたけど、無事帰りついた」との連絡が入りました。
ふと、「それぞれの夏が過ぎて行く」と思いました。

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
茨木國夫拝



追伸:
昨日、熱海の「逢初」というお菓子を頂きました。
源頼朝と北条政子の出会いに由来があるそうです。
和菓子の美味しさに、身体全体がふんわかと包まれていきました。
そこには、「歴史ロマンの思いを馳せてお召し上がりください」と書かれていました。

あと、5個あります。
食べに来てくださいねっ。!(^^)!


お店開けています!(^^)!

NCM_0525

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
和の國では、昨日(16日)よりお店営業いたしました。!(^^)!
開口一番、たくさんのお客様に恵まれる気持ちでしたが、ご来店はお一人のみでした。
まだまだ、お盆で暑いさなかです。
ゆえに、自分の仕事がサクサクと前に進んだことを感謝した一日でした。

さて今東の空をみますと、夜もしらじらと明けてきています。
昨日のダイナミックな空にと比べると、今日はおしとやかな朝のようです。

今日の画像は、昔懐かしい、すいかの浅漬けです。
トマトの色ときゅうりの触感なので、2倍美味しいです。
「もったいない」を合言葉に、食も見直し、
そして、日々、日本人の喜びを感じつつ、心豊かに過ごしてゆきたいものです。

いつも和の國ブログをご覧下さりありがとうございます。
今から、熊本城一帯をさるいてきまーーす。!(^^)!
きものサロン和の國 茨木國夫拝
096-359-0805


追伸:
8/26のコンサートも満席まで残りわずかです。
お申し込みは、お早めに! 
お電話お待ちしていまーーす。!(^^)!

年を重ねる喜び

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
昨日は、自宅から出勤。菊池本店のスタッフとも話が出来ました。
そして、その恵美子さんから「ご主人、熊本城一周なさったのですね」と言われました。

熊本城一周は事実ですが、それだけでなく・・・
「あの24節季の國さんメールは、韻を踏んでいるよ。」と言いましたが、「???」だったので、チト説明。
まずは、そのメールにお付き合いください。


☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆
今日は、24節季の一つ「立秋」です。
まだまだ、夏は気合十分なのに、暦の上では今日(8/7)から初秋、残暑ということになります。
改めまして、残暑お見舞い申し上げます。

今朝は、立秋を意識しつつ、熊本城を一周してきました。!(^^)!
空の景色も、モクモクとした入道雲から、幾分ハケですーっと引いたような雲に変わってきたような気がします。
ふと「24節季」の事を考えていたら、その季節がやがて訪れるので「季節の夢咲き案内人」と思うようになりました。

チョッと「秋が訪れようとしている」と言ったら早いような気がしますが、季節を肌で感じられるというか、その気配を感じるという所に、日本人の感覚の豊かさや美意識がつまっているように感じます。
この暑さの中に涼しさを、
心の中には豊かさを!!

☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆

僕は、立秋と一周を掛けました。
そして今頭の中では、一周と駈けるがリンクしています。
そうそう、僕は24節季メールを5年程配信させていただいていて、24節季メール≒季節の夢咲き案内人と書かせていただきました。

初めて「季節の夢咲き案内人」という言葉が出てきたことが、嬉しかったです。
年を重ねると、おっさんやおばさんになってきますけども、反対に若い時には感じ得ることができなかったことが、感じるようになることが一番の年を重ねる喜びかと思います。
「番茶梅干し医者いらず」の事を書く予定が、書いているうちに内容変更となりました。また書きます。


今日の画像は、チト恥ずかしながら甚平姿です。
もしかしたら、ブログ初登場の丸秘スタイルかもしれません。!(^^)!
所により小雨、雷さんがゴロゴロとなる中、帯山西小学校前で「きもの普及協会」のポスターを、コミュニティボードに貼っているところです。
朝4時55分スタートで、市内18箇所、途中ポスティングを兼ねていましたが7時過ぎには部屋に戻ってきました。

まもなく、午前11時。
平成24年8月9日の和の國がオープン致します。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
 きものサロン和の國 茨木國夫拝



追伸:
ポスターは昨日が抽選会で、スタッフのミッキーさんに行ってもらいました。
36名当選なのに、希望者は50名を超えていたそうです。
朝から雨模様の中、ミッキーさんに低い確率の中、当選でしたので、一日でも早く貼ることとが礼儀だと思いました。
何でも気持ち一つです。

今日も、姿勢を伸ばして頑張りましょう。!(^^)!

DSC_0618



葉月もよろしくお願いします

DSC_0607

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
葉月、8月になりました。
お変わりございませんでしょうか・・・?
台風も無事通り過ぎて、ほんと何よりです。!(^^)!

先日の「大感謝祭」には、たくさんのお客様がお出掛けくださり、本当にありがとうございました。
また、7月が決算の月でもありましたが、皆さまに支えられて今年も黒字決算を迎えることが出来そうです。
日々ご支援・ご愛顧頂いている皆さま、本当にありがとうございます。
この場をお借りいたしまして、心より感謝申し上げます。


チト僕自身ブログの書き込みお休みさせていただいていましたが、おかげ様で元気に日々過ごしています。
7月末は、ピアニストの青柳晋さんを囲んでの食事会や、熊本にふるさとの芸能を継承する「悠久の会」の懇親会、はたまた「KKRの冷酒の会」などに参加させていただきました。
「皆さま、それぞれの立場で頑張られているな~」と思いつつ、青柳さんのお食事会はとっても勉強になりました。

有難いことに、お席はお隣に座らせてもらったので、「それぞれの違う調律に対していかにピアノを弾かれているか?」「コンサート開始のピアノを弾く時の心持ち」などなど、素人目線でお尋ねすることができました。
「ピアニストとしての技量はもちろん、人としての魅力もたくさん持ち合わせた方だな~」とすっごく感じました。
12月には、青柳晋さんのピアノコンサートが「森都心プラザ」であります。

僕ももちろん着物で聴きに行きます。
ぜひ、ご一緒しましょう。
また、詳細は追ってお知らせさせていただきます。



そして、7月31日から東京出張で、昨日の夕刻に帰ってきました。
7/31は恵比寿でパーティがあり、立川談之助さんの前座として30分ほどお話させていただきました。
そして、翌日の8月1日は、東北新幹線で仙台まで行き、そこから駅レンタカーを借りて、石巻・女川・南三陸町と東日本震災の爪後を自分の目で見てきました。

正直、、、言葉が出ませんでした。
そのことは、また別途お話させていただきます。
やはり、一日一日を一所懸命生きることが大切です。
今日も、姿勢を伸ばし、ピシッと行きましょう!

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
ぜひ、和の國にお出掛けください。和の國で待っていまーーす。
着物の事、人生の事、いろんなこと語りましょう。!(^^)!
  きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495



今日の画像は、緑のカーテンの贈り物。
我が家でなった、ゴーヤちゃんです。!(^^)!

熊日夕刊一面に!

名称未設定-1

皆さまこんにちは、スタッフの鋤先美紀子です。
今日の熊本日日新聞夕刊には、「くまもと 人めぐり」コーナーに、和の國の代表 (茨木國夫)のことを取り上げて頂いています。

一足お先にご紹介を、と思いましたら、1面にびっしりと文章が掲載されてまして、文字を入力していましたら、あっと言う間に夕方になりました。。。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
『 くまもと 人めぐり 』 108 −− 7月21(土)熊本日日新聞 夕刊・1面 

NPO法人きもの普及協会代表理事 茨木 國夫さん(51)
『 帯締めて 気持ち前向きに 』

凛とした立ち姿。グレーの着物と黒の紗の羽織が粋だ。NPO法人きもの普及協会の代表理事・茨木國夫さん(51)=菊池市=は1993年から19年間、毎日着物や作務衣で暮らし続けている。洋服を着たのはゴルフコンペに参加した16年前の1回だけだ。
綿や絹などの自然素材を身にまとうことで、肌触りや着心地など目に見えない部分の感覚が研ぎ澄まされてきたという。「袖からスッと入る風や木々がそよぐ音…。五感で季節を楽しめるようになった」。着れば着るほど、日本の風土に合った伝統衣装である着物にほれ込んでいった。
へそ下の「丹田」で帯を締めると背筋が伸びる、と茨木さん。「締めた帯をポンポンッとたたくと、気持ちが前向きになるんです」

             ■             ■
祖父の代から続く呉服店の長男として生まれた。「小さいころ、父に反物の芯木でたたかれていた。着物や呉服屋正直、嫌いだった」。父に「跡を継げ」と言われたが、素直に従う気にはなれなかった。
大学卒業後、両親の承諾なしに金融系の会社に就職するが、「客よりも利益を優先する世界」と半年で退職。「家業を継いでほしい」という母の願いもあり、大阪の呉服店に住み込みで1年半修業した。
実家に戻り、スーツ姿で振り袖の訪問営業を始めた。ただ、「自分が着ていないのに着物を薦めることに違和感を感じていた」。

一方、着物が日常着ではなくなり、着る人がどんどん減っていくことが気に掛かっていた。「やるからには本物の着物屋をめざしたい」との思いでしたためた決意書が「きもの宣言」。「一生、どんな時も着物で過ごす」と書き、周囲の人たちに配った。退路を断つため、持っていた洋服をすべて処分。32歳の誕生日に着物生活を始めた。
「最初は着方が分からず夏なのに4枚重ね着をしていたため、体中にあせもができた」と振り返る。着物姿は周囲の視線を集めることも、身をもって知った。趣味だったパチンコも目立ち過ぎてできない。裸でいられる温泉だけが、心安らげる場所になった。「着物での生活は、思った以上に不便でつらかった」
 

            ■             ■
半年後、茶道に出合い意識が変わった。着物でたしなむお点前は、動作の一つ一つが美しく奥深い。茶道具や掛け物など季節の移ろいを感じさせるすべてに感動。「日本人であることのよさを思い出させてくれた」と言う。
体にもうれしい変化があった。雪駄を毎日履き続けていたら足の指が真っすぐになった。足元が安定すると身体のバランスが整い、肩も凝らなくなった。

人の目線を感じる毎日が所作や美意識を磨いた。自分が美しいと思えるものに自信を持てるようになり、店で扱う品の審美眼が自然と身に着いた。「お客さんに心から着物を薦めることができるようになった」。2003年、念願だった熊本市への出店も果たした。自身の体験を基に、着こなしや装いを提案する毎日だ。

「たくさんの人に着物を着てもらい、熊本を着物が似合う文化の街にしたい」と10年に、きもの普及協会を立ち上げた。着付けの勉強会や着物で楽しむ茶会などを定期的に開いている。着物に教えてもらったことは数知れない。「日本文化に親しみ、日本人ならではの楽しみや心の豊かさを感じてほしいですね」



■記者ひとこと■
柔らかい物腰、丁寧な言葉遣い。茨木さんのひと言ひと言は、着物への愛情にあふれていた。着物そのものの魅力はもちろんだが、「19年間着続けた」ことに対する自信が、茨木さんの力になっていると感じた。
梅雨が明けると「土用干し」の季節。部屋に冷房を入れ、たんすを階段状に開けるだけでも同様の効果があるという。確か祖母が、私に似合うといって、着物を保管してくれていたはず。晴れた休日に、祖母宅を訪ねて広げてみようかな。(伊豆野友美)


・写真右 キャプション(上):
反物を手にする茨木國夫さん=熊本市中央区城東町のきものサロン和の國(大倉尚隆)

・写真右 キャプション(下):
■こんな人■ ◇いばらき・くにお◇ 1961年、菊池市生まれ。熊本商科大(現・熊本学園大)経済学部卒業。熊本市の呉服店「きものサロン和の國」代表。菊池市の「きもの屋いばらき」も経営。
きもの普及協会代表理事。茶道のほか、能楽や落語もたしなむ。妻ゆりさん(45)、長女(20)と3人暮らし。菊池市在住。

・写真左 キャプション:
上通アーケードで知人と談笑する茨木さん=熊本市中央区
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


取材を受けた、というお話を、代表がご来店頂いたお客様にお伝えしていますと、「私も、このコーナーにご主人が早く取り上げられないかしら?と密かに思っていたんですよ」というお声も頂き、何だか余計に嬉しいニュースとなりました。。。
お着物の普及にかける思いが、熊本の方々にももっと広がり、お一人、またお一人・・・と、お着物に触れる、ということに関心を寄せて頂くきっかけとなれば、本当に嬉しく存じます。。。






追記:くにモン
今まで数多くの取材を受けましたが、これだけ大きく掲載して頂くことは、初めてのことです。あっっ、2回目でした。
僕の顔の2.5倍程の大きさ、しかも一面。まさに、ウォンテッド状態です。
熊日一面夕刊、有難いのと、もったいない気持ちとが交差しています。
正直、僕が出るより、知人が出ているのを冷やかす方が、僕の相にあっているような気がします。。。(汗)

しかしながら、ずっときものを着ていたからこそ、こうやって光を当てて頂きました。
本当に有難いでことです。
衿を正し、初心に帰り、感謝を胸にずっとずっと着物を着続けてまいります。
きもの普及活動も、もっともっと努力いたします。
どうか、これからも何とぞよろしくお願いいたします。
茨木國夫 090-3600-9495

NCM_0452 (1)





今日もおつきあい頂き、ありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

篠つく雨の中・・・。

NCM_0436

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
今朝からの集中豪雨、凄かったです。
このような雨を日本では「篠突く雨」といいますが、英語では犬と猫が降るというそうです。
雨の代わりに、犬や猫が降ってきたら、たまったものではないけれど、分かるような気がしますよね。

僕は、近代経営研究所で開催されている「夏海舟塾」で、朝6時50分過ぎより10分ほどお話をさせていただきました。
今日のテーマは、「NPO法人きもの普及協会の活動〜日本の歴史芸術を大切にする」ということでした。


その塾は、朝の6時50分から始まります。初めてというこもあり雨も降っていたので、6時過ぎに店の近くのマンションを出発しました。
途中、熊本大学の正門前には水が溢れていました。
阿蘇から有明海に注ぐ、一級河川の白川は暴れ馬となり、おぜき橋あたりを通る時は、あと数十センチというところまで来ていました。

10分間、一本勝負でなんとか、お話もさせていただきました。
たたきつけるような雨の中、救急車の音が聞こえてきます。
氾濫しているところもあるということで大渋滞を覚悟し、その後その場を後にしたのが、10時を回った頃でした。
福岡から熊本そして、鹿児島へと横断する国道3号線は大渋滞です。

僕は、途中からその道に入るのですが、済々黌の前を通り、藤崎宮の方につっきりました。
子飼商店街の裏手、鬼と化した白川から溢れ出た泥水が、行く手をふさいでいます。
立ち見のおじさんに、「ここ行けますか?」といったら、「さっきは行った!」とのことでした。
怖かったです。
エイとアクセルを吹かし無事通り抜けたら、今度は、藤崎宮の参道が、泥沼と化しています。

怖かったけど、行きました。
恐怖感から逃れると「あっ、写真撮れば良かった!」と思いましたが、とにかくその場を逃れ、まずは部屋に帰ることが出来ました。





その間、渋滞もしていたので、実家の菊池の事も気になっていました。
菊池から5キロほどのところに、花房の坂というのがあります。
僕が通い続けて一度も崩れたことない道が崩れ、片側通行。途中の泗水辺りは冠水だそうです。

そんな中、今日は母が熊本市内の病院に行く日だそうです。
僕は、「止めたが良い」といったら、「今日までしか薬がないから、どうしても今日行きたい」とのことです。
よって、母を電話で説得し、僕が薬を取りに行くことにしました。

市内は、大渋滞。片道約20分、歩いて行きました。
ここからその病院までは、熊本で一番大きな大甲橋を流れる白川を超えて行きます。
濁流を見て、ドキドキしました。
ときどき、ドキドキではなく、本当にドキドキしました。

病院につくと、裏手の駐車場が冠水したりして、営業はお昼までだそうです。
僕が行ったら、3分もしないうちに、メインの電気が消されました。

いただいた薬は、宅急便の「即日便」に乗せれるかも?と思って営業所に行きましたが、豪雨により熊本〜菊池間の即日便は、運休だそうです。

母に連絡したら、今夜までの薬はあるそうです。
今夜は、「ひなみ大学」があります。
それが終わるのが、午後10時近く。
終わってから、薬を待つ母の元に帰ります。





いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
末筆ながら、お見舞いメールやお電話を頂いた、神奈川の美保子さん、愛知のひさえさん、のりこさん、和江さん、洛風林さん、染のむらたさん、み・わさん、衿秀さん、川勝さん、敦子さん、えりこさん、鈴枝さん、上坂元七商店さん、清憲さん、由美ねーちゃん、本当にありがとうございます。
この場をお借りしまして、御礼申し上げます。

熊本県としては、災害はあるものの、昭和28年の白川氾濫という最悪の事態はなく、最小限にとどまってくれたようです。
しかしながら被害にあわれた方には、心よりお見舞いを申し上げます。
偉大なる大自然、畏敬の念を持ちながら、梅雨明けを心待ちに、日々笑顔で頑張ります。
どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495


追記:
近代経営研究所のスタッフの方々の目配り、気配り、心配りも素晴らしく、ほんと流石だな〜と感心しきりでした。
また、栗谷利夫先生自らが日々朝の6時には出社してお仕事に励まれるお姿、脱帽でした。!(^^)!


今日の画像は、白川の防波堤から見守る自衛隊の方々です。


リフレッシュ祭り始まる

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
空を見上げると、どんよりとした朝、雲が重なって重たい気がします。
天気予報によると、雨が降り出すそうです。
どうか、足元にもお気をつけください。

さて、空は重たい。
しかし、僕は軽くなってきています。
・・・というのも、昨日より5日間断食に突入したからです。
毎年8月のお盆の頃にやっていたのですが、今回は長男が東京から帰ってきます。
その時一緒にお酒を飲みたいので、一ヶ月前倒ししました。

まだ少しですが、1.1圓聾困蠅泙靴拭(現在69.5圈
口に入れたものは、水、お茶、温泉水、ほうじ茶、乾燥生姜、番茶、珈琲、歯ブラシだけです
目的は、体内をリセットする事、自分に強くなること、食を見直すことです。
まだ読んでいませんが、一日一食という本もあるらしいです。

飽食の時代、いかに食べない事が健康になる一歩であるかと痛感します。
のみすぎ食べ過ぎで胃薬を飲むより、食べない飲まないで休ませてあげることですよね。
一日2食にして、一年以上経ちますが、やはり食べ過ぎ飲みすぎは身体もだるくなります。
おかげ様で食べないと、食後にどーーんと眠くなる事もありません。

脳に血液がどんどん流れ、時々肩から脳にかけて、血液がドクドクと流れているような感じがします。
今年で3年目の夏のリフレッシュ祭、二日目。
唯一無二の自分の身体も大切にしつつ、一日一日を精一杯生きようと心新にしました。


いつもお付合いくださり、誠にありがとうございます。
お時間作ってぜひ、和の國へもお出掛けくださいませ。
笑顔で、お待ちしていまーーす。!(^^)!
 きものサロン和の國   代表 茨木國夫拝  090-3600-9495





今日もおつきあいくださり、誠にありがとうございます。
ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン



ご馳走がたくさん

NCM_0434

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
昨日の早朝は、「NPO法人きもの普及協会」のチラシポスティング。
そして、今朝は菊池で朝を迎えました。

4時頃目が覚めたので、どうしよう?と思いつつも、寝るのも勿体無いと思い、起きてPCをしたりした後、約一時間かけてゆっくりと散歩に出かけてきました。
久々の散歩、右手には木刀。誰と一緒かって、ぼくとうだよ。!(^^)!

木刀(ぼくとう)をバット代わりにして、野球の素振りをしたりしながら、草を切ったりしました。
母校の菊池高校の前を通り、第一鳥居から石段を登り菊池神社に向かい、菊池公園を通って帰ってきました。
その間、耳にしたものは、犬の鳴き声、様々な鳥の鳴き声、鶯も声高らかに歌い上げていました。
水の音、神社の鐘の音。パンパンという拍手。バイクや車の音・・・。

クツワムシでしょうか、虫の音も聞こえてきました。
7月上旬に虫の音?
意外でした。
しかしおかげ様で、耳にたくさんのご馳走を頂きました。!(^^)!

さあ、エネルギー満タンです。
もっと満タンになる為に、今から、ラドンの含有量が熊本一の「薬師湯」で一風呂浴びて、そして元気良く店に入ります。
ぜひぜひ、お時間作って、和の國へもお出掛けくださいませ。

きものの事なら和の國へ。
いつもお付合いくださり誠にありがとうございます。
今日の画像は、自宅から300m・徒歩2分の菊池高校です。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805




ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

出張から帰ってきました

NCM_0423

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
京都からの出張を終え昨晩、菊池の自宅に帰ってきました。
夜12時頃でしょうか・・・。
休もうとしていたら、ピカッという間もなく、ド・ドドドーーーンと雷さんが大きく鳴り響きました。

ほんとうに、その音に飛び起きる位の響きでした。
チョッと怖く、驚きました。
どうやったら、あれだけのエネルギーを作り出せるものでしょうか・・・。
「天の気」も誠に凄いもので、改めて自然界に畏敬の念を抱きました。


さて、文月7月となりました。
あっという間に、一年365日の内、半分が過ぎてしまいました。
光陰矢のごとしと言いますが、ほんと月日が経つのは早いものです。
お変わりございませんでしょうか・・・?

さて、月替りとなると、我々の恒例行事・京都出張ですが、「7月1日は日曜日、ましてや先日まで催事、梅雨ということもあり、そんなにお客様も多くないだろう。」・・・などと、勝手に自己分析し、スタッフのミッキーさんに任せて、日・月と出かけました。
そうしらた、お客様もたくさんお出掛け頂いたようです。

とっても有難いことですが、お越しになってご迷惑などおかけしませんでしたでしょうか・・・。
僕たちもそうですが、もしも、不手際など何かございましたら、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
しかしながら、ミッキーさんは一人で、ほんとバタバタだったようですが、頂いた日報によると充実感も凄く漂っていたようです。



最初は、「日曜日の夜に行って、月曜日の最終で帰ろうか」とも思っていたのですが、ネットで「京都・能楽」などと検索していたら、京都芸術センターで、桂吉坊さんの兄弟子の「桂よね吉」さんと、「茂山正邦」さんの「第1回・笑えない会」が開演されることを知ったからです。
よって、日曜日の朝一(8時発ANA・伊丹行)の便で飛びました。
落語と狂言が見事にマッチングで、落語は「百年目」、狂言は「月見座頭」。

お二人が重たいもの(40歳位で演じるにはまだ早いと言われるようなもの)を、それはそれは見事に演じられていました。
最初と最後にトークショーもあり、裏話なども聞けて親近感もぐっと出ました。
それに加え、垣根を越えてお互いを尊重しあい、日本の伝統芸能を継承なさる姿に感動いたしました。


京都二日目の昨日は、仕入れです。
朝8時半、ホテルモントレ京都をチェックアウトし、京都室町の仕入先・染屋さんなどを廻り、「セレクトショップ和の國」に相応しく・・・自分の好きなもの、かみさんの気に入ったものを仕入れたり、別注したりしました。
当たり前のことですが、京都に上らないと、やはり良い物には出会えません。ハイ

また、この月は、僕の大好きな京菓子があります。
亀屋のりかつさんの「浜土産」と、三條若狭屋さんの「ちご餅」です。
エレガントなお菓子と可愛らしいお菓子です。
そのコントラストに思わず、「おかしい」と笑ってしまいそうですが、甲乙付けがたしの銘菓。
数量限定ですが、ぜひ笑いながら、お菓子を食べにきてくださいませ。



足元が濡れているので、一歩一歩確実に。!(^^)!
今日も、姿勢をピンと伸ばし、にっこり笑顔で、一日楽しく美しく過ごしたいものですねっ。
いつもお付合いくださり、誠にありがとうございます。

「きものの事なら・・・和の國へ」
どうか今後ともよろしくお願いいたします。
    きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



追記:
今日の画像は、洛風林さんの催事が行われている、京都・ちおん舎のステンドグラスです。

7月14日に向けて

DSC_0503

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
朝4時は、井上陽水の世界(夢の中へ)でしたが、4時半過ぎにパッと目が覚めました。
横に寝ているかみさんをゆり起し、ポスター貼りとポスティングに出かけました。

そして、7時位から朝風呂(サウナ)へ。
目的は、熊日の取材が午前中あるので、できるだけスリムな体型はもとより、「スカッとした顔」に近づきたかったからです。
湯船にはつからず、サウナと水風呂の繰り返しを5回。おかげで2垳採漫ベストの体重(68圈砲砲△0.25圓僚蠅泙廼瓩鼎ました。!(^^)!

午前11時から約2時間の取材と、写真撮影でした。
店の前の空間はもとより、上通りなどでパチパチ。洋服姿の景色に和服が溶け込んでいるショットを撮りたかったそうです。
そして、上通りから長崎書店の角を熊本ホテルキャッスルの方に曲がったら、正面に熊本城が見えます。
元、鮨屋時蔵があった場所から、お城を望んでいます。

外の撮影は、無事終了。そして店内撮影となりました。
できれば、接客しているショットが良いとことでしたが、そういう時に限ってお客様がお出掛けになりません。
しばらくしたら、お馴染の和さんにお出掛け頂いたのですが、「カメラはNG」とのことでした。
もう少ししたら、恭子さまと直美さんとが入れ違いにお越しになりそれぞれのショットを撮られました。

無事、



鶴屋さん凄い!!

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
それにしても、雨が降りますね。
「雨降って地固まる」という諺もありますが、よく、こんなにも沢山の雨がある(できる)こと、、、改めて地球、いや自然って偉大だな〜と感じます。

さて、昨日は夕刻、鶴屋東館8で開催されている西部工芸展に出かけてきました。
お馴染みの顔ぶれのなか、藤岡敏恵さんの織絵羽、築城則子さんの帯などに加え、地元の型絵染作家、溝口あけみ氏の絵羽も透明感のある色合いでステキだったです。
また、陶芸はもちろんのこと、木工芸のレベルが特に高いような気がしました。

そして、鶴屋さんの60周年記念特別企画「永青文庫文様コレクション」も見てきました。
僕は、この内容を雑誌で眼にした時、とっても嬉しかったです。
周年の企画で文化を取り入れ、また細川コレクションの永青文庫に光を当ててくださったこと。
実際、デパートが質流れ商品を扱ったりしていて、うー残念と思うことがあるのですか、今回はお見事、天晴れです。

企画は、一年前からスタートされたそうですが、よくぞ良い形になったな〜と思いました。
50年経過すると、様々な意匠をモチーフに作品を作っても、著作権の侵害には当たらないので、当店でも尾形光林の「波図屏風」や神坂雪佳の「雪佳竹犬図」をモチーフに帯などを作らせて頂いているので、正直きものに関しては、そのこと自体、この業界では特別視する事でのないのですが、薩摩焼の沈壽官さん、有田屋焼の今泉今衛門さん、肥後象嵌の白木光虎に加え、バカラ、ミキモト、ティファニーなどなど、様々な分野の第一人者が丹精込めた作品が並んでいる事に驚きでした。 

また、ハンガリーの窯元・ヘレンドとの打ち合わせなども大変だったらしく、本当に兜を脱ぎました。!(^^)!
同じ熊本県民として本当に嬉しく思います。


さて今日は、月曜日ですが、4週目なので着付け教室はお休み、よって、和の國も久々完全休養日となります。
しかし、僕は明日までに仕上げなければいけないことがあります。
それは、熊本県ハンガリー友好協会の事務局をお預かりしていて、明日がその総会です。
往復はがきを元に、出席者リストも完成しました。そして席次表を思案中でボスに見てもらわなければなりません。
また、お写真のように印刷した名札を綺麗に110枚カットする作業、同じく領収書作成などこまごました仕事が山積みです。

今年で3年目になりますが、正直、「よく分かんなくて気軽に受けたハンガリー事務局??? これ大変−−−!!」って思うこともあります。
しかし、これも何かのご縁、何でも楽しく頑張る努力をします。!(^^)!
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

NCM_0412

リスとカットかも・・・。

NCM_0399

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん♪
その雨音を遥かに超えた「男雨」とも言うべき雨が、天からたくさん降り注いでいました。
流石、梅雨。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕は、また?ドジってしまいました。
今日の画像、リスとカットをしたように見えませんか・・・。
実は、店に入る前の午前10時頃、店の近くの部屋で、お昼の準備をしていました。
数日前から水に漬けていた玄米に、「あわ」を入れ、そして「麦」を入れた後に事件は起きました。

麦を流しの下にしまって、手をぐっと手前に引いたら、戸袋の枠にドンと当たったのです。
丁度、かみさんが流しの横で、なすびを切っていました。
そこで、僕がチョッと割り込んだ形で、手を引いたので大当たりとなりました。
かみさんは、「どうやったら当るの?信じられんけど…」と笑っていましたが、僕も予想外の出来事で笑いと痛さが交差していました。

そんなこんなでお昼は、身を粉にして出来上がった玄米を美味しく頂きました。。
今日はお客様の足は遠かったのですが、やりかけていたことなどが、サクサクと進んだので、複雑ですが半分だけ嬉しい気持ちです。!(^^)!






今回の催事は、久々、お手紙風のご案内状でした。
お届けさせて頂いた方もいらっしゃることでしょうが、僕の素直な今の心境なので、お付き合い頂ければ有難いです。

☆・・・・☆・・・・☆・・・☆・・・・☆・・・☆
いつもお世話になりまして、誠にありがとうございます。お付き合い頂ければ嬉しく存じます。
おかげ様で…、
きもの生活20年目を迎えます。



僕は、熊本県菊池市で、100年続く呉服店の長男として生を受けました。
3代目として家業を継ぐものの、呉服屋がきものを着ないことに矛盾を感じつつ、将来の不安もぬぐい去れず、悶々とした日々が続いていました。
そんな自分の心に火をつける為に、32歳の時に、和服に人生をかける決意として、洋服を処分し365日24時間、一生涯「きもの」で過ごすという、『きもの宣言』を行いました。

いざ始めてみると、日本の民族衣装にも関わらず特別視され、人々の視線やひそひそ話に外出恐怖症にまでなりました。しかし、勇気を持って着続けたことで、健康にも良く、人としての姿勢も正されることを実感しました。「きものだけの生活」を続けたからこそ、気づかせてもらったことがたくさんあります。




★親父もきものも嫌いでした。しかし、イヤなこと辛いことを乗り越えることによって心も強くなり、そして次第に全てが好きになってきました。

★毎日毎日着物を着て角帯をキュッと締めることで、日々新たな気持ちで仕事に臨め、やっと仕事が楽しくなってきました。

★趣味が日本文化(茶道・能楽)へと広がり、様々な「道の文化」の奥深さの一端を垣間見られて、「日本人で良かった!」と、つくづく感じました。

★お店に、自分の好きな花器に庭から積んだ一輪の花を生けることで、お部屋もイキイキとし、日本人として心の豊かさを感じる事が出来るようになりました。

★自らの経験を元に、お客様にも心から和服をお勧めすることが出来るようになりました。

★日本は寒かったり雨だったり暑かったり、いろんな天気があるけれども、その季節があるから自然が育まれ、その暮らしの中で日本人の優しい心が育てられていることに気づかせて頂きました。

★支えてくれる方々や、ご愛顧頂くお客様がいらっしゃるからこそ、この道を続けることができました。

★途中でこちらから止めない(あきらめない)限り、神様は決して見放されないということに気づかせてもらいました。



本当におかげさまでございます。
今では、きもの屋であることに誇りさえ感じ、そして次の世代にきものを残していくことが天命だと感じています。
僕にとっては、この「きもの宣言をした6月」が、原点回帰であり、新たなスタート地点でもあります。
そこで、和の國ならではの「おもてなしの精神」と「感謝の心」を胸に、別紙のように「きもの宣言20年記念展」を企画させていただきます。

今回は、和の國セレクションのきもの・帯はもとより、特別企画として石川県・能登で作られている「士乎路(しおじ)紬」にスポットを当てています。
雲や雨によって地球も私達も守られているようなこの季節に、優しいクラシックが流れ、お香漂う和の國にお出掛け頂き、ご高覧くださいますよう…心よりお願い申し上げます。


いつもおつきあい頂き、ありがとうございます。
さあ明日は雨もあがりそうなので、「NPO法人きもの普及協会」のチラシポスティングに早朝から出かける予定です。!(^^)!
どうか、この和の國ブログをご覧の皆さまにとっても、素敵な一日となりますように・・・。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン





緑のカーテンと取材

NCM_0397

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
地球保護月刊、いかがおすごしでしょうか…。
昨日は、大きく分けて二つの事がありました。
お付き合いください。

一つ目です。
僕は、店のすぐ近くの部屋を借りています。
そこは歩いて1分。なんと和の國のドアが見える9階です。
朝日も入り、見晴らしもいいのですが、南側に窓がありますので、太陽の光もどんどん入り、特に夏はやけどするほどではありませんが、暑いです。

そこで、一念発起。
今流行りの「緑のカーテ」ンをしようと思い、ホームセンターに出かけ、プランターと苗を買って準備万端のはずでした。
ところがどっこい、プランターの底がたまご型になっており、ビューンと左折したら、車の中で横倒しになりました。
慌てました。
直ぐ車を止めて、元に戻しV字に置いたのですが、後の祭りです。

自宅でプランターを下ろし、厚紙で落ちた土をすくいました。
シーツなどをはたき、ヒユーンと掃除機で吸い取り、雑巾で拭きました。
おかげで車全体は綺麗になったものの、ほんの少し泥がついているような感じです。
緑のカーテン日記、思わぬスタートとなりました。!(^^)!



そして、二つ目です。
昨日は、熊本日日新聞さんより電話がありました。
その時は、僕は菊池(自宅)だったら、取材したいから話を聞きたいとの事でした。
お昼から店に入り、今日から催事(きもの生活20年展)の為、その準備をしていたら、早速熊本日日新聞の文化生活部の友美さんにお出掛け頂きました。

な・なんと有難いことに、土曜日の夕刊の一面を彩る「くまもと人めぐり」というコーナーです。
今まで、多くの取材を受けたのですが、新聞の顔ともいうべき一面をほとんどしめる紙面に載るのは初めてのことです。
3組のお客様もおでかけになったのに接客はスタッフに任せ、現在・過去・未来、僕の価値観、哲学などなど、滝から水がほとぼしるようにお話させていただきました。

「紙面が広いので、もう1~2回は取材を重ね、いいものを作り上げたい」とのことで、今度は、カメラマンを連れて6/29の午前11時におこしになります。
そして熊本日日新聞の紙面には、7月14日(土)夕刊に掲載されるそうです。
おかげ様で、着物を20年着つづけたから、神様のご褒美でしょうか…。
本当に本当に有難いです。「新聞も読もう !(^^)!」



・・・ということで、昨日は楽しい二つの出来事がありました。
今日からは、鶴屋で「西部工芸展」です。
また、その鶴屋さんは60周年の大イベントがあるみたいです。
そのついででも、大歓迎!(^^)!

和の國では、「きもの宣言20年展」を同日より開催(~6/30)です。
特に今回は、着心地抜群の「士乎路(しおじ)紬」にスポットを当ててみました。
お足もとの悪い時期かと思いますが、ぜひ当店にもお運びくださいますよう、心よりお願い申し上げます。

いつもいつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
和の國で待ってまーーーす。!(^^)!
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805

チョッと、一息つきました。

NCM_0388

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
熊本は、全国放送のニュースになるくらいの雨が降っています。
お変わりございませんでしょうか・・・?

僕は、今週の月曜日(11日)から2泊3日で東京に出かけていました。
目的は、本の出版に関することです。
山岡鉄舟は「蝸牛(かたつむり) 登らば登れ 富士の山」と詠みましたが、まさにそんな感じす。
しかし、もしかするとクリスマスソングが街に流れる頃には、全国の本屋さんに僕が書いた本が並んでいるかもしれません。


さて昨今、来週から「きもの宣言展」(6/20~6/30)の案内状作成で、頭にしっかり汗をかき、ウンウン唸り続けていました。
何度も書き直し、やっとA4のご挨拶文」、A4の案内状、A4のお客様の声の用紙も全て出来上がりました。
ほっっーーーー。!(^^)!

今回の印刷は、和の國で行っていて、PCの横では、キャノンのプリンター(MP610)が、ジッジッジッカツン、ジッジッジッカツンと何度もリズミカルな音楽を奏でてくれています。
リズムが良い時は、その音もいい感じに聞こえるから不思議なものです。!(^^)!

本のことや、案内状の事、将来の事など色々と思考を巡らしていましたが、全ての方向性も決まり、また一つの目処もたちました。
今月は、1週目2週目とご来店のお客様が多く「パワフルサタデー」でしたが、今日はゆっくりで半分残念!
しかし、そのおかげで発送作業もサクサクと進みました。

何でも、段取りよくいって取っても嬉しいです。
今日の画像は、李朝の祭器に三太郎梅を乗せて、店内に飾ってみました。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495





追伸:
発送作業は、スタッフとかみさんが頑張ってくれています。
僕は、嬉しくなって・・・♪・♪♪・・♪♪♪

雨雨ふれ降れ かあさんが、
蛇の目でお迎え 嬉しいな、
ピチピチチャプチャプ ランランラン。

・・・を歌いました。
「輪唱しよう!」と言ったら、横目で見られました。
しかし、何度も歌いながら、お願いしたら、皆で輪唱することができました。!(^^)!



ご覧頂いた皆さま、雨音に乗せて下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン


久々、RKKラジオ登場

DSC_0446

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
雨になりましたね〜。
木々も水分を含み枝を垂らしながら、嬉しそうにゆらりゆらりと風と戯れています。

そんな中、今朝はミミー号がお越しになり「大田黒浩一のとんでるワイド!」に生出演させていただきました。
インタビューなさったのは、宮野里紗さん。内容は、「火の国染のこと」についてです。

RKKラジオは、ずっと昔から聞いていたのですが、ここ数年は、NHKの「ラジオビタミン」を良く聞いていました。
しかし、今年の4月より番組が変わったので、NHKラジオを聞くのは午前8時までにして、その後は、RKKラジオにチャンネルを切り替えることが増えいました。
このご縁は、以心伝心でしょうか・・・。
数年ぶりのRKKラジオ出演だったので、チト振り返ってみました。



さて、午前8時半にお越しになり、オンエアーは9時25分頃でしたので、質問の内容も、
・どんな場面で、きものを着てほしいか?(どんな場面が、きものが似合うのか?)
  →チョッとお食事。美術鑑賞など。洋服とは違う非日常的な気持ちを味わってほしい。
・火の国染のきっかけは?
  →熊本県知事認定の経営革新企業に選ばれ、熊本における新たなブランド作りをやっていたから。
・火の国染を通して、何を発信したいか?
  
・・・などとお尋ねになることが分かっていたので、わりと話しやすかったです。
しかし、それが終わると、なんだかまたドキドキ感がやってきます。
どうやら僕は、本番中よりも、その後が最高潮の脈拍数になるみたいです。



おかげ様で、最後のまとめのところで、「自然が豊かで、歴史のある熊本が、着物の似合う街になること」は言えました。
「NPO法人きもの普及協会」のことも、少し言えました。
しかし「阿蘇・熊本城をモチーフにした絵というのは、まさに『郷土愛』である。地元を愛し地元から発信することが、親先祖を尊ぶことにもつながる。」とは言えませんでした。
後から言えば良かったと気づきました。

でもこうやって「書きしるすこと」つまり、アウトプットすることで気づかせもらうことがたくさんあります。
いろんな経験を積ませていただき,いろんな学びを糧に、一歩ずつ大人になっていきます。
どうかこれからも、ご支援・お導きの程、よろしくお願いいたします。
ぜひ、きものも「和の國」で買ってくださーーーい。!(^^)!  新柄の浴衣も、秋冬物も入荷していますよっ。



いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
今日も、和の國ブログをご覧の皆さまにとって、「嬉しいな~。良かったな~。あ~、この事で感動した!」というような素敵な一日でありますように・・・。
きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495



今日のお写真は、左より永野愛子さん、くにモン、森下愛さん、そしてインタビューアーの宮野里沙さんです。
素敵な笑顔がいっぱいですので、「ハイ」っと言いながら、下記のボタンもクリックしてくださいませんか・・・。
ご協力よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン








嬉しいドキドキ感

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
夜明けが早くなりましたね〜。
すーーーっつと美味しい空気を吸って、はーーーーーと息を吐くと、肩のところに血流が流れているような感じになります。
緑の風、朝の空気ってホント澄んでいて、美味しいですよね。

「日食」が見れるとかで、そのまま太陽を見ようとしたら、まぶしくて眩しくて直視することができません。
ラジオでは、「絶対直接見ないでください。」とおっしゃっていましたが、
「言われても、見れません。」って感じでした。





IMG

さて今日は、熊本市役所の11階朝から出かけてきました。
コミニティボードの抽選があるからです。
その掲示板に「NPO法人きもの普及協会」のB2ポスターを貼らせて頂くことで、それが普及活動の一環となればと思っているからです。

午前9時から抽選会なので、8時45分ごろ付くと、18番目でした。
そして時間になると、貼れる場所が、36ヶ所。今日抽選を引きに来た方は、34団体。ラッキー!(^^)!
ゆえに、抽選外れることもなく全員OKでした。ほっっ。

まず、第一段階終了。
やはり、何だか心臓ドキドキしていました。
そして、A.B.Cのボードの「AかB」を引いた人は、再抽選の権利(36−34=2)があるそうです。
僕は18番目にクジをぐいっと引くと、「Bの2」で目出度くゲット。

「B」を引いたので、二か所目も貼れる権利を手にしました。
ラッキーです。
そして抽選が終わってしまった後、「再抽選したい人は残って下さい」とのことでした。
ボクを含め、9名が二ひき目のドジョウを狙っていいます。

さあ、若い番号順に呼ばれていきます。
3番目の方が当り、あと6人の中からもう一つの当たりがあります。
僕はイスから立ち上がり、右手をぐっと差し出し、「これ」と決めていたくじを引きました。
そうしたら、クジの割りばしに「2」という番号が書いてありました。思わず、にっです。!(^^)!

周りの目もあるので、心の中で、右こぶしを握ってガッツポーズ。
目出度く、「C-2」をゲットする事が出来ました。
それからほどなくクジを引いた後なのに、胸が高鳴っています。
小学校の時、不意に先生より当てられて、何とか急場しのぎはしたものの、その後、ドキドキ感がやってくるような気持ちになりました。

貼る場所が、2倍に増え、24か所。
ゆえに明日は、4時起きして、コミニティーボードにB2ポスターを張りに行く予定です。!(^^)!
嬉しかったので、11時の和の國オープン前に、書き込みさせていただきました。

今日も、美しい一日でありますように…。
僕も、「きもの道」ひたすら歩み続けます。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495




追伸:
このポスター・チラシは出来たてホヤホヤです。
お店などに貼っていただける方、チラシを置いていただける方などいらっしゃいましたら、ご一報くださいませ。
ご協力、よろしくお願いいたします。
尚、「NPO法人きもの普及協会」の会員の皆様には、昨日発送させていただいてまーーす。!(^^)!




ご覧頂いた皆さま、下記ボタンのクリックも、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン




キンキラ・キラリ

NCM_0313 (1)

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
昨日は、24節季の一つ「小満」でした。
しかし「元気國さんメール」の配信をうっかりしていました。
今日でもと思ったけど、他の用事を優先しました。
でも、「遅くても、しないよりはマシ」の格言を信じ、明日の午前中送りたいと思っています。!(^^)!

そうそう、東京では、スカイツリーがブームになっているみたいですね。
でも、僕は数年前から、スカイツリーを見に付けていまーーーーーーす。
それは、「武蔵ふんどし」です。!(^^)!
というか、スカイツリーの高さは634m。つまり武蔵、宮本武蔵です。




さて、和の國がオープンして8年目になりますが、やっと満足いくディスプレイができました。
ドアを開ける時の右側に李朝の長台を置いたり、それをドアの左に置いたりしていますが、右に置く時がどうしても納得していませんでした。
ウインドーの直ぐ前に置けば、チョッと外から見た時に圧迫感があるし、2メートル程引いて置けば左右対称になるのと、外から見にくくなります。

特に今からの時期の浴衣を展示する時期は、外からも見やすい場所にディスプレイをしたいと前々から思っていました。
3メートルある脚立をビルから借りてきて、その見やすい空間に商品陳列ができるように寸法を測り天井からリールをつるしました。
よって、外から見ても中に入っても前から陳列を見れるようになりました。

満足いくディスプレイができたと言っても、あと数日もしたらまた少し変化があるかと思います。
また、和の國にお越しいただいた皆さまは、商品がより映えるようにディスプレイの台などにも変化をつけていますので、その違いが分かったらぜひ一声かけてください。
くにモン、飛び上がるように喜ぶことと思います。



それから、とーーーーーーーーーーーーーーーーーっても嬉しい事がありました。
和の國ブログを書いていて5年程ですが、今流行りのフェイスブックとの位置づけをどうするか、ずっとずっーーと悩んでいました。
そして、トラウマみたいな感じになって、ブログからも逃げ出したい気持ちがいっぱいでした。


それがそれが、スッコーーーーーーンと抜けました。
FB(フェイスブック)にはブログと違うことが、山ほど書けるし書きたいと心から思うようになりました。
そのテーマは、「僕の好きなもの」です。
それも、このブログを書いていた時に、キンキラキラリと閃きました。
いや~、嬉しいです。

なんかワクワクしていまーーす。!(^^)!
これで、和の國ブログも書けます。
とにかく、いきます。
まさに、武蔵の心境・・・、迷いの雲の晴れたるところです。

いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
今からチョッと散歩に出かけてきまーーーす。
     きものサロン和の國 茨木國夫拝    090-3600-9495




追記:
散歩から戻りましたぁ~。!(^^)!
今夜の11時45分です。
そしてそして、神が降りてきてくれました。
「僕の好きなもの」から、「ボクの宝物」に変更です。



鮎より一足先に・・・。

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
鮎の解禁日は、6月1日。
僕は、それより先に解禁しましたぁ〜。!(^^)!

何とか禁酒も丸5カ月もったのですが、どうしてもお酒が飲みたくなりました。
その理由は、公衆の面前なので掛けませんが、チトお酒の力を借りたくなりました。
よって、昨日が飲み始め。
昨晩は菊池の田舎庵(焼き鳥と、馬刺しの店)に行きました。
つまみも美味しかったのですが、口でころがし、そして喉をゴックンと通り、そして東西南北・天地という感じに胃の中にお酒が広がって行きました。!(^^)!

この感覚は、やっぱり覚えていました。
いや、「待ってました!!」とばかりに、身体の中でお酒が踊っているような感じがしました。
150日ぶりなのに、黙って待っていてくれました。


今日は、「焼鳥道場」に、ミッキーさんと娘とかみさんと4人で9時半頃から出掛け、今しがた帰ってきたところです。
このほろ酔い加減が良いです。
気持ちいいです。
現世の悩みごとなどが小さく感じまーーーす。!(^^)!



また明日から、スタートです。
お酒も飲んで、ストレスを貯めないようにして、また仕事も全力で取り組みます。
お酒談議にお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
    きものサロン和の國 茨木國夫拝

ほのぼのタイム

NCM_0279

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
今日も初夏を思い出させるようなお天気ですよね。
お変わりございませんでしょうか・・・?


おかげ様で昨日は、開店をお待ちになってお客様がお出かけ頂いたり、その後もずっと夜までお客様続きで、本当に有難い一日でした。!(^^)!
感謝・感謝です。
そして夜は、元熊本県副知事黒田武一郎さんを囲んでの会がありました。

心底、日本が良くなるために、身を粉にして獅子奮闘されているのだな~と感じつつ、僕は、人にはビールを注ぎつつtウーロン茶で頑張りました。
おかげ様で、禁酒もまだ続いています。
な、なんと指折り数えたら136日目ですが、まだお酒の事を書いていると、レモンや梅干しを見ると唾液がでるような感じになります。


そして、もちろん二次会にも出かけず、9時過ぎに店に戻るとかみさんはまだ店で片づけ中でした。
そして、お手紙があったので、何かと思ったら東京から帰省した長男からでした。
その内容は、感謝のメッセージでした。
親元を離れ、感じることがあったのでしょう。
素直に思いを伝える人間に育ってくれたことが、一番うれしかったです。



さて今朝は、チョッとゆっくり目の朝を迎え、一つ用事を済ませた後、熊本城に散歩に出かけ、その後、稲荷神社にお参りした後、高橋公園を通りました。
そうしたら、可愛らしいくまのぬいぐるみを片手に、芝生で遊んでいたお孫さまと、レンゲの花をつんでらっしゃるおばーちゃんが目にとまりました。

僕は思わず、、、
「良い時間ですね~~~」と言いました。
そうしたら、そのおばーちゃんより、
「昔はこうやって、冠つくっていましたよね~」・・・と。
ほのぼのの時間に、心が温かくなりました。


そして、先ほど店に入ったら、そのおばーちゃんとお孫さんが、店の斜め前のベンチにお座りでした。
お互い?ってことないけれど、僕はチトびっくり。
朝からも美しい出会いとご縁でした。

あっという間に、お昼になりました。
玄米はそろそろ炊きあがっています。!(^^)!
よく噛んでガツンと食べ、そしてお昼からもしっかりお仕事がんばります。
いつもご覧くださり、誠にありがとうございます。

チト、くにモンが変。病気かな~とご心配をおかけしたお客様もいらっしゃるようですが、
元気100倍です。笑顔で頑張っています。
どうかどうか今後ともよろしくお願いいたします。 
    きものサロン和の國 096-359-0805    茨木國夫 090-3600-9495





想いを巡らせて・・・。

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
お変わりございませんでしょうか・・・?
明日からゴールデンウィークで、一週間以上お休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・。
長男も明日、東京から帰ってきて、丸々一週間ほど休みがあるみたいです。
ハイシーズンゆえ予想以上の航空券の高さに、「夜行バスで帰ろうか?」と言っていたようですが、「他を辛抱したら」と伝えました。


さてさて、昨今ブログご無沙汰いたしておりました。
申し訳ございませんでした。
生きているのだから、悩みは尽きないものですが、ほんと色々と考える事がありました。
4月から大学に行きだして、「西洋哲学」なるものを学んでいるだからでしょうか・・・。
ソクラテス---プラトン---アリストテレス---デカルト---カントと続くみたいですが、僕自身が、カタカナ苦手ですので、その名前すらなかなか覚えられません。

そこでデカルトなどは、大きい道、でかいルートで、デカルト。
プラトンは、同性愛をかなづちで叩く=プラトニックのトントンだから、プラトン。
そのようにその哲学以前に、まずはお名前を覚えることに必死でした。
授業を聞いていなかったということもありますが、高校で習った記憶がほとんどなかったので、よくよく考えると世界史ではなく、日本史を専攻していたことに、最近気づきました。

そうそう、そういえば、今日はソクラテスが死刑の日ということで、「哲学の日」だそうです。
今まで使ったことがない脳が、ココ一ヶ月、新に動き出してきています。
脳が熱くなるというか、前頭葉が、もよよんとした感があります。
それと同時に、哲学の「て」もしらないで、よく生きてきたな〜。と反省する事しきりです。

でも、きものを日々着続けたことで、ソフィストと言われる理論派にならず、実践哲学の素晴らしさ、楽しさに気づかせてもらったのだと、思ったりもしています。



さて、そんなことや日々の仕事のなかで考える事があり、自分の生き方を振り返ったり、ITについて考えたり、将来図を再度描きなおしてみました。
例えばですがブログを一例に取ると、「そもそも、和の國ブログとは?」・「その内容は???」・「フェイスブックとの違いは?」・「どちら優先?」などを再考してみました。
また、「店舗の意義とは?」「自分の求めている呉服屋とは?」「熊本で日本一を目指すためには・・・」などと、禅問答を繰り返しました。


そして、やっとやっと雲間から太陽が差し込むように、自分自身の腹におちてきました。
創業100年、僕は半分の50歳。これからあと10年、そして100年続くために、今成すべき事が、やっと明確になってきました。

・きものをお求め頂くお付き合いだけでなく、お客様の五感が歓喜する店を創ろう!
・全国のきものファンが、わざわざ「熊本の和の國」にお越しいただく店を創ろう!


・・・と。
おかげ様で、今脳がほんとすっきり状態でとても心地よいです。!(^^)!

とにかく、また初心に帰り、きものを通してお客様に喜んで頂けるよう、一意専心努力を重ねて参ります。
どうか今後ともよろしくお願いいたします。
きものも遠慮なさらずに、きもの文化継承の為、バリバリ勝ってくださいねっ。
            きものサロン和の國 茨木國夫拝  090-3600-9495




追伸:
ゴールデンウィーク期間は、30日の月曜日(祝)はお休みですが、その他は通常通り営業いたしております。
海山は、多くて混雑です。
反対に、街の和の國は、ゆっくりゆったりです。!(^^)!
シルクウイークでも、コットンウイークでもどちらでもOKでーーす。
和服に心寄せて、ゆったりとして充実した日々を過ごしてみませんか・・・。

自宅で、きものを愛でるもよし。
和の國に、きもので遊びにいくもよし。
それとも、・・・。
どうか、それぞれの美しい一週間をお過ごしくださいませ。!(^^)!

今日の画像は、ほやほやの雪花絞り(京都・藤井絞製)です。

NCM_0272








横糸で違った帯に…。

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
今朝も花冷えで、外寒かったけど、朝日が差してくると、桜が薄化粧をしたような感じで可愛らしかったです。
今日は、ポカポカ陽気みたいですね。
ラジオで言っていました!(^^)!


IMG_4678
さてさてまずは、画像をご覧ください。
芝崎圭一作・名古屋帯です。(実際に制作なさったのは、おやじさんの重一さんでしょう。しかし、一昨年あたりから、座ぐりの芝崎さんの作品の表示は「芝崎圭一」というご子息の名前で統一されています。)

右の帯と左の帯は、一見違ったもののように見えますが、実は姉妹です。
何故かといいますと、右と左の帯は同じ経糸を使っていて、制作の途中段階までは、まったく一緒の工程だからです。
お写真の一番上には、右側の帯の裏側が、そして左の淡彩系の帯の裏はその下の左半分が出ています。
全く一緒でしょう。。。
それも経糸を、「絣」という技法でくくっているので柄が縞模様でそして、間の開いた所があります。
そこが「絣くくり」の魅力で、よくよく経糸を見ると、「絣」の語源である「絣足」も見えてくるかと思います。

チョッと話が横道にそれましたが、つまり、経糸は全く一緒でも、横糸をどう入れるかで全く違ったものが出来るというわけです。
これは、何気ない仕事のようですが、熟練したおっちゃん(プロ)だからなせる業です。
それもランダムではなくきっちりと計算が出来て横糸を入れることもまた、ワンランク上の仕事なのです。

昨今の染織家は、経糸は無地にして、横糸だけで表現する方が増えてきている中、きっちりと仕事をなさりそして、作品に甘さもあるっていいですよねっ。
いつもありがとうございます。
 きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495



追伸:

今、隣の着付け教室も賑やかになってきました。
余談ですが、「経糸の絣をくくれる染織家のリスト」などを作成したら面白いかもしれませんねっ。!(^^)!



鮨・「きた川」さん。

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
昨日は、花だほりに乗せて、下記のような内容で協会の方へメールをさせて頂きました。


☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆・・・・・☆
1)「NPO法人きもの普及協会」が取材を受けました。
本日、TV放映です。
KAB熊本朝日放送・午後5時36分〜 番組名:「くまもと新発見」
※ぜひご覧ください。日頃の活動内容です。!(^^)!

2)「お花見会」のお知らせ
日時:4月8日(日)
午後6時〜お花見散策・事務局(和の國集合)
午後7時〜春の宴・事務局(和の國にて)
会費;¥1.000-・一品持ちよりです。
※準備の都合上、4/6までにご参加の方はご一報ください。

3)総会のお知らせ
5月20日(日)午前10時〜を予定しています。
出欠のハガキは追ってお送りさせて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。


そしてまた昨日は、「これぞ、究極の逸品!」と思うものを、「私に似合いそう!(^^)!」と、お馴染みのお客様に喜んでお求め頂きました。
本当に有難いし、その着姿がまた、待ち通しいでーーす。





NCM_0178
それから、お馴染みのお客様より「店の前の、お鮨屋さんの電話を教えてください」とのことでしたので、この場をお借りしてご案内させて頂きます。


〒860-0846
熊本県熊本市城東町5−59
(和の國のまん前・ビル駐車場の隣です)
電話:096-312-1608

この店の営業は夜だけです。早速お出掛けになったお客様の話によると、
「とってもいい店よ〜。お値段も手頃で、美味しいですよ。また日本酒も揃えてあって、ファンになりそう!」との事でした。
きた川の店主のお名前は、北川博章さん。
一見怖そうに見えますが、とっても優しくて良い方です。 !(^^)!

余談ですが、当方の仕入先の「染めの川勝商事」の北川博章様と同姓同名。
名刺を頂いたとき、他人ではないような気がしました。

場所は、まさに僕たちから見て「北側」にありまーーす。だから北川さんか・・・。!(^^)!
カウンターで楽しくお酒を飲みながら、食事が出来る・・・大人の隠れ家的お店ですよっ。
営業時間・舌代など詳しくは、画像をご覧下さい。

NCM_0176


いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
着物を着て、和の國にお出掛け頂き、そして鮨三昧。!(^^)!
ご来店も心よりお待ち申し上げます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495


追記:
ブログ投稿後、数日して僕も行ってきました。(^o^)/
とっても美味しく、一つ一つ丁寧に出してくれます。
オススメのお店です。

太古の昔より

NCM_0169

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
春がそこまでやってきている昨今ですが、お変わりございませんでしょうか・・・?
「花冷え」というには、まだ寒さが本格的のような気がします。

僕は、心に記する事があり、昨日は温泉三昧でした!(^^)!
ほんと3つの温泉に行き、半身浴をしながら本を読みストレッチをしまくりました。!(^^)!
1)午前の部・・・菊池温泉・薬師湯
2)午後の部・・・水辺プラザかもと・湯花里
3)夜の部・・・わくわく温泉(菊池)

その間、運動したくなったので、自宅から車で8分の「鞠智(きくち)城」へ。
その城跡は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷(政権)が築いた山城です。
太古の人々は一番見晴らしが良い場所を選んだのでしょうか・・・。
小岱山、金峰山はもちろん、遠くに普賢岳も眺めることが出来ます。
ミニサイズの太鼓腹をさすりながら、そこからの夕日をじっくりと堪能しました。!(^^)!

鳥はねぐらを求めて山里に帰るのでしょうか・・・。
朝のさえずりとは、また一声違ったように聴こえました。
まさに一日の営みが、終わりを告げているように感じました。

仕事帰りのOLさんでしょうか・・・。
少し離れた場所から、同じ夕日を同じ角度でじっと眺めていました。
その方も、ワンボックスカーに乗ってこの場を立ち去られました。



そして、どっぷりと西の空に太陽が沈んだ後、主役交代です。
まず、「一番星見−つけた」でお馴染みの、金星。
そして、おねんね中のお月様が現れました。
その主役を待ちわびるかのように、その下に木星ちゃんがちゃんと姿を出しました。

三役揃い踏みって感じで、キラキラと西の夜空を彩っていました。
その3つが一直線上に並ぶのは珍しい!!
・・・と、先ほどNHKで言っていました。!(^^)!

おかげ様で、くにモン充電完了。満タン宣言です。!(^^)!
今週は、早いもので3月の最後の週となります。
今日は加納織物さん、絵里子さんに加え、福岡からもお客様がお出掛けになります。
お店も賑わいそうです。


年度末でお忙しい方もいらっしゃることでしょうが、ぜひあなた様もお時間作って和服をこよなく愛する和の國へお出掛けくださいませ。
一度きりの人生を、和の國と一緒に歩んでいきませんか・・・。
日本人として生れた喜びを、和の國と一緒に体感しませんか・・・。

とにかく、きものの事なら和の國へ。皆さまのお出掛けを心よりお待ち申し上げます。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝   熊本ホテルキャッスル横/午前11時〜午後7時



追伸:
良い言葉が枕元においてありました。!(^^)!
私たちの使命は、「着物の力で、日本の文化を残すこと」です。
私たちの使命は、「きものパワーで、日本の文化を残すこと」です。
さあ、今から「ラジオ体操」でスイッチオンです。

開花宣言の一日・・・。

NCM_0162

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
今朝、久々車を手洗いしました。
気温は3度、手がジンジンしたけど、綺麗になったものってやっぱりいいですよね。
ふと、「先手かければ千に咲く」という言葉を思い出しました。!(^^)!

さてさて一昨日(3/24)は、かみさんの両親の金婚式祝いということで、仕事を6時過ぎに切り上げ車で福岡に向かいました。そして、先に移動している金婚式の両親やかみさん、長男・長女、福岡在住のかみさんのお兄さん家族(大人2・子ども3)と合流しました。
夕食会が午後8時過ぎからでしたので、食事を終えると10時過ぎでした。

その後みんなは、「ボーリングに行こう!」ということでしたが、チョッとバテ気味ということもあり、僕だけ部屋に入り休みました。
そして、福岡ドームの近くの海岸を朝から散歩です。!(^^)!
風がとても冷たかったのですが、松林の中を約一時間。
この松林のうんちくも発見したら、数十年前に全国から寄付をつのり、この海岸に植林したとのことでした。
「いろんな当時の方々の思いがあって、今こうして美しい自然をめでることができるのだ〜」と急に感慨深くなりながら、朝の時間を過ごしたところでした。!(^^)!

余談ですが、アイパッドを昨日お求めの平川康子おかーさん、お気に入りに登録済みの「和の國ブログ」ご覧頂いてますでしょうか・・・。!(^^)!
(Iroiroとおごちそうにもなりました。ありがとうございます。葡萄作りの達人・平川洋介お父さんにもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ)





NCM_0168

そして、10時には、福岡市薬院のパナソニックリビング福岡ギャラリーに向かい、「こどもアトリエPOLLYと大城組の小さな巨匠たち」を見てきました。
涼帆さんが描かれた絵をモチーフに作成した熊本城の帯なども(写真の一番左)、会場に会場に花を添えていましたが、それぞれの作品が大らかで屈託のない表現が僕達の心を癒してくれました。

丁度、紙粘土で作ったものが展示されていましたが、思わず「懐かしーーい」と言う言葉が・・・。受付にいらっしゃった先生達も、「そうでしょう。懐かしいですよね」とその言葉一つで話が大盛り上がり。
僕は、「うんち」などを作って、友達と大きさを競い合っていた事などを、ふと思い出したりしました。!(^^)! スミマセン。


暖かい気持ちになりながら、
大宰府インターから熊本へ向けて高速に乗る前に、幻のうどん「どんめん」を食べそこで栄養補給をしてお昼1時半頃店に入りました。!(^^)!
店に着くと染の北川博章さん(京都)がおいでになっていました。「くまモンの名古屋帯・第3弾」も図案(草稿)もバランスよく出来ていましたし、染の着物も上品なものをお持ちになりました。

そして、3時には取材の打ち合わせに出かけました。
放映は3月30日・午後5時36分、熊本朝日放送。内容は、NPO法人きもの普及協会の活動紹介。その中でも
「新発見」というのがテーマです。
そこで、約5時間の映像を3分半に作り上げる作業の一面を垣間見たのですが、「何の仕事でも大変!」が僕の正直な感想でした。

もう、10年程前になりますが、「僕の一日のきもの生活」の取材を受け、朝5時半頃から夜の9時過ぎまでみっちり取材があり、映像が足らないからということで、また半日かけて取材にお越しになった事を思い出しました。
その時は、5分程度だったでしょうか・・・。
僕は、「一日以上もかけてたったの5分???」などと横着な事を心で思っていましたが、おかげ様でその疑問も10年ぶりに解消しました。!(^^)!


心急ぎしつつ午後5時過ぎ店に戻ると、紬の真ちゃん(京都)がお待ちでした。
新色の綿薩摩を仕入れさせていただいたり、今後の展開のお話などなど、、、時計をみると閉店時間に近づいていました。
そして後片付けなどをして自宅に帰ったのが、午後10時過ぎでした。




さて今日は、和の國は「着付け教室の日」です。
もちろん、今月最後でございますので、飛び入り見学も大歓迎です。
それから、4月は、2日・9日・23日(いずれも月曜日)を予定しています。

熊本では、「桜の開花宣言。でも寒い!!」って感じですが、心が晴れる春の日に、おきもの姿でおでかけなさいませんか・・・。
和の國でお待ち申し上げます。!(^^)!
いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495


追伸:
そういえば、卒業式やお茶会なども雨でした。
「着物のお手入れ」・「染み抜き」などもご遠慮なく、和の國にお申し付けくださいませ。

紋付で卒業式へ。

DSC_0328

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
今日は雨も気合が入っていましたね。
そんな中、長男の健互(22歳)の卒業式(熊大・工学部・情報電子工学科所属)が、熊本県立劇場のホールで行われました。

数日前より、突然「俺、卒業式には、きもの着るけん」との事・・・。
「えっ、卒業式いつ?」
「23日・・・。」
「そらよかね、おーカッコよかばい」・・・とのやり取り。

昨晩お天気が気になって尋ねたら、
「雨でも着る!」とのこと。
紋付を着るのは親の意見ではなく、本人が決めたことです。
そして雨にも負けず・・・。なんか、ほんわかジーンときました。

朝9時半前に県劇に送ったら、早や人人人・・・。
「きもの俺ひとりかもしれん。あーー目立つ!」と、チョッと赤ら顔で言っていましたが、お昼過ぎに迎えに行ったら「結構良かった。似合うって!(^^)!」と喜んでいました。
そして、そのままの姿でお茶の先生にもご挨拶。
先生も、改めて卒業と就職を喜んで頂きました。


「光陰矢のごとし」と言いますが、本当にあっという間の22年間でした。
焼酎おっと、小中は剣道部、そして高校・大学は弓道部。おかげ様で親も楽しませてくれました。
様々な思い出が、走馬灯のように思い出されます。
本来なら、お酒を飲む最高の口実が出来ますが、、、まだノンアルコールの道が続いています。!(^^)!

「うっっっ」の「う」は、「うっ、飲みたい」ではなく、嬉しいの「うっ」!!  
いつもお付き合いくださり誠にありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝

変らぬ味・・・。

NCM_0143

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
昨晩、チト遅めに自宅に帰りました。
そして元高校球児の血が騒ぎ、今朝はサウナで九州学院の試合を見ました。
予想通りの勝利。
やっぱり勝ちゲームを見るって、気持ちいいものでした。女満別さんスミマセン、!(^^)!

そして、チョッと早目のランチタイムは、馴染みのラーメン屋さんへ。
当店よりご用命頂いたのれんをくぐり、美味しいトンコツラーメンをすすりました。
その暖簾には、創業昭和45年と書いてありました。
ということは、僕が9歳、小学校時代。最初に食べたのは、中学校の野球部仲間と。

昔は、菊池神社の近くに「天琴ラーメン」、中央通りに「伊倉屋ラーメン」などありましたが、ラーメン屋さんも生存競争が厳しく、40年以上残っているラーメン屋さんは僅かです。
中学時代はもちろん、高校の時も、大学の時も、大阪で修行して久々帰ってきても、変わらぬ味でスープも飲みほしていました。
変わらない味って、ほんと嬉しいものです。舌いや身体全体で覚えているトンコツラーメンの味、最高です。

あ~、さっき夕食済ませたのに、また食べたくなりました。
余談ですが、僕がチト太麺ではなく、太めの時は塩分控えめにもしてくれます。
今は当たり前になってきていますが、もちろん麺の固さも胃のまま、おっと、意のままです。
特に、味噌味の「ホルモン煮込み」も美味。また、ご飯もお米の香りがプーンとします。

そんなこんなで、僕の自宅近くのラーメン屋さんの話になってしまいましたが、ぜひ一度お出かけ下さいませんか。
味千ラーメンも美味しいですが、また一味違った美味しさ。春秋の争いって感じですよーーー。!(^^)!
場所は、温泉街入口。営業時間は午前11時~午後9時。月曜日or火曜日あたりがお休みみたいです。


今日はいつのまにかラーメンの話になってしまいましたが、明日は「着物のこと」についてしっかり書きます。
またお付き合いくださいねっ。
きものサロン和の國 茨木國夫拝 096-359-0805



追伸:
今、次なる本の企画書にとりかかろうかな~と思っています。
そのタイトルは、「やっと、日本を愛せるようになりました。」
いかがでしょう・・・???
まずは直感で、このタイトルについてのご意見ご感想をくにモンまでいただけないでしょうか!! 
お待ちしていまーーす。!(^^)!
090-3600-9495 &  wanokuni@mms.bbiq.jp

さあ今から、夜の散歩を兼ねて中央郵便局までひとっ走りです。ファイト、一発!(^^)!

お邪魔いたしました。

NCM_0129

和の國ファミリーのみなさま、こんばんは。
おかげ様で、東京展(第11回染織工芸作家展)も無事終了し、先ほど帰ってきました。
やはり、自宅に帰ると、ホッとしますね。!(^^)!

「今朝は靖国神社で一日がスタートした!」と書かせていただいたのですが、午前9時50分に先日よりメールのやり取りをさせていただいている名古屋のご新規のお客様より、「会場に来ていますけど・・」と一本の電話が鳴りました。
ま・まだ、ホテルです。荷造りもしていなかったので、着付け途中のかみさんにダッシュ帯を結び店に入ってもらい、僕も追っかけました。
そして、一息ついたので時計に眼をやると、午後3時を廻っていました。

話は変わりますが、会場より徒歩2分のスパイラルでは、東京造形大学の卒業展があってました。(画像ご覧下さい)
チョットの時間でしたが、見に行ったら力作ぞろい。
大学生の純な作品がいっぱいで、ほんとまばゆかったです。

店に戻ると、今度は男性のお客様。
予定の4時半から片付けしようとしたら最後のお客様は、みさやま紬をお探しのお優しい女性の方でした。
そして、作務衣に着替えてMAXで荷造り8箱。
午後5時半には、南青山を後にして、一路空港へ。
・・・という一日でした。
東京の皆さま、お邪魔いたしました。本当にありがとうございました。

おかげ様でとっても楽しく、また学び多き時間でした。
またどうぞよろしくお願いいたします。


それから、熊本の皆さま、ただ今帰りました。!(^^)!
留守していて、本当に申し訳ございませんでした。
明日、月曜日は、着付けの日で、お店は開いていまーーす。
また、20日の春分の日より通常営業です。

どうかどうか、また熊本の和の國をよろしくお願いいたします。
東京での土産話もたくさんありますので、お店に遊びに来て下さいね。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
茨木國夫拝

朝の楽しみin東京

DSC_0317

和の國ファミリーのみなさま、おはようございます。
一昨日の夜は、昭和30年代に建てられた「銀座湯」でリラックスしたのでエネルギー満タン。
昨日は雨模様だったのですが、お陰さまで染織家の加藤富喜さん、帯どめの本を出版なさっている神田千鶴子さんなどにお越し頂きました。
そして夜は、東北支援を込めて京橋にある福島の「喜多方ラーメン」で最後の晩さん会。東京の最後の夜を過ごしました。



今朝は、夜明け前からゴソゴソと・・・。
かみさんをゆりお越し、九段下の靖国神社の境内で行われている「骨董市」に出掛けてきました。
目の前は、日本武道館。キリンよりも大きな鳥居をくぐり、右手に骨董店が立ち並ぶ中、靖国神社にもパンパンとお参り。蕾膨らむ桜の老木の向こうには能舞台。
まだ、準備中で来客も、ちらほらの中、戦利品は2銘柄3品。陶器のお湯のみと塗のハマグリの菓子器です。!(^^)!
気分良く、そこから東京国税局・気象庁を横目に、中央通りに出て日本橋三越、日本橋高島屋そして、京橋の明治屋を目印に、無事ホテルまで帰ってきました。

約50分の散策。こんなこといったら田舎者と分かりますが、日本橋と銀座の距離感を体得することが出来ました。以外に近かったし、日本橋の建物(石の彫刻)もカッコ良かったです。
日本橋と銀座という隣町にそれぞれ大きなデパートがあるなんて、流石東京です。
熊本でいえば、鶴屋デパートが水前寺公園近くにもう一店舗あるような感じです。
キョロキョロしながら、それはそれは朝の楽しい時間が過ぎてゆきました。!(^^)!



さあ今から、荷物をまとめ、一週間お世話になったホテルをチェックアウトし、表参道駅で降りて南青山の会場へと向かいます。
今日も一日といっても夕刻の16時30分まで、それから超特急で撤収し熊本行き最終便ANA19時10分発に乗り込みます。
東京で最後の一日、素敵な出会いがまっていますように・・・。
そしてまた熊本のお客様、お茶会が会ってたりしたのに着付けのお手伝いも出来ず失礼いたしました。
かみさんとミッキーさんと元気に帰ってきますので、又どうぞよろしくお願いいたします。

いつも和の國ブログをご覧くださり、誠にありがとうございます。
             きものサロン和の國 茨木國夫拝 090-3600-9495

アドレナリン出まくり。

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
元気復活のくにモンです。!(^^)!(たぶん)
その間、お客様を始めとした和の國ブログをご覧の皆さまから、「ご無理なさらないように」「お大事に!」などの暖かいお言葉を頂いています。
本当にありがとうございます。

やっとやっと、体調不良になった原因を突き止めました。!(^^)!
というのも、冬場ほど皮膚を外気にさらすなどして運動しなければいけないのに、「12月中旬より禁酒をしたので健康。禁酒が運動(散歩)代わりになっているの。」と勘違いしていたことです。
冬の時期こそ、動かなくなるのでより散歩したりして基礎体温を上げないといけない時期なのに、、、。

でも、やっとふに落ちました。
そこで最近、まだ本調子の前ですが、散歩をかかさないようにしました。(一日約20分。)
そうしたら、夕刻から身体がだるく熱っぽくなっているのも、だんだん取れて、あとは喉のざらざら感がなくなるだけです。
昨日は朝が雨だったので、日付が変わる前後に、熊本市中央郵便局に郵便を出しに行くのを運動(散歩)ととらえ、往復約30分の愉しい時間でした。

そうそうおかげ様で、禁酒も続いていますよぉ~。
そういえば一昨日から、過日成人式を迎えた娘が、「お父さん、まだ禁酒続いとると~。」と言いました。
「うん、何で?」と尋ねたら、「焼き鳥食べに行きたい」とのことで、数ヵ月ぶりに「焼き鳥道場」に出かけてきました。
しかし飲み物は、お茶です。
目の前を何度も、美味しそうな生ビールが通過していきます。

そのたびに、無意識に目線がビールを追い続けて、ノドがごっくんとなっています。
しかし飲まなかったので、先ほど書いたように散歩も行け、郵便物も出すことが出来ました。!(^^)!
もうすぐ三カ月になりそうですが、よく一ヶ月、3か月、半年、一年とは良く言ったものです。
うーーー。
お酒止めたので、風邪もまだ完治しません。(たぶん)
でも飲むなら、万全の身体で飲みたいものです。



すみません、
いつの間にか、お酒のはなしになって。
そうそう、昨日は、やるせない「こともありましたが、とっても嬉しいこともありました。
それは、加納さんの染織工芸作家展で仕入れた商品が届いたことです。
箱を開ける時、少しドキドキしました。

仕入れた商品、全てGOOD!!です。今回はまた特に凄いです。
それぞれに美しい光を放っています。
僕と眼が合うと、にっこり微笑んでくれています。

心臓がドキドキし、アドレナリンがどんどん出てきました。
あまりにも美しい品々を眺めることが出来たので、「は~、この仕事をしていて幸せ~」と無意識に言葉が出たら、
スタッフの野田和子さんは、「そう言われる代表って、いいですよね。」と花丸をもらいました。
そこで本日の画像は、あまりにも美しすぎる・・・根津美和子さんの織絵羽(部分です)。

僕も、3月13日(火)からの第11回染織工芸作家展in南青山での発表が待ち遠しいです。


春がやってきていますが、季節の変わり目でございます。
健康にはくれぐれも注意しながら、日々笑顔で過ごしましょうねっ。
いつもお付き合いくださり、誠にありがとうございます。
   きものサロン和の國 茨木國夫拝  096-359-0805
   

物持ちが良い?

和の國ファミリーのみなさま、こんにちは。
朝は冷え込んだけど、良いお天気ですね。
日足も長くなって、春の光も優しげな気がしています。
そんな中、僕の体調は98%で本調子にはあと一歩。

数年ぶりに風邪を引いたからでしょうか、発熱して2週間以上経ちますがコカコーラ(スカットさわやか)にはなりません。
昨晩も日付が変わるぐらいまで店で、今度は南青山での催事のご案内を関東の方々に発送したり、加工品の手配をしたり、着付け教室への模様替えなどをしたりしていたのですが、健康体で仕事をするときの方が断然楽しいです。
また、PCに向かうと、目や肩が短時間でお疲れモードになるような気がします。

当たり前であった「健康で仕事が出来る事」の大切さを神様がしっかりと、「まだ体感せにゃん鯛!!」と教えてくれているのでしょうか・・・。
単に、物持ちがいいのでしょうか・・・。
物持ちと言えば、僕の愛用品のひとつに、万年筆があります。
僕が中学に上がる時に、母から買ってもらった「セーラー万年筆(21金)」です。

かれこれ40年ほど前からずっと使い続けていますが、40年も一緒にいてくれたこと、なんか嬉しくなります。
でも、風邪が40年ずっといてくれたら、大変!! 当たり前ですよねっ。
おいおい、おっさんおっさん。。。 ハイ!(^^)!
でも、「何でも現状を楽しむ」って大事なことですよね。

今日の画像の「ふでばこ」は、裂織(さきおり)です。
布を裂いて、その裂いた布によりをかけて一本の糸としてまた織りますが、布の究極のリサイクルの姿です。
余談ですが、柄は5つの四角と4つの四角の柄が入っていますが、「いつ(5)の世(4)までも・・・健康でだとか、貴方を思います」などとの思いが込められた柄です。

やっぱり着物っていいですね。ハイ
いつもありがとうございます。
  きものサロン和の國 茨木國夫拝  096-359-0805

NCM_0058





記事検索